グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

けやき坂46(ひらがなけやき)は、「個性」を大事にしているのだろうか

けやき坂46(ひらがなけやき)は、「個性」を大事にしているのだろうか。

 

けやき坂46(ひらがなけやき)

井口眞緒、潮紗理菜、柿崎芽実、影山優佳、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、佐々木美玲、高瀬愛奈、高本彩花、長濱ねる、東村芽依

 

けやき坂46(ひらがなけやき)は、欅坂46の「アンダーグループ」。

 

欅坂46は、今は勢いと人気があるけど、メンバーの体調不良などが気になることもある。

 

欅坂46は、恵まれているのに、メンバーの一部の精神状態は良くないと思う。

 

欅坂46は、「性格」を大事にしているらしい。

 

 

けやき坂46は、「個性」を大事にしているところがあるのかもしれない。

 

「アンダーグループ」は、ユニークで新しいチャレンジをしている部分があると思う。

 

創業期のソニーは、ユニークで新しいチャレンジをしていたと思う。

 

創業期のソニーは、「燃える集団」だったと思う。そして、「運」がよかった。

 

 

運が良くなるという現象を起こすためには、どういうマネジメントが必要なのだろうか。

 

「CD」を開発した元ソニーの上席役員の「天外伺朗」氏は、「楽しくないとクリエイティブな仕事はできない」と言っている。

 

まあ、「楽しく、夢中になって何かをやる」と運が良くなるのかもしれない。

 

 

ソニーの設立趣意書には、「一、真面目ナル技術者ノ技能ヲ最高度ニ発揮セシムベキ自由闊達ニシテ愉快ナル理想工場の建設」と書いてあるようだ。

 

 

握手人気も大事だけど、その握手人気だけの成果主義では、グループはおかしくなってしまう点があると思う。

 

 

ひらがなメンバーは増員が決まったけど、「けやき坂46の1期生」は有利な部分があると思う。

 

ひらがなでも、握手人気の差があるけど、「アンダーグループ」だし、一芸を持っているメンバーが多いので、救いがある部分もあると思う。それに学業と両立しやすい部分がある。

 

育成面でも、チャンスが少ないから、そこにエネルギーを貯めて、一発ぶつけることができる。そこが漢字欅メンバーや乃木坂3期生と違って有利な面がある。ひらがなメンバーには良いメンバーが結構いる。

 

今後、「KEYABINGO!」への出演のチャンスもあると思う。

 

 

けやき坂46(ひらがなけやき)は、欅坂46の「アンダーグループ」なので、欅坂46を「下」から支えないといけない部分があると思う。

 

 

けやき坂46は、「エンターテインメント集団」を目指すらしいけど、「エンターテインメント」は、「楽しみ、気分転換、気晴らし、遊び、息抜き」などの意味があるようだ。

 

「けやき坂46」は、欅坂46の「アンダーグループ」なので、欅坂46のファンにとっては「楽しみ、気分転換、気晴らし、遊び、息抜き」的な要素があるのかもしれない。

 

 

でも、けやき坂46の1期生は、セミプロが多いし、ネタをマジでやっていると思う。

 

 

「エンターテインメント」とは、何なのかということも考える必要があるかも。

 

 

ソニーは、「総合エンターテインメント企業」だと思う。

 

ソニーのコンセプトが、最先端の「アート(芸術)」と「ヒューマン・サイエンス(人間科学)の融合。

 

 

ZeppTokyoワンマンライブのセットリストの中には、JACKSON5のカバーで「ABC」があった。「英語」。これは「意外性」かも。そして「ABC」だから「わかりやすい」。

 

JACKSON5といえば、マイケル・ジャクソン。

 

ギネスワールドレコーズには、マイケル・ジャクソンが、「人類史上最も成功したエンターテイナー」として登録されている。

 

「エンターテインメント」とは、特に「演者の技能」を鑑賞することを主体とした「見せ物、出し物、余興」などを指す。

 

 

「SHOWROOM」というのは、「見せ物」感が強いと思った。

 

そのSHOWROOMで、秋元グループでは最初に個人配信のオーディションを行ったのは、「ひらがなけやき」のメンバー。

 

 

「アンダーグループ」の「けやき坂46」の「革命」には、期待したいなあと思うことがある。

 

 

けやき坂46の『誰よりも高く跳べ!』は、あの「国民的アイドルグループだったSMAP」の曲みたいな感じがあるという意見もある。

 

これは、本当にすごいことだと思うけど。

 

 

齊藤京子さんは、次世代の「変幻自在のエンターテイナー」だから、そのあたりのことは、よくわかっているよなあ。レベルが違うし、尊敬してしまう。

 

 

www.keyakizaka46.com

 

 

www.keyakizaka46.com

 

 

 

料理ネタは、アイドルの基本ネタかもしれないけど。

 

高本さんの場合は、中途半端で、すぐに飽きそう。

 

 

www.keyakizaka46.com