読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

けやき坂46(ひらがなけやき)は、ソニー系「ネオ・AKB48」なのだろうか

けやき坂46(ひらがなけやき)は、ソニー系の「ネオ・AKB48」なのだろうか。

 

けやき坂46(ひらがなけやき)は、欅坂46の「アンダーグループ」としてGWのSR配信のオーディションを行っているし、運営も「別グループ」として活動していくと言っているようだ。

 

ひらがなメンバーの年齢とキャリア構成から、意図的なものはあるのだろうかと思うことがあった。これはGWのSR配信の時から思っていたけど。

 

 

欅坂46(鳥居坂46)の結成時の人数は、握手アイドルとしては少ないと思った。

 

兼任の長濱さんの加入も特別扱いで、ああいうやり方で売り出せば、必要以上に人気も上がると思うけど。もちろん、キャラやルックスとかもあるけど、それだけではないと思う。

 

 

けやき坂46(ひらがなけやき)は、センターが長濱さんなら、5枚目シングルの曲も「ゆるい曲」だと思う。夏に発売されると思うので、「爽やかな曲」かも。

 

 

最近の秋元氏の作詞や選曲は、ある程度偏る傾向があるような気もする。

 

作詞、タイトル、選曲、アレンジなど。

 

「不協和音」に、「青春時計」。

 

打ち込み系や、ラップ風ボーカルなど。

 

 

長濱さんは、歌もダンスも微妙なところがある。

 

長濱さんは、「優等生風ゆるキャラ」だし、秋元氏のひらがなの選曲と作詞のイメージの中心にあるのは、長濱さんだと思う。

 

平手さんと比較する意味では、長濱さんが良いのかもしれないけど、兼任なので、なんともいえない部分がある。

 

 

まあ、ひらがな追加メンバーに秋元氏にハマりそうな人がいれば、話は別だと思う。

 

ただ、その人が人気が出るのかは、わからない。

 

 

あくまで、「アンダーグループ」だと思う。

 

 

5枚目シングルのけやき坂46の曲は、12人だと思うし、曲調で今後の方向性もわかるかもしれない。

 

まあ、新メンバーが入ると変わるのかもしれないけど。

 

 

今のひらがなメンバーは、「コンビ売り」も結構やっているからなあ。加藤さんと佐々木久美さんとか。

 

佐々木久美さんはリーダーポジションだし、それは新メンバーが入っても変わらないと思う。まあ、新メンバー次第ではグループをまとめるのが大変だと思うけど。

 

加藤さんは、問題がなければ、ひらがな新メンバーに人気で負けることはないと思う。

 

齊藤さんは、漢字欅メンバーとのつながりもあるし、「ラーメン部」もあるし、人気も実力もあるので、やっぱり「ひらがなの総監督」でおいしいポジション。たぶん、けやき坂46の第2章の展開では一番チャンスがあると思う。

 

井口さんは、たぶん新メンバーの影響を受けることはないと思う。握手人気やポジション云々もほとんど関係がない。だから、重要。

 

 

個人的には、けやき坂46は「アンダーグループ」として、乃木坂46や欅坂46ではできないことをやってほしいなあと思うことがある。

 

曲も、今の乃木坂46や欅坂46ではできないことができると思う。「アンダーグループ」なので。

 

そういう意味では、兼任の長濱さんをセンターから外すこともアリだと思うけど、秋元氏がどう思っているのかわからない。

 

しばらくは、長濱さんがセンターだと思うし、今のけやき坂46は兼任の長濱さんの力がないとやっていけないと思う。

 

メンバーのキャラやグループや曲の雰囲気から、「AKB48風」という感じもする。

 

そういう意味では、良いメンバーが揃っていると思う。

 

 

個人的には、「アンダーグループ」の「けやき坂46」で「革命」を起こしたいなら、齊藤京子さんをセンターにした方がいいと思う。

 

齊藤さんは、「ぶっこみ役」なので、あくまで「突破口を開く」感じかもしれないけど。

 

もちろん、そのタイミングは今ではないし、少し先の話だと思う。

 

やっぱり、「アンダーグループ」は、じわじわやらないと。

 

齊藤京子さんが「けやき坂46」のセンターなら、曲とMVとステマ次第で、一発当たる可能性がある。声とキャラとダンスに特徴があるので。

 

そして、「2弾仕込み」で、もう一発当てる必要があると思う。これが「革命」になるかも。

 

その時のセンターを誰が担当するかは大事だと思う。

 

 

AKB48は、「ヘビーローテーション」と「恋するフォーチュンクッキー」で、当てた。

 

「ヘビーローテーション」は、ヒットしたけど、MVはグロいし、曲や詞も変な感じもする。ただ、「ヘビロテ」なので、「中毒性」があると思う。

 

 「恋するフォーチュンクッキー」は、指原さんも最初は微妙だと思ったらしいし、ゆるい曲だと思う。でも、わかりやすいから、子ども受けした部分があると思う。

 

 

けやき坂46は、「変なダサい曲」が来れば、チャンスだと思う。話題にならないと話にならない。

 

 

けやき坂46(ひらがなけやき)は、「アンダーグループ」なので、ソニー系の最先端の「ネオ・AKB48」なのかもしれない。

 

 

けやき坂46は、次世代の「ネオ・AKB48」のメンバーがいる。

 

 

秋元氏が、今のAKB48では、できないことをやる可能性もあると思う。

 

 

まあ、プランの変更もあると思うけど。