グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

けやき坂46(ひらがなけやき)のメンバーと、秋元グループの「レジェンドキャラ」について

けやき坂46(ひらがなけやき)のメンバーと、秋元グループの「レジェンドキャラ」について思うことがあった。

 

けやき坂46(ひらがなけやき)

井口眞緒、潮紗理菜、柿崎芽実、影山優佳、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、佐々木美玲、高瀬愛奈、高本彩花、長濱ねる、東村芽依

 

欅坂46の「絶対的センター」は、平手友梨奈さん。秋元氏の強烈なお気に入りメンバー。

 

平手友梨奈さんはキャラやポジション的には、SKE48の松井珠理奈さんに近いと言われている。

 

松井珠理奈さんは、秋元氏のお気に入りメンバー。

 

欅坂46の「絶対的センター」の平手友梨奈さんは、乃木坂46の生駒里奈さんとSKE48の松井珠理奈さんのハイブリッドタイプなのかもしれない。

 

 

けやき坂46の兼任の長濱ねるさん。優等生風ゆるキャラ。歌もダンスも微妙なところがあるけど、人気はある。

 

欅坂46が平手友梨奈さんで、けやき坂46が長濱ねるさん。

 

でも、長濱さんは欅坂46と兼任している。

 

 

けやき坂46の加藤史帆さん(候補生エントリーナンバー1番)は、「けやき坂46のエースの自覚」が出てきたのかもしれないと思うことがある。

 

あの白石麻衣さん風のビジュアルに、あのオーラに、あのキャラに、秋元真夏さんレベルのプロ意識があれば、「最強キャラ」になれると思う。

 

加藤史帆さんは、けやき坂46ではポジションも含めてキャラ的に小嶋陽菜さんに近いところがある。ボーカルも実は結構良いものを持っている。

 

AKB48の曲は、小嶋陽菜さんのボーカルはキーになっていた部分がある。それと近いものが加藤さんにはあると思う。

 

 

齊藤京子さん(候補生エントリーナンバー4番)は、歌、ダンス、トーク、声、キャラ、ネタ、ブログ、握手と何でもアリの「変幻自在のエンターテイナーのカオスキャラ」。

 

齊藤京子さんは、元AKB48の大島優子さんと高橋みなみさんのハイブリッドタイプの最新キャラ。

 

 

ハイブリッドということは、2つ以上の動力源を持っているわけで、すごいに決まっている。そして、「最先端」。

 

 

まさに理系のソニーの坂道46グループという感じがする。

 

 

秋元グループでは、今後は「アイドルの世代交代」があるので、「次世代メンバー」にはチャンスがある。

 

加藤史帆さんは、白石麻衣さんと小嶋陽菜さんのハイブリッドタイプの最新キャラ。

 

齊藤京子さんは、大島優子さんと高橋みなみさんのハイブリッドタイプの最新キャラ。

 

 

加藤史帆さんと齊藤京子さんは、秋元グループの「レジェンドキャラ」の「次世代キャラ」なので、人気が出るのは当然だと思う。

 

 

「ひらがなけやき」が、本当の意味で「けやき坂46」になるには、加藤史帆さん(候補生エントリーナンバー1番)と齊藤京子さん(候補生エントリーナンバー4番)の力は特に必要なのかもしれない。

 

 

欅坂46の「絶対的センター」は、平手友梨奈さん。乃木坂46の生駒里奈さんとSKE48の松井珠理奈さんのハイブリッドタイプ。

 

AKB48の「絶対的センター」は前田敦子さんだった。大島優子さんは、AKB総選挙で「絶対的センター」の前田敦子さんに勝って、AKB48のメジャー17枚目シングル「ヘビーローテーション」でAKB48で「革命」を起こした。

 

 

乃木坂46の3期生のエースの山下美月さん(候補生エントリーナンバー4番)は、前田敦子さんに近いオーラがあると思う。

 

AKB48の公式ライバルの乃木坂46のセンターは、6枚目シングル「ガールズルール」で生駒里奈さんから、白石麻衣さんに初めて交替している。

 

乃木坂46の3期生バージョンの「ガールズルール」のセンターは、山下美月さんが担当していたと思う。

 

 

加藤史帆さんは、白石麻衣さんと小嶋陽菜さんのハイブリッドタイプの最新キャラ。

 

齊藤京子さんは、大島優子さんと高橋みなみさんのハイブリッドタイプの最新キャラ。

 

 

「けやき坂46」の「誰よりも高く跳べ!」は、「あの国民的アイドルグループだったSMAP」の曲に近いという意見もある。

 

 

これは、どう考えても、「アンダーグループ」の「けやき坂46」は相当ヤバいよなあ。

 

これは、本当にすごいよなあ。

 

「歴史は繰り返す」だからなあ。

 

まさに、「革命は宿命」だよなあ。

 

 

 

あれ?

