読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

指原莉乃さんと、けやき坂46の高本彩花さんについて思うこと

指原莉乃さんと、けやき坂46の高本彩花さんについて思うことがあった。

 

こんな記事を書いた。 

 

greennoaoffice.hatenablog.com

 

 

まあ、「アンダーグループ」の「けやき坂46」は本当ヤバいところがある。

 

運営は、どうするんだろうか。

 

秋元グループは、企画モノネタキャラアイドルグループだと思うけど、「アンダーグループ」の「けやき坂46」はその最先端だと思う。

 

 

ひらがなは、個性派集団で、「エンタメ集団」で、「賛否両論」。

 

 

まさに「地下アイドルグループ」だった初期のAKB48に近いものがある。AKB48も「ブス集団」で「賛否両論」だった。

 

ソニーと秋元氏が現代風にAKB48を再現した、「アンダーグループ」の「けやき坂46」。

 

秋元氏は、「これから生き残るのは、ライブだ」と言っているし、「劇団」が好きらしい。「リアル感」と「一体感」は大事だと思う。

 

けやき坂46は、「ライブアイドル」を目指す部分もあるらしい。「地下アイドルグループ風」の要素があると思う。

 

けやき坂46は、ネタキャラ集団だけど、そこには劇団的な演技の要素がある。

 

 

AKB48は、「劇場」。乃木坂46は、「劇団」。

 

AKB48は、「体育会系」。乃木坂46は、「文化系」。

 

AKB48は、秋元氏の放送作家のノウハウの要素が強い。乃木坂46は、秋元氏の作家性が強く出ているらしい。

 

けやき坂46は、AKB48と乃木坂46の2つの要素を融合したところがある。

 

坂道シリーズの第2弾の欅坂46の「アンダーグループ」の「けやき坂46」。

 

 

けやき坂46は、「なに、これ。アホかよ」や「ダサい」という要素がある。

 

でも、それは秋元氏の王道パターン。「カオス感」がある。

 

だって、秋元氏の歌詞は「ブンブン」に「ションション」に「ヘイヘイヘイ」だからなあ。

 

けやき坂46には、「革命は宿命」の要素がある。メンバー構成が出来すぎている。

 

 

AKB48といえば、総選挙があるけど、指原莉乃さんはそこでAKB48では革命を起こして、総選挙を「破壊」してしまった部分がある。指原さんには強力な組織票もあると思う。

 

指原さんは、秋元氏が言うところの「AKB48は素人集団」や「AKB48は適当にダラダラやるのが面白い」を体現したキャラだと思う。そして「運」。

 

「恋するフォーチュンクッキー」には、そういう「運命」的な要素もあった。「なに、これ。アホかよ」や「ダサい」という要素がある。

 

AKB48時代の指原さんは、「何もできない普通の素人キャラ」。「マシンガントーク系」だったけど、内容はつまらないし、歌もダンスもルックスも普通。でも、人気はまあまあ。

 

AKB48時代の指原さんは、リアクションはおおげさだし、「映り込みの女王」と呼ばれていたし、「ヘタレキャラ」だった。

 

AKB48時代の指原さんはブログのセンスは超一流だったし、「運」がよかった。そして、意外とスタイルが良く、足も長い。

 

 

秋元氏は「今の時代はリアルな女の子がアイドル」と言っている。秋元氏は、「何もできない普通のリアルな素人」が好きだと思う。ただし、そこに「センス」と「運」が必要になるけど。

 

 

けやき坂46の高本彩花さんは、「何もできない普通の素人キャラ」。SRでは「マシンガントーク系」だったけど、たいして面白くないし、歌もダンスもルックスも普通。でも、人気はまあまあ。

 

高本さんは、ブログのセンスは良い方だと思う。「本当に運が良い」。スタイルが良いと言われている。足も長い方だと思う。

 

高本さんは先日の「けやかけ」のリアクションはおおげさだし、欅坂46の菅井友香さんが出演した『炎の体育会TV』では「映り込みの女王」だった。「ヘタレキャラ」。

 

高本さんは、センタータイプではない。でも、フリーなポジションだと思う。これが強い部分がある。

 

高本さんは、GWのSR配信では、「2位」だった。超重課金者がいて、予定調和を「破壊」した部分がある。「運」が良かった。

 

高本さんは1位だったら、ダメだったと思う。「適当」だと思う。

 

高本さんは、齊藤さんや井口さんや加藤さんのようにわかりやすいキャラではなかったと思う。

 

「なんで、6番(高本さん)が人気があるの?」と思う人も多かったと思う。

 

「普通の素人キャラ」だから、親近感とリアル感と一体感があった。

 

日本人は、「普通」が好きだと思う。「適当」だから。

 

このパターンは指原さんに近いものがある。

 

 

指原さんと高本さんは、キャラや能力や顔は違う部分はあるけど、似た部分がある。

 

「センス」と「運」だと思う。「運」の力の上げ方を感覚的に知っている。

 

AKB48時代の指原さんは「ネガティブ」だったと思う。

 

高本さんも「ネガティブ」なところがある。「ネガティ部」だし。

 

そして、指原さんと高本さんはミーハーな正統派のアイドルファン。さらにアイドルを見る目がある。

 

まあ、タレント性や頭の良さでは、指原さんの方が上だと思う。性格的にはプロとしてシビアな部分もある。下品なところもあるし。

 

ただ、高本さんの方がアイドル性が高く、アイドルを見る目がある。特に「ダークホース系アイドル」を早い段階で見抜く力がある。そこに「運」もあるけど。性格的にはプロとして甘い部分がある。

 

高本さんは、秋元グループでは大事な「情」はあると思う。グループに対する忠誠心は極めて強い。

 

「死ぬ気で努力する」というのは、ガチでGWのSRオーディションでは本当に死にそうだった。高本さんは坂道46グループのためには死ねるというとんでもないタイプだと思う。まあ、だから危ないところがあるんだけど。

 

あと、高本さんはチヤホヤされると浮かれて、調子に乗り、痛い目に合うという面白いパターンがある。ブログの誤字脱字は普通ではない。これは指原さんにはない。

 

 

高本さんは「芸能人」としては、指原さんを超えることもできないと思うし、そもそも「芸能人」には向いていないと思うけど、別の面で「業界人」としては指原さんと互角以上に戦える部分がある。

 

ソニー的には、「私たちには、超えなければならない目標がある!」という意味では、指原さんは本当に厄介な存在だと思う。