グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

けやき坂46(ひらがなけやき)は、「ゆるかわ系アイドルグループ」なのだろうか。

けやき坂46(ひらがなけやき)は、「ゆるかわ系アイドルグループ」なのだろうか。

 

けやき坂46(ひらがなけやき)

井口眞緒、潮紗理菜、柿崎芽実、影山優佳、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、佐々木美玲、高瀬愛奈、高本彩花、長濱ねる、東村芽依

 

けやき坂46(ひらがなけやき)は、欅坂46の「アンダーグループ」で、欅坂46が「格好良い路線」で、けやき坂46は「かわいい系路線」と言われることもある。

 

まあ、「優等生風のゆるキャラ」で、けやき坂46のセンターの長濱さんのイメージと今までの曲から、けやき坂46は「かわいい系路線」なのかもしれないけど、他のメンバーのキャラを見ると、「かわいい系路線」ではないと思う。

 

それに、けやき坂46の曲の1曲目の「ひらがなけやき」と3曲目の「僕たちは付き合っている」は、長濱さん単独センターなので、「かわいい系」の曲かもしれない。

 

「ゆるい曲」だと思うけど、それは「優等生風のゆるキャラ」で、センターの長濱さんのイメージが秋元氏の中では強いからなのかもしれない。

 

ただ、けやき坂46の2曲目の「誰よりも高く跳べ!」は、長濱さんと柿崎さんのWセンターで「ゆるい曲」かもしれないけど、単なる「かわいい系」の曲なのかわからない部分もある。

 

それに、イメージ的に「誰よりも高く跳べ!」は、秋元氏は長濱さんを意識しているのか疑問もある。

 

 

今後は、欅坂46の平手さんセンター体制以上に、けやき坂46の長濱さんセンター体制に対してファンから厳しい意見があるかも。

 

長濱さんは、兼任だし、歌もダンスも微妙なところがある。ただ「誰よりも高く跳べ!」と「僕たちは付き合っている」のMVでは長濱さんはセンターとしてはそんなに目立っていなかったと思う。

 

兼任の長濱さんを、今はけやき坂46のセンターから外すのは難しいと思うので、Wセンターが良いのかもしれないけど、今後はどうなるのかわからない。

 

 

 

「ゆるい曲」というのは、インパクトが薄い部分もあるけど、秋元氏は「AKB48は適当にダラダラやるのが面白い」と言っていた。

 

AKB48のヒット曲の「恋するフォーチュンクッキー」は「ゆるい曲」だと思う。振り付けはわかりやすい。

 

「恋するフォーチュンクッキー」は、最初は微妙な曲と言われていたし、指原さんもそう思っていたらしいけど、「ステマ動画」の影響でヒットしたといわれている。

 

ステルスマーケティングとは、消費者に宣伝と気づかれないように宣伝行為をすることで、「アンダーカバー・マーケティング」や「ゲリラ・マーケティング」とも呼ばれる。 

 

「恋するフォーチュンクッキー」は、秋元氏の「AKB48は適当にダラダラやるのが面白い」を体現した曲かもしれないと思うこともある。

 

 

「アンダーグループ」の「けやき坂46」の「誰よりも高く跳べ!」は、あの国民的アイドルグループだったSMAPの曲に近いという意見もある。

 

 

坂道46グループは、乃木坂46も欅坂46も女子受けや若者受けしている部分があると思うけど、子ども受けが弱い部分があると思う。さらに坂道46グループはバラエティも弱い部分がある。

 

けやき坂46は、「ひらがなけやき」で、今のメンバーのキャラと個性ははっきりしているので、バラエティでもわかりやすい部分があるし、曲の振り付けもわかりやすい。

 

 

だから、けやき坂46は「エンターテインメント集団」としては、意外なチャンスがあるような気もする。

 

ソニーは、坂道46グループを「エンターテインメント事業」の「中核」として考えていて、グループの「発展」に未来をかけているらしい。

 

 

秋元氏は、欅坂46で「不協和音」を起こしたいのかもしれないけど、漢字欅メンバーやファンはそれを望んでいないと思う。

 

そうなると、欅坂46の「アンダーグループ」の「けやき坂46」で「不協和音」を起こすかもしれない。

 

けやき坂46の「不協和音」は誰がセンターを担当するのだろうか。

 

ひらがな増員メンバーも何か意味があるのかもしれない。

 

ライブでのひらがな増員メンバーの発表の仕方は、AKB48風の「サプライズ」の方式で、残酷ショー的な部分があった。

 

 

けやき坂46の「新しい挑戦」とは、AKB48風の「試練」なのかも。

 

 

けやき坂46は、ゴールデンウィークのSHOWROOMのオーディションの時から、「サプライズ」と「残酷ショー」と「エンターテインメント」の要素があると思った。そういうグループなのかも。

 

秋元氏は、「エンターテインメントの基本は、意外性」と言っている。

 

 

けやき坂46は、AKB48の色が強いメンバーが多いと思う。ただ、坂道46グループなのでセンスや知性は洗練されているイメージもある。

 

 

けやき坂46(ひらがなけやき)は、「ゆるかわ系アイドルグループ」なのかもしれないけど、欅坂46の「アンダーグループ」だし、ソニーのSDのような「複雑で難解」なグループなのかもしれない。

 

 

www.keyakizaka46.com

 

 

高本さんは、AKB48が好きで、「サプライズ」が好きで、「素人風の普通キャラ」だから「適当」なところがあると思う。

 

秋元氏は、「AKB48は素人集団」で「AKB48は適当にダラダラやるのが面白い」と言っていた。

 

秋元氏は「今の時代はリアルな女の子がアイドル」と言っている。