グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

欅坂46の小林由依さんと、けやき坂46の高本彩花さんについて

欅坂46の小林由依さんと、けやき坂46の高本彩花さんについて思うことがあった。

 

欅坂46の4thシングル『不協和音』の4月29日の京都パルスプラザ全国握手会で、欅坂46の小林由依さんと、けやき坂46の高本彩花さんが同じレーンになった。

 

 

初期の頃は、小林さんが運営から推されていたことに一部のファンが疑問を持っていたと思う。

 

個人的には、FNSの「制服のマネキン」で小林さんがフロントメンバーだった時に結構良いなあと思ったので、「サイレントマジョリティー」でフロントメンバーになったのはそんなに違和感がなかった。

 

「サイレントマジョリティー」のMVでは、平手さんの次に優遇されていたと思うし、最初のシーンに出てくるのが小林さんだった。

 

その時は、今後は小林さんが欅坂46のセンターを担当する日も来るかもと思った。

 

その後、人気も上がり、ゆいちゃんずとかブログも好評な感じもする。個人PVもレベルが高い方だと思う。

 

小林さんのニックネームは、「ゆいぽん」。

 

 

高本さんもGWのSR時代は、なぜか「ぽんちゃん」って呼ばれていた。「浮かれポンチ」だと思ったけど。SRであんなに浮かれていた人はいない。

 

高本さんのブログは内容は全然違うけど、構成の仕方が小林さんのブログに近い感じがする。

 

まあ、高本さんは人のネタを平気で適当にパクるところがあるので、小林さんのブログに「感化」された可能性がある。

 

高本さんは、「誰よりも高く跳べ!」のMVでセンターではないのに、弓道でソロカットで優遇、さらに 「僕たちは付き合っている」のMVではセンターではないのに、主役級の超優遇。 

 

 

小林さんと高本さんは、センターではないけど、「謎の運営推し」がある。

 

 

小林さんと高本さんは、身長もダンスもボーカルもルックスも普通だと思う。バラエティではあんまり活躍できないタイプかも。センスはタイプは違うけど、ズバ抜けているところがある。

 

人気や実力は小林さんの方が圧倒的にあるけど、グループ内の人気度や序列を比較すると、欅坂46での小林さんの人気と序列と、けやき坂46の高本さんの人気と序列はお披露目時から実は近いものがあるのではないかと思う。

 

小林さんと高本さんは、「謎の運営推し」のおかげで人気が出た部分がある。もちろん、そこで結果を出したのですごいことだと思うけど。

 

 

小林さんがタイプ的に乃木坂46の西野さんに近いのはわかる。

 

高本さんも、たまに西野さんに近いと言われることもあるけど。サイリウムカラーも同じだし。

 

でも、個人的には高本さんはタイプ的には、AKB48時代の「あの人」のポジションだと思うけど。

 

乃木坂46の西野さんも、AKB48Gの「あの人」も、グループ内ではトップになった存在だと思う。2人で週プレの表紙になったこともあったと思う。秋元氏のお気に入りのメンバー。最初は「普通キャラ」だった。

 

 

秋元グループは人数が多いし、選抜方式などはある種のパターンがあると思うので、キャラやポジションが過去を繰り返すことがあると思う。

 

例えば、HKT48の森保さんは小嶋陽菜さんをポジション的にも意識していると思うし、初期の乃木坂46の白石さんも小嶋陽菜さんをキャラやポジション的にも意識していたと思う。白石さんと小嶋さんはよく一緒に仕事をしていたし。

 

 

欅坂46の運営は、「革命は宿命」とか言っている。

 

 

高本さんは今回の全握で「最先端の握手」で、小林さんのファンから、2推しや3推しをどのくらい獲得できるかは勝負だと思うけど。

 

 

www.keyakizaka46.com