グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

元AKB48総支配人が「AKBは賛否両論であるべき」で「話題にならないのが一番悲しい」と発言

元AKB48総支配人が「AKBは賛否両論であるべき」で「話題にならないのが一番悲しい」と発言しているらしい。

 

その通りだと思う。

 

秋元グループは、賛否両論で話題になってきた部分がある。

 

総選挙に組閣にその他いろいろなスキャンダル。炎上商法もあったと思う。

 

そもそもAKB48は、オタクが集まる秋葉原の劇場の「地下アイドル」で、握手会で大人数でCDを売るグループで、ダンスもバラバラ感があるし、口パクだし。

 

秋元氏は、「AKBは素人集団」って言っているし。

 

まあ、批判も多いけど。

 

 

AKB48の衣装は、秋元康氏からの「リアルにしたい」という要望があったらしい。

 

やっぱり、秋元氏は「リアル」を大事にしているんだなあ。

 

 

今のAKB48は、さっぱりしている感じがある。

 

スポンサーの関係もあるので、なんともいえないけど、チーム8はアイドルとしてはかわいい系なのかもしれないけど、キャラの濃さやグロさが足りないような気もする。

 

 

坂道46グループは、賛否両論的な部分は少ないかもしれないし、人気もあるけど、大人しい感じもする。

 

 

でも、欅坂46のアンダーグループの「けやき坂46」は違う。

 

多くのメンバーには、キャラの濃さがあるし、ファンからも賛否両論で、バカにされて笑いものにされている感じがある。

 

だから、良いと思うけど。

 

ソニーが、どこまで狙っているのかわからないけど、「けやき坂46」には可能性があると思う。