グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

けやき坂46(ひらがなけやき)の高本彩花さんは、「おまけキャラ」なのだろうか

けやき坂46(ひらがなけやき)の高本彩花さんは、「おまけキャラ」なのだろうか。

 

なんか来週のNHKの「ゆうがたパラダイス」に、井口さんと高本さんが出るらしいけど、大丈夫なのだろうか。

 

ひらがな組では、一応トリになる。

 

生放送だし、NHKだから、やらかしたら、大変なことになると思う。今までのメンバーは一応結果を出しているからなあ。

 

井口さんは、ああ見えて「秋元真夏さんと同じ大学で、アナウンサースクール受講経験」があり、トークも上手いところがある。さらに絶叫マシーンとお化け屋敷も大丈夫なタイプで根性もあると思う。

 

 

高本さんは、ガチだからなあ。頭もアレなところがあるし。大丈夫かなあ。

 

高本さんは「適当で、ミーハーで、チヤホヤされると浮かれて、調子に乗って、やらかす」からなあ。「いつも同じパターン」だし。

 

 

あくまで、来週のNHKの「ゆうがたパラダイス」のメインは井口さんだと思うし、ファンも期待していると思う。

 

まあ、高本さんはひらがなの「おまけキャラ」だからなあ。「バーターキャラ」だからなあ。

 

菅井さんが出演した『炎の体育会TV』では、高本さんは「映り込みの女王」だったし。

 

高本さんは、「オチ要員」で「ガヤ要員」で「握手要員」で「ブログネタ職人」だからなあ。

 

ひらがなのペアPVの「アフレコ」企画もメインは声が良い齊藤さんだし。高本さんは「おまけ」で齊藤さんの「バーター」なのに、現場で号泣して齊藤さんやスタッフに迷惑をかけていたらしい。

 

高本さんはひらがなの「おまけキャラ」なのに、「誰よりも高く跳べ!」のMVで、高本さんは「弓道」でソロカットで特別扱いで、「僕たちは付き合っている」のMVで、高本さんは主役キャラで特別扱い。

 

 

そもそも、秋元グループは、CDを大人数の握手会で売っている。あくまで「握手」は「CD」の「おまけ」である。

 

でも、その「おまけの握手」が「CD」を超えてしまっている部分がある。

 

秋元グループは、タイトルや曲も発表されていない段階で、個別握手会の受付が始まることが多いけど、これもよく考えたら、変な話だと思う。

 

 

高本さんは、「46」の「6」のメンバー。候補生番号は6番だった。

 

しかも「けやき坂46」は「アンダーグループ」。その「最後のメンバー」。

 

だから、「おまけキャラ」。

 

ただ、お菓子の「おまけ」もそうだけど、「おまけ」がメインになってしまうことがあるからなあ。

 

「ひらがなけやき」だから、「わかりやすい」子ども向けの要素がある。

 

 

「けやき坂46」の候補生番号「4番」の齊藤京子さんは、ひらがなで総合力は1番だと思う。実際にGWのSR配信は1位だった。お披露目では「裏センター」だったし。

 

「齊」藤「京」子さんは「さいきょうキャラ」。

 

だから、齊藤京子さんは、ひらがなの「ラスボス」だと思う。

 

 

「けやき坂46」の候補生番号「6番」の高本彩花さんは、「最後のメンバー」。「おまけキャラ」。

 

高本さんは、個性派集団で一芸持っているひらがなメンバーの中では、「何もできない普通の素人キャラ」。

 

「運」と「センス」は良いけど。

 

だから、高本彩花さんは、ひらがなの「隠しボス」だと思う。

 

「隠しボス」とは、ゲームにおいて、「一定条件下」で出現するボスキャラ。

 

だから、高本さんは「死ぬ気で努力する」しかないと思う。

 

 

www.keyakizaka46.com

 

  

写真のこのケーキは、いちごはAKB48を意識しているのだろうか。

 

「けやき坂46」は、乃木坂46(紫)とAKB48(いちご)を融合した最先端のグループなのかも。

 

ひらがなメンバーに良い雰囲気があれば、増員メンバーも良い人が来ると思う。