読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

けやき坂46(ひらがなけやき)は、「AKB48風のグループ」なのだろうか

けやき坂46(ひらがなけやき)は、「AKB48風のグループ」なのだろうか。

 

けやき坂46(ひらがなけやき)

井口眞緒、潮紗理菜、柿崎芽実、影山優佳、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、佐々木美玲、高瀬愛奈、高本彩花、長濱ねる、東村芽依

 

けやき坂46の「誰よりも高く跳べ!」と、AKB48の最新曲「シュートサイン」は、振り付けが似ていると思った。

 

まあ、振り付け担当の人が同じということもあるけど、比較的ゆるめの振り付けだと思う。

 

けやき坂46の「僕たちは付き合っている」は、NGT48の「青春時計」と近いものがあると思った。曲は全然違うけど、ゆるい感じが似た雰囲気がある。

 

やっぱり、秋元氏の作詞や選曲は、時期によって偏ることもあるなあと思った。

 

 

欅坂46の4thシングル「不協和音」は、チャートの成績は良いみたいだけど、個人的には少し暗い感じもするなあと思った。SKE48にも近い感じがあると思った。

 

Mステでのパフォーマンスも暗い感じがしたし、平手さんと一部のメンバーを除いて、誰が誰だかわからない感じもしたし、人数が多いのでフロントや2列目云々も関係ないなあと思った。

 

個人的には、「サイレントマジョリティー」と「二人セゾン」は良いと思ったけど、その他の欅坂46の曲は少し暗いような気もした。

 

秋元氏の中では、平手さん中心の欅坂46のイメージが強くなっていて、力が入りすぎな感じもする。

 

 

けやき坂46(ひらがなけやき)は、「誰よりも高く跳べ!」と「僕たちは付き合っている」は違うタイプの曲だと思うし、ライブでは欅坂46の曲もできるので、さまざまな曲をレッスンして披露できる点で育成システム的には有利なこともあると思う。

 

けやき坂46の1期生は、初期の乃木坂46の2期生と比べて、有利な点があるし、人気も実力もあると思う。握手人気の総合力では乃木坂46の3期生には負けてないし、キャラの濃さは勝っている。

 

 

けやき坂46の「僕たちは付き合っている」は、曲的には王道アイドル路線なのかもしれないけど、加藤さん、佐々木久美さん、井口さん、齊藤さんのようなキャラの濃いメンバーがいるので、なんとも言えない感じがある。昔のAKB48的なグロさがあると思った。そこが良いと思う。

 

 

秋元氏は、「アイドルが大衆を変えたり、時代にあった仕掛けをしたりするわけではありません。 大衆が望んでいるときに、それを登場させることが重要なんです」と言っている。

 

「夕方部活でお腹を空かせた野球部員に、タイミングよくカツカレーを出せるかどうか」とも言っている。


「これこそが、ブレイクの境目です」と言っている。

 

「おニャン子のときは『素人』に、AKBのときは『成長』するアイドルにシンパシーを感じることが、大衆の『お腹具合』だったのだと思います」とのこと。

 

 

欅坂46は、人気があるけど、今の曲の感じで続くと人気が上がるかもしれないけど、閉塞感が出やすいような気もする。ファン的にも「もうお腹いっぱい」ということになるかも。

 

 

乃木坂46や欅坂46は、贅沢な外国料理かもしれない。乃木坂46はフランスを意識していると思うし。欅坂46はイギリスを意識しているのかもしれないけど、ドイツも意識しているのかもしれない。

 

けやき坂46は、カツカレー。庶民派の料理という感じだろうか。

 

AKB48も、カツカレーだと思う。

 

そういう意味では、けやき坂46にもチャンスがあるのかもしれない。

 

 

けやき坂46のライバルは、欅坂46ではない。

 

けやき坂46の間接的なライバルは、乃木坂46の3期生や乃木坂46のアンダーだと思う。乃木坂46のアンダーには人気的には勝てるような気もする。

 

それから、NGT48やSTU48はライバルかもしれない。STU48は指原さんがいるし、予想以上に展開が速いと思った。

 

あと、AKB48のチーム8とは曲的には被るものがあるかも。でも、けやき坂46の方が初期のAKB48にあったグロさがある。

 

 

けやき坂46は、初期のAKB48にあったグロさがあると思うけど、AKB48とは違うのはソニーのセンスと知性があることだろうか。

 

 

AKB48は、かつて存在したソニー・ミュージックレーベルズ「デフスターレコーズ」に所属していた。

 

秋元氏の斬新なアイデアとスピード感に、ソニー側がついていけなかったらしい。

 

ソニーミュージックの担当者が「やっぱり逃した魚は大きかったですよ」と語っている。

 

 

けやき坂46は、夏に新メンバーのオーディションがある。このオーディションも仕掛けはあるのだろうか。

 

展開が速いと思う。混乱もあると思う。

 

新メンバーはレッスンなどがあると思うから、合流は乃木坂46の3期生を参考にすると、早くても今年の秋の終わりかも。だから、6枚目シングルには間に合わないような気もする。

 

けやき坂46のZeppライブは、2ヶ月に1回のペースなら来年の春には終わると思う。新メンバーの本格的な合流はその頃かもしれないので、7枚目シングルから、新けやき坂46の体制になるのだろうか。

 

欅坂46は、今泉さんの体調不良の関係で今年は選抜関係は大きく動かせないと思うし、来年も難しいような気もする。

 

 

個人的には、けやき坂46は面白いなあと思う。「アンダーグループ」だし。まさにグループが坂道を上る感じがある。