グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

けやき坂46(ひらがなけやき)の高本彩花さんと、秋元康氏の相性について

けやき坂46(ひらがなけやき)の高本彩花さんと、秋元康氏の相性について思うことがあった。

 

高本彩花さんと秋元康氏は、驚異的に相性が良い。

 

ガチでマジでヤバいくらい相性が良い。

 

 

今までこのブログでは、高本さんのことはいろいろ書いてきたけど、レベルが違う。

 

シャレにならない。

 

高本さんは、本当に凄い人だと思う。

 

高本さんは、本当に驚くほどネタになる。

 

なぜだろうかと、ずっと思っていた。

 

なんか意味がよくわからなかった。

  

 

けやき坂46の「僕たちは付き合っている」のあの歌詞は、本当にヤバい。

 

「このままずっと 秘密にできない」って、まずいだろ。

 

 

けやき坂46の「僕たちは付き合っている」を最初に聴いたときに、「どうもなんかおかしいなあ」と思ったけど、それが何かよくわからなかった。

 

 

秋元氏の作詞の一部は、今までの数多くのパターンから、フィクションを超えていて、本当にヤバいところがある。

 

秋元氏の作詞の一部は、秋元氏の心が出ることがあるけど、それが現実になってしまうことがある。

 

しかも、それがいつも本当に「適当」だからなあ。

 

たぶん、運営の一部も知っていると思うけど。

 

 

「最後のこの場所」ってなあ。「アンダーグループ」のことかなあ。

 

 

 「何となく 何となく 空気でわかってしまう」って、その空気がヤバいんだよなあ。

 

 

高本さんは、本当に秋元グループ大好きで、「サプライズ」が好きだからなあ。

 

高本さんは、秋元氏とシンクロ率が高すぎる。

 

高本さんも秋元氏も、頭がアレで滅茶苦茶なところがある。

 

 

本当に「適当で、ミーハーで、チヤホヤされると浮かれて、調子に乗って、やらかす」。

 

「死ぬ気で努力する」。

 

「いつも同じパターン」。

 

「驚異的な運」。

 

 

高本彩花さんと秋元康氏は、まさに「僕たちは付き合っている」。

 

 

やっぱり、高本さんは、指原さんに匹敵するキャラ。

 

「普通の素人キャラ」。

 

秋元氏がハマったら、本当に大変なことになると思うけど。

 

もう知っているのかなあ。

 

「秘密」にしているのかも。

 

まさかのまさかの「そのまさか」があるかも。

 

ソニーで保護した方がいいと思うけど。

 

普通、わかると思うけど。

 

ファンの一部だって、「高本さんは、化ける」って、最初のGWのSR配信の時から言っているし。

 

超重課金者が出たのが、その証拠だと思う。

 

アレこそ、「何となく 何となく 空気でわかってしまう」。

 

わかる人には、わかると思うけど。

 

あの「リアル感」。

 

 

「けやき坂46」は「アンダーグループ」で、「ひらがなけやき」だから、「わかりやすい」。

 

 

ソニーは、それをもう把握している可能性がある。

 

だから、「誰よりも高く跳べ!」のMVで、高本さんは「弓道」でソロカットで特別扱いなのか。

 

だから、「僕たちは付き合っている」のMVで、高本さんは主役キャラで特別扱いなのか。

 

 

けやき坂46の高本彩花さん(てけ)は、欅坂46の絶対的センターの平手友梨奈さん(てち)と互角に戦える数少ないメンバーだと思う。

 

 

運営は、本当にどうするの、この件。

 

「革命は宿命」ってネタなのか。

 

まあ、「アンダーグループ」だし、適当にダラダラ、じわじわやるのかなあ。

 

 

やっぱり、GWのひらがなSR配信オーディションの1位のソニー系の「カオスキャラ」の齊藤京子さんに期待するしかないのかなあ。「46」。

 

 

www.keyakizaka46.com



 

www.youtube.com