グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

けやき坂46の加藤史帆さんが、『bis(ビス)』プレ創刊号に登場

けやき坂46の加藤史帆さんが、5月25日発売『bis(ビス)』プレ創刊号に登場するらしい。

 

11年ぶりに復刊らしい。

 

プレ創刊号に携われるのは、恵まれている。

 

編集長は元「ラルム」の人らしい。

 

編集長は、「若い世代にとって、昔のカルチャーは魅力的。昔あったものに最新のセンスやテクノロジーを組み合わせて表現していくことが、今後生まれる日本の新しいカルチャーの素になる。だからこそ、過去にあった雑誌が生まれ変わることに大きな意味がある。それが復刊の理由」とコメントしている。

 

 

「若い世代にとって、昔のカルチャーは魅力的」か。

 

ダサいのが、最先端だと思う。

 

「昔あったものに最新のセンスやテクノロジーを組み合わせて表現していくことが、今後生まれる日本の新しいカルチャーの素」。

 

まさに、ソニーのコンセプトの最先端の「アート(芸術)」と「ヒューマン・サイエンス(人間科学)」の融合。

 

「過去にあった雑誌が生まれ変わることに大きな意味がある」か。

 

まさに、これは「革命は宿命」だなあ。

 

 

www.wwdjapan.com