読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

欅坂46が売れた理由を秋元康氏が、読売新聞の日曜版の連載コラム「秋元康の1分後の昔話」で語る

欅坂46が売れた理由を秋元康氏が、読売新聞の日曜版の連載コラム「秋元康の1分後の昔話」で語る。

 

「正直分からない」らしい。 

 

そこまで狙っていないというのは、たぶん本当だと思う。

 

秋元氏も運営も、今の欅坂46の売れ方は予想以上だったのかもしれない。

 

そうなると、当初考えていたプランはかなり変更された可能性はあるかも。

 

まあ、秋元氏の発言は適当なところもあるので、あんまり鵜呑みにしてはいけないと思うし、普通の人とは思考パターンが違うので、なんとも言えないかも。

 

 

平手さんの存在は大きいのはわかるけど。でも、今は平手さんはソロだとそこまですごくないような気もする。

 

「平手さんが戦ってる間は欅坂は伸びていく」らしい。「戦ってる」というのが秋元氏の平手さんに対するイメージなら、今後も欅坂46は平手さんがセンターだし、楽曲も格好良い系や暗い系かも。

 

秋元氏は、平手さん以外に気になるメンバーは、長濱さん、渡辺梨加さん、渡邉理佐さんらしいけど、平手さん以外のメンバーはそんなに興味がないのかもしれないと思うこともある。まあ、長濱さんに関してはよくわからないけど。

 

 

ただ、これから主に握手で頭角を現すメンバーもいると思うし、秋元氏は欅坂46のライブは見に来ると思うので、MCではチャンスがあるような気もする。AKB48GではMCでチャンスを掴んだメンバーもいたと思うけど。

 

乃木坂46だと、後から出てきたタイプでは西野さん、秋元真夏さん、高山さんの3人は秋元氏のお気に入りだと思う。西野さんと秋元真夏さんは握手が強い。秋元真夏さんと高山さんはバラエティ系。

 

特に高山さんは「乃木坂の指原になれ」と期待していた部分があったと思う。高山さんはメンバーのフォローが上手い部分があると思う。

 

 

AKB48Gだと、宮脇さんは後から出てきたタイプだと思うし、宮脇さんはGoogle+はかなり力を入れていたと思う。指原さんもアメブロで一発当てたタイプだと思う。

 

 

 

欅坂46は、全員選抜とかメンバーの絆とかが良いというファンも多いみたいだけど、平手さんがセンターの坂道AKBの曲も動画再生回数で結果を出しているので、平手さんセンター効果がすごいということになる。

 

秋元氏は、楽曲を大事にしているらしいし、センターにはこだわりはあると思うけど、坂道AKBのMVの再生回数を見ると、欅坂46は20人や21人の全員選抜ではなくても良いと思うし、メンバーの絆は関係なく、平手さんと握手要員の力で売れると思うけど。

 

平手さんとその他いろいろというイメージは強いと思う。

 

 

欅坂46はデビューシングルのタイトル発表前から、個別握手会の売上がすごいことになっていた。

 

「二人セゾン」や「不協和音」は、けやき坂46のメンバーの握手力も売上に関係した部分があったと思うけど。

 

 

「平手さんが戦ってる間は欅坂は伸びていく」ということは、平手さん自身の戦いだけではなく、「戦う相手」が必要なのかもしれないと思うけど。

 

それは欅坂46のメンバーや世間やファンだけではなく、けやき坂46のメンバーかもしれないし、乃木坂46やAKB48Gのメンバーかもしれないけど。