読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

けやき坂46(ひらがなけやき)は、「特別企画モノアイドルグループ」なのだろうか

けやき坂46(ひらがなけやき)は、「特別企画モノアイドルグループ」なのだろうか。

 

けやき坂46(ひらがなけやき)

井口眞緒、潮紗理菜、柿崎芽実、影山優佳、加藤史帆、齊藤京子、 佐々木久美、佐々木美玲、高瀬愛奈、高本彩花、長濱ねる、東村芽依

 

けやき坂46(ひらがなけやき)は、人気と勢いのある欅坂46の「アンダーグループ」。

 

今年のNHK紅白歌合戦は、AKB48、乃木坂46、欅坂46の3組が秋元グループとして出演するのだろうか。

 

AKB48は実際は、AKB48グループでの出演になると思う。

 

乃木坂46は、3期生も紅白に出れるかも。

 

乃木坂46は「アンダー」も紅白に出ることができるし。

 

欅坂46は、人気があるから紅白に出ると思うけど、「アンダーグループ」の「けやき坂46(ひらがなけやき)」はどうなるのだろうか。

 

「アンダーグループ」の「けやき坂46(ひらがなけやき)」は、乃木坂46の「アンダー」、AKB48Gの「アンダー」や「チーム」とも違うと思う。

 

 

秋元氏は、乃木坂46のスタッフに対しては「AKB48とは同じことは、やるな」と言っていたと思う。

 

 

それに「アンダーグループ」の「けやき坂46(ひらがなけやき)」は、「増員メンバー」が入る。

 

この「増員メンバー」は、夏にオーディションを開始するらしいけど、年末に紅白に出るのは難しいと思う。

 

個人的には、この「ひらがな増員メンバー」にも、何か「仕掛け」があるような気もする。そうじゃないと、つまらないと思うけど。

 

「アンダーグループ」の「けやき坂46の1期生」が紅白に出れて、「増員メンバー」が出れないのはなんか変だと思う。

 

 

欅坂46が紅白に出た場合は、「アンダーグループ」の「けやき坂46」は、乃木坂46の「アンダー」と同じように「バックダンサー役」なのだろうか。

 

欅坂46は、21人選抜だけど、「アンダーグループ」の「けやき坂46」のメンバーを入れるとさらに大人数になり、AKB48Gや乃木坂46と差別化ができないと思う。

 

 

「けやき坂46」の候補生番号「4番」の齊藤京子さんは、ひらがなで総合力は1番だと思う。実際にGWのSR配信は1位だった。お披露目では「裏センター」だったし。

 

「齊」藤「京」子さんは「さいきょうキャラ」。

 

だから、齊藤京子さんは、ひらがなの「ラスボス」だと思う。

 

 

「ラスボス」といえば、小林幸子さん。

 

小林幸子さんは、2015年末の「第66回紅白歌合戦」に「特別企画枠」で出演している。

 

 

欅坂46のアンダーグループの「けやき坂46」は、「斜め上(⊿)」に行かないと紅白に出れないような気もする。

 

「アンダーグループ」は、乃木坂46の「アンダー」とは違う。

 

 

世間的には、「欅坂46」と「けやき坂46」で、ややこしい。

 

でも、一般的にグループ名が「わかりやすい」のはどっちだろうか。

 

 

あくまで「けやき坂46」は、欅坂46の「アンダーグループ」だと思う。

 

 

けやき坂46は、「エンターテインメント集団」を目指すのなら、NHKの紅白歌合戦も「特別企画枠」で出演してほしいけど。

 

もちろん、そのタイミングは今年ではないと思うので、今年の紅白は「けやき坂46」は出ないでほしいけど。

 

 

まあ、曲も一発当てる必要があると思う。

 

 

秋元グループの場合は、「カップリング曲」でも当たった曲がある。

 

AKB48の「365日の紙飛行機」。

 

素朴な「ゆるい曲」だと思う

 

AKB48の「365日の紙飛行機」は、2015年12月9日発売のAKB48のメジャー42作目シングル「唇にBe My Baby」のカップリング曲。

 

AKB48の「365日の紙飛行機」は、NHKの朝ドラ「あさが来た」の主題歌で、NMB48の山本彩さんがセンターという特殊な曲だと思う。

 

NHKの朝ドラ「あさが来た」は、2015年9月28日から2016年4月2日に放送され、放送期間平均視聴率は23.5%となり、連続テレビ小説としては今世紀最高の視聴率を記録したらしい。

 

AKB48の「365日の紙飛行機」は、AKB48のファン層とは異なる「中高年の女性」を中心とした層に広く支持されたと言われている。

 

AKB48の「365日の紙飛行機」は、日本レコード大賞の優秀作品賞を受賞している。

 

 

AKB48は、「365日の紙飛行機」で「革命」を起こした部分があると思う。

 

 

AKB48は世間的には賛否両論だけど、「国民的アイドルグループ」と言われるのは、「ヘビーローテーション」と「恋するフォーチュンクッキー」と「365日の紙飛行機」の影響が大きいと思う。

 

「ヘビーローテーション」と「恋するフォーチュンクッキー」と「365日の紙飛行機」は、「わかりやすい曲」だと思う。

 

 

秋元氏とソニーなので、「けやき坂46」は可能性はゼロではないと思う。

 

「アンダーグループ」。

 

子ども向けの「振り付けがわかりやすくて、ゆるくて、ダサいお祭りソング」。

 

「けやき坂46」は、「ひらがなけやき」だから。

 

 

タイミング的には、「2020年の東京オリンピック」の前後になりそうな気もする。

 

2019年~2020年の間か。

 

その頃の「エンターテインメント業界」は、「お祭りムード」になると思う。

 

「エンターテインメント業界の中心人物」で、「お祭り大好き人間」の秋元康氏が、そのタイミングを狙っているかも。

 

 

混乱状態になって、変な意外なことが起きても、不思議ではない。

 

 

秋元氏は、「エンターテインメントは、意外性」と言っている。

 

秋元氏は、「予定調和を壊せ」とスタッフに言っているようだ。

 

秋元氏は、「サプライズ」で「混乱(カオス)」を起こすのが好きだと思う。

 

 

秋元グループでは、2018年秋頃に「アイドル世代交代」があると思う。

 

2019年~2020年の間は、「2020年の東京オリンピック」の影響で、「エンターテインメント業界」は、「お祭りムード」。

 

「エンターテインメント業界の中心人物」で、「お祭り大好き人間」の秋元康氏は、「2020年の東京オリンピック」に関わっている。

 

世界のソニーグループは、「総合エンターテインメント企業」で、坂道46グループを「エンターテインメント事業」の中核として考えている部分があるらしく、坂道46グループの発展に未来をかけているらしい。

 

 

けやき坂46は、「エンターテインメント集団」を目指す。

 

 

欅坂46の「アンダーグループ」の「けやき坂46」は、相当ヤバい「フラグ」が立っている。

 

「けやき坂46」は、「数字」で結果を出している部分がある。

 

MVの再生回数や握手人気や候補生エントリーナンバーやオーディションの順位結果など。

 

「けやき坂46」は「ひらがなけやき」だから、わかりやすい。