グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

けやき坂46(ひらがなけやき)と「2020年の東京オリンピック」について

けやき坂46(ひらがなけやき)と「2020年の東京オリンピック」について思うことがあった。

 

3年後の夏に「2020年の東京オリンピック」がある。

 

秋元氏も「2020年の東京オリンピック」に深く関係しているので、秋元グループは直接的・間接的に「2020年の東京オリンピック」に関わる可能性がある。

 

ソニーもスポンサーとして、「2020年の東京オリンピック」に直接的・間接的に関係してくるので、坂道46グループも関わる可能性がある。

 

「2020年の東京オリンピック」では、「エンターテインメント業界」も多くの人と金が動くと思う。

 

 

AKB48のチーム8は、スポンサーの関係で2020年まではやると言われている。オリンピックにチーム8が関わることはあるのだろうか。ただ、今のメンバーがどの程度残っているのか疑問もあるし、チーム8は新メンバーは人気が出にくいと思う。

 

AKB48は、2020年はチーム8が中心になっているのだろうか。

 

 

SKE48は、2018年に10周年だけど、2017年はまだシングルが出る気配しないし、2020年はどうなっているのだろうか。

 

NMB48は、山本彩さんが卒業するとどうなるのか。吉本なので、どうなるのか。

 

HKT48は、指原さん次第かも。

 

NGT48は、地域密着路線はどうなるのだろうか。

 

STU48は、7県も関係しているし、船上公演はどうなっているのだろうか。指原さん次第かも。

 

 

秋元グループは、2018年秋頃から「アイドルの世代交代」があると思う。

 

 

2020年には、乃木坂46は3期生と4期生が中心になっているかもしれない。

 

曲は正統派かも。

 

モデル路線や女優路線は強くなっているのだろうか。

 

「乃木坂46の世代交代の挑戦」はどうなっているのだろうか。

 

 

2020年の欅坂46は、どうなっているのかわからない。

 

曲は平手さんセンターで「永遠の中二病」系で、格好良い系かもしれないけど、少し暗い系かも。

 

 

2020年には、「坂道シリーズ第3弾」があるかもしれない。その場合は正統派アイドルグループというコンセプトかも。

 

「坂道シリーズ第3弾」は、乃木坂46や欅坂46があるので厳しい部分があると思う。

 

 

2020年の欅坂46の「アンダーグループ」の「けやき坂46」はどうなっているのだろうか。3年後の話になるけど、今のメンバーは全員残っているのだろうか。増員メンバーもどうなっているのだろうか。

 

2020年の「けやき坂46」の楽曲は、どうなっているのだろうか。

 

やっぱり「振り付けがわかりやすく、かわいい系のゆるい曲」が多いのだろうか。

 

「けやき坂46」の楽曲は、ダサいと思う。

 

しかも、MVや振り付けはなんか変な感じもする。

 

でも、「けやき坂46」の「誰よりも高く跳べ!」は、「あの国民的アイドルグループだったSMAP」の曲に近いという意見もある。

 

 

「けやき坂46」は、「エンターテインメント集団」を目指すと言っているらしい。

 

大阪のライブでやるタップダンスも「エンターテインメント」のひとつなのかも。

 

欅坂46の「アンダーグループ」の「けやき坂46」には、「複雑で難解」と言われているソニーSDの育成システムの匂いがする。

 

段階的かつ実験的に、じわじわと「新しい挑戦」を行っている。

 

なんか、「アンダーグループ」はヤバい感じがする。

 

 

今の乃木坂46や欅坂46では、モデル路線や女優路線が強いので、「わかりやすいダサいお祭りソング」はやりにくい部分がある。

 

乃木坂46は、カップリングではコミカルな曲は結構あったけど、今は路線が少しずつ変わってきている。

 

「乃木坂46の世代交代の挑戦」で、乃木坂46のイメージもだいぶ変わると思う。

 

AKB48やSKE48やNMB48でも「わかりやすいダサいお祭りソング」は、昔はあったと思うけど、今後はどうなるのだろうか。

 

 

 

「2020年の東京オリンピック」の関係で「エンターテインメント業界」では、「お祭りムード」になると思う。

 

秋元氏は、「エンターテインメント業界の中心人物」で「お祭り大好き人間」だと思う。

 

秋元氏は「2020年の東京オリンピック」に深く関わっている。

 

 

世界のソニーグループは、「総合エンターテインメント企業」で、坂道46グループを「エンターテインメント事業」の中核として考えている部分があるらしく、坂道46グループの発展に未来をかけているらしい。

 

 

「けやき坂46」は、「エンターテインメント集団」といっても、秋元グループなので、「企画モノのネタキャラ劇団」だと思うけど。

 

秋元氏は、「エンターテインメントの基本は、意外性」と言っている。

 

2020年の「エンターテインメント業界」は「お祭りムード」だと思うから、ソニーの「エンターテインメント集団」の「けやき坂46」は、意外なチャンスがあるかも。

 

 

最近の秋元氏の作詞や選曲には、パターンやある種の影響が出ることがある。

 

最近だと、「坂」の影響力と「ゆるい曲」が多いような気もする。

 

秋元氏は「2020年の東京オリンピック」に深く関わっているので、その影響が出ることがある。

 

秋元グループで、「わかりやすいダサいお祭りソング」をやれるのは、どこのグループだろうか。

 

そのときのセンターは誰が担当するのだろうか。

 

 

秋元氏って、一発当てるのが好きだと思う。

 

実際に当てまくっている。

 

「絶対的な数量を打てば、当たる」部分がある。

 

秋元氏は「時代の最先端」を常に見ているからなあ。

 

すでに、構想と仕掛けは考えているかも。

 

そこには、「運」もあると思うけど。

 

 

秋元氏は、「賛否両論」だけど、その「運」を「適当」に引き寄せるのが上手いところがある。

 

「欅坂46」は、運営によると「欅」の字がすべてに「最強の運」を持っているところが決め手になったらしい。

 

世界のソニーグループは、「運力」の研究を創業者や上席常務が行っている。

 

「運命の法則」。

 

ソニーの「エンターテインメント集団」の「けやき坂46」は、欅坂46の「アンダーグループ」だけど、信じられないような「驚異的な運」がある。

 

 

「笑顔」、「愛嬌」、「優しさ」、「感謝」が、「運」が良くなるコツなのかもしれないと思うことがある。

 

 

3年後の2020年の「けやき坂46」は、意外な何かがあるかも。