読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

けやき坂46(ひらがなけやき)の「独自性」について

けやき坂46(ひらがなけやき)の「独自性」について思うことがあった。

 

けやき坂46(ひらがなけやき)

井口眞緒、潮紗理菜、柿崎芽実、影山優佳、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、佐々木美玲、高瀬愛奈、高本彩花、長濱ねる、東村芽依

 

けやき坂46(ひらがなけやき)は、欅坂46の「アンダーグループ」。

 

AKB48グループは、AKB48、SKE48、NMB48、HKT48、NGT48、STU48の6グループで、「英語」と「数字」。

 

坂道46グループは、乃木坂46、欅坂46の2つのグループで、「漢字」と「数字」。

 

けやき坂46(ひらがなけやき)は、欅坂46の「アンダーグループ」で、「ひらがな」と「数字」。

 

 

けやき坂46(ひらがなけやき)は、「アンダーグループ」という独自性と「ひらがな」という独自性がある。

 

けやき坂46は、乃木坂46の「アンダー」とも違うし、AKB48Gの「チーム」とも異なる。

 

AKB48のチーム8は、あくまで「チーム」だし、人数も多い。

 

けやき坂46は、グループ自体が「個性」がある。だから「賛否両論」になりやすいと思う。

 

 

元AKB48総支配人が「AKBは賛否両論であるべき」で「話題にならないのが一番悲しい」と発言しているらしい。

 

秋元グループは、賛否両論で話題になってきた部分がある。

 

総選挙に組閣にその他いろいろなスキャンダル。炎上商法もあったと思う。

 

そもそもAKB48は、オタクが集まる秋葉原の劇場の「地下アイドル」で、握手会で大人数でCDを売るグループで、ダンスもバラバラ感があるし、口パクだし。

 

 

けやき坂46には、個性とキャラの濃さとグロさと胡散臭さがある。グロさと胡散臭さは、「優等生風ゆるキャラ」の兼任の長濱さんがいるので目立たない部分もあるけど。

 

初期のAKB48は、個性とキャラの濃さとグロさと胡散臭さがあった。秋元氏の企画モノアイドルなので、そういうものだと思う。だから、他のアイドルとは違って面白かった。

 

最近のAKB48は、チーム感は薄いし、チーム8は勢いと人気があり、かわいい系メンバーも多いけど、さっぱりしている。16期生やドラフト生の存在感も薄い。

 

 

けやき坂46には、個性とキャラの濃さとグロさと胡散臭さがあるけど、同時に知性やセンスや意外性もある。そこがAKB48Gとは違う。

 

欅坂46のファンの一部は、ひらがなのパフォーマンスを「ダンスがバラバラ」という人もいる。

 

でも、初期のAKB48ってそういうグループだったと思う。

 

けやき坂46は、坂道46グループでAKB48とは違うけど、乃木坂46や欅坂46とは違う「グループ」になる。

 

「アンダーグループ」だから、下品な部分があるかも。