読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

けやき坂46の新しいひらがなメンバーは、厳選すべきなのだろうか

けやき坂46の新しいひらがなメンバーは、厳選すべきなのだろうか。

 

まあ、オーディションがどうなるのかわからない。

 

今のけやき坂46のメンバーは、12人。兼任の長濱さん。

 

AKB48を意識している場合は、新メンバーは4~5人かも。そうなると欅坂46と差別化しやすいかも。でも、この場合は売上につながるか疑問もある。

 

欅坂46を意識している場合は、新メンバーは10人前後。この場合は人数が多いけど、欅坂46の「アンダーグループ」という感じになるかも。それでも、人気が出るのは今の秋元グループの新人を見ていると、1~2人くらいだと思う。

 

あるいは新メンバーは15人以上の可能性もあるかも。この場合は新メンバーは研究生的な扱いになるかも。バックダンサー。

 

メンバーが増えるということは、コストも上がると思うけど。

 

 

運営は、乃木坂46をライバル視しているのだろうか。欅坂46は乃木坂46にはかなりお世話になっていると思うけど、ややこしいことがあるのだろうか。

 

欅坂46は、21人で人数が多いという意見もあるけど、乃木坂46も現在は21人選抜。

 

今のAKB48は、総選挙シングル曲以外は、人数が多い。

 

欅坂46は、人数が多くて「平手さんとその他いろいろ」のイメージがあるから、きついところがある。

 

 

 

乃木坂46は、「乃木坂46の世代交代」があると思うので、大変だと思う。3期生のゴリ推しもそういうことかも。

 

「アイドルの世代交代の挑戦」は、難しいと思う。

 

けやき坂46は、乃木坂46の3期生の間接的なライバルという感じもする。

 

ソニーは、欅坂46の方が力が入っているような気もするし、コントロールもしやすいのかもしれない。

 

秋元氏も欅坂46に力が入っている。

 

秋元氏は、「けやき坂46」のことをどう思っているのかはわからない。

 

 

けやき坂46のメンバーの人数が増えるけど、単なる握手要員なのか疑問がある。新メンバーでも握手人気が上がらないような人も何人かいると思うし。

 

まあ、あくまで「けやき坂46」は、「ひらがなけやき」で、「アンダーグループ」だと思う。

 

 

「鳥居坂46」から、「欅坂46」に変わったのは意味があるかも。

 

「とりい坂46(ひらがなとりい)」が変な感じがする。

 

欅坂46の2期生ではなく、欅坂46の「アンダーグループ」の「けやき坂46(ひらがなけやき)」の結成。

 

 

ソニーミュージックは、「ひらがなけやき」と同じ時期に「カタカナけやき」も商標登録している。

 

「けやかけ」のMCの土田さんたちのユニットは、「ケヤキ坂46(カタカナケヤキ)」。

 

「カタカナケヤキ」と「カタカナけやき」は違うと思う。

 

「カタカナ『けやき』」なので、ある意味では「けやき坂46」。

 

けやき坂46は、けやき坂46(ひらがなけやき)とけやき坂46(カタカナけやき)という感じもあるかも。

 

「ひらがなけやき」のポーズは、あえてカタカナで「ヒ」を作る。

 

 

ソニーのSDの育成システムは、「複雑で難解」。

 

「欅」の字は、「複雑で難解」。

 

「アンダーグループ」の「けやき坂46」は、「ひらがなけやき」で、「欅坂46のメンバー」で、「複雑で難解」。

 

 

けやき坂46は、「エンターテインメント集団」を目指すらしい。

 

ソニーは、「エンタメ事業」の中核として、坂道46グループの「発展」に未来をかけているらしい。