 

 

 

秋元グループには、「生きる伝説的ネタキャラ」の指原莉乃さんがいた。

 

AKB48のメジャー32作目のシングル「恋するフォーチュンクッキー」で、AKB48で「革命」を起こしている。

 

フォーチュンクッキーは、おみくじクッキー。まさに「運」。

 

 

坂道46グループには、「次世代の指原さんポジションのキャラ」はいるのだろうか。

 

 

AKB48時代の指原さんは、「何もできない普通の素人キャラ」。マシンガントーク系だったけど、内容はつまらないし、歌もダンスもルックスも普通。でも、人気はまあまあ。

 

秋元氏は、「指原は何もできないし、つまらないんですよ」と言っていた。

 

「けやかけ」のMCの土田さんも似たようなことを言っていた。

 

指原さんはブログのセンスは超一流だったし、「運」がよかった。

 

リアクションはおおげさだし、「映り込みの女王」と呼ばれていたし、「ヘタレキャラ」だった。

 

そして、意外とスタイルが良く、足も長い。

 

 

 

あれ?

 

 

 

けやき坂46の高本彩花さんは、一応スタイルが良いと言われている。足も長い方だと思う。

 

高本さんは、「何もできない普通の素人キャラ」。SRではマシンガントーク系だったけど、たいして面白くないし、歌もダンスもルックスも普通。でも、人気はまあまあ。

 

高本さんは、ブログのセンスは良い方だと思う。

 

まあ、誤字脱字が秋元グループではトップクラスで多いけど。

 

高本さんは、自分でも言っていたけど、「本当に運が良い」。

 

高本さんは先日の「けやかけ」のリアクションはおおげさだし、欅坂46の菅井友香さんが出演した『炎の体育会TV』では「映り込みの女王」だった。

 

そして、「ヘタレキャラ」。

 

「死ぬ気で努力する」と言っているけど、適当でミーハーなところがある。

 

  

GWのSR配信では、高本さんの候補生エントリーナンバーは6番。「46」の「6」。SRでは2位。フォロワー数は4位。

 

「高本彩花」さんの名前は、乃木坂46の「高山一美」さんの「高」、「橋本奈々未」さんの「本」、「衛藤美彩」さんの「彩」、「中田花奈」さんの「花」で構成されている。この4人は乃木坂46のフロント経験者。

 

高本さんは、「何もできない泣き虫キャラの弓道キャラ」。

 

高本さんのサイリウムカラーは「緑と白」。乃木坂46の西野七瀬さんのサイリウムカラーは「緑と白」。

 

推しメンは、元SKE48(乃木坂46兼任)の松井玲奈さんと、乃木坂46(AKB48兼任)の生駒里奈さん。この2人も乃木坂46のフロント経験者。

 

 

秋元氏は、平手さんのことを「永遠の中二病」と言っているらしい。まあ、平手さんは15歳だから、別に中二病でも良いと思うけど。

 

 

高本さんは、GWのSRの時は17歳だったけど、「将来の夢はラプンツェルでした」だからなあ。しかも、今の夢は「フードファイター」だからなあ。

 

 

「欅坂46」は、運営によると「欅」の字がすべてに「最強の運」を持っているところが決め手になったらしい。

 

けやき坂46は、「賛否両論」で「アンダーグループ」だけど、「偶然のガチ」だからなあ。

 

最高の中二病レベルで、本当に面白いと思うけど。

 

「けやき坂46」は、今までの秋元グループとは、レベルが違う。最先端すぎる。

 

 


ソニーで世界で初めて「CD」を開発して偉業を成し続けてきた元ソニー上席役員の「天外伺朗」氏は、「46歳」で取締役になり、高校時代は「弓道部」だったらしい。

 

 

高本彩花さんは、ソニーミュージックの「神」の「CD」を開発した元ソニー上席役員の「天外伺朗」氏のレベルの人だから、ソニーは本当に大事にした方がいいと思うけど。

 

高本さんは、「世界のソニーの本社案件レベルの人」だと思う。

 

ソニーは、「エスパー研究室」があったからなあ。創業者の井深大氏も関わっていたらしいし。

 

 

高本さんは、マジのガチで「持っている人」だからなあ。

 

 

世界のソニーグループは、坂道46グループを「エンターテインメント事業」の中核として考えていて、グループの発展に未来をかけているらしい。

 

 

高本彩花さんは、「けやき坂46」で「革命」を起こして、坂道46グループの「未来」を作るレベルの人だと思うけど。

 

 

 

2016年5月8日は、「ひらがなけやき」の結成日。

 

1946年5月7日は、ソニーの創業日。

 

「アンダーグループ」の「けやき坂46」は、相当ヤバいよなあ。

 

 

www.keyakizaka46.com