読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

けやき坂46(ひらがなけやき)の「シナリオ」について

けやき坂46(ひらがなけやき)の「シナリオ」について思うことがあった。

 

けやき坂46(ひらがなけやき)

井口眞緒、潮紗理菜、柿崎芽実、影山優佳、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、佐々木美玲、高瀬愛奈、高本彩花、長濱ねる、東村芽依

 

まあ、アイドルはフィクションだと思う。

 

最近の影山さんと井口さんのブログを見て、やっぱり影山さんと井口さんと齊藤さんの3人は何かあるのだろうかと思った。

 

この3人は「台本」があるのかなあと思った。

 

この「ひらがなけやきプロジェクト」は、影山さんと井口さんと齊藤さんの3人の「セミプロ台本メンバー」は、何かがあるのかも。

 

 

影山さんは、「AKB48Gのドラフト2期候補生」で、物語があり、サッカーなどの話題も豊富で歌もダンスもトークも上手い。握手人気も健闘している。

 

影山さんは、GWのSR配信は顔出しNGだったけど、台本があるのではないかと思ったくらい完璧なものだったと思う。

 

井口さんは、「秋元真夏さんと同じ大学で、アナウンサースクールの受講経験」があり、キャラが強烈で、バラエティでも結果を出すし、けやき坂46のMVでは意外性と中毒性を注入する重要なポジションだと思う。握手人気ではわからない人気が確実にある。

 

井口さんは、GWのSR配信では演技の部分があるのではないかと思ったし、それ以外でも演技の要素があるような気もする。ただ、それを必死にやっているので単純にすごいなあと思うけど。SR配信の結果は3位。

 

齊藤さんは、「ソニー系スクール」出身で、歌、ダンス、トーク、キャラがものすごいものがある。握手人気もある。ラーメンなどの話題や声のインパクトもすごい。

 

齊藤さんはSR配信はダントツの1位。衝撃的なキャラだったし、パフォーマンス的にもインパクトがあったし、持久力と安定性は普通じゃなかった。

 

 

この3人は、ひらがなでは「飛び道具」感もあると思う。ネタキャラとしての話題があるので。

 

 

アイドルは、子ども向けのわかりやすさは大事だと思う。子ども向けとは小学校低学年や幼稚園児という感じになるけど。坂道46グループはその部分がまだ弱い。

 

けやき坂46は、セミプロが多いし、キャラのわかりやすさがある。

 

外国語メンバーの多さは学業を意識している部分があると思う。

 

兼任の長濱さんは「優等生風ゆるキャラ」だと思う。

 

だから、子ども向けの要素が強いと思う。

 

 

ただ、けやき坂46は欅坂46の「アンダーグループ」なので、そこが単なる子ども向けというわけでもないと思う。

 

放送作家出身の秋元氏のネタの要素は強いと思う。まあ、そこはエンタメなのかも。

 

 

けやき坂46は、秋元氏が好きそうな「なに、これ」感が強いと思うけど。

 

「けやかけ」のMCの土田さんが好きそうな感じもする。実際にハマっている部分があると思う。AKB48風な感じもするし、「アンダーグループ」という設定だし。

 

これは、他の秋元グループはない特徴だと思う。

 

「アンダーグループ」という概念は独自性があるし。

 

 

どうもなあ。

 

ひらがなは胡散臭い感じがある。

 

一発屋芸人集団みたいな感じもするし。

 

まあ、メンバーは必死に頑張っていると思うけど。

 

 

 

www.keyakizaka46.com

 

 

高本さんは、自分のことを「最低な人間です」と言っていた。

 

確かに「無礼な態度」はあるかも。「弓道」とか「琴」とか和風キャラなのに。まあ、それも「適当」な感じもするけど。

 

 

代々木のライブのMCでは、「ブログ」と「握手」と「ライブ」しかないと言うし。ひらがなだって、「グラビア」も「イベント」も「ラジオ」も「動画」もあると思う。しかも、高本さんはソログラビアでは推されている方だし。

 

代々木のライブのMCでは、偉そうなことを言っておきながら、秋元氏と松井玲奈さんの前で、バトンパフォーマンスはミスするし、「誰よりも高く跳べ!」で誰よりも高く跳ぼうとしたら、コケるというマンガみたいな展開。

 

 

ブログは誤字脱字だらけで、肝心なときに「サイレントマジョリティ」や「ミュージッスステーション」と書いてしまう。

 

高本さんはブログで「言いたい事は沢山あるのに上手くまとめられないのです理系だから」と、全世界の理系の方に対して失礼なトンデモないことを言っていた。

 

 

GWのSR配信では、チヤホヤされて浮かれながら、「サイレントマジョリティー」を「適当」に歌っていて、視聴者から怒られていた。そして、超重課金者の件で大失態をして、大号泣。

 

「最先端の握手」と言っておきながら、ドヤ顔で「デコも肩も出してるよ」というひどいギャグをかますわけで、どこが「最先端の握手」なのかはよくわからない。 

 

「ショールーム大好き人間」とか「握手会大好き人間」とか平気で言うし。

 

「感化」されやすいので、人のネタを平気で適当にパクるところがある。

 

 

ケーキは他のメンバーの分まで食べるし、大食いが特技といっても、井口さんのように番組で結果を出せないし。

 

先日の「けやかけ」では、絶叫マシーンでは偉そうなことを言って上から目線なのに、お化け屋敷ではわがまま言い放題でギャーギャーとうるさいし、半ギレで大号泣していた。

 

高本さんは、チヤホヤするとすぐに浮かれて、調子に乗り、痛い目に合うという本当にわかりやすいキャラ。しかも、ガチだし。

 

たぶん、ひらがな増員メンバーに対しても、先輩風吹かすだろうなあ。

 

 

他にも、「それはないだろ」ということが多々あった。

 

本当に「全般的にダメ」だと思う。

 

本当に「ただの普通の18歳女子」。

 

プロ意識云々とか「死ぬ気で努力する」とか言っても、素人感がひどすぎる。

 

 

でも、それが許されてしまうところがある。

 

まさにAKB48時代の「あの人」と同じパターン。

 

 

高本さんは数年後、業界人と飲み食いしながら、無責任に新人メンバーの伸びしろを語っているかも。

 

 

高本さんは数年後、秋元氏の隣に座っているかも。