読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

けやき坂46(ひらがなけやき)は、「戦うアイドルグループ」なのだろうか。

けやき坂46(ひらがなけやき)は、「戦うアイドルグループ」なのだろうか。

 

欅坂46は、平手さんのイメージやカリスマ性や曲の感じから、「革命」とか「反体制アイドルグループ」とか言われてることもある。

 

格好良い路線かも。 

 

だから「戦うアイドルグループ」というイメージもあるかも。

 

ゴリ推しがきついから、ある意味では戦っているのかもしれないけど。大変な部分がたくさんあると思う。

 

 

でも、欅坂46の「アンダーグループ」の「けやき坂46(ひらがなけやき)」は、もっとすごい「戦うアイドルグループ」だと思うけど。

 

「アンダーグループ」だから、カップリング曲。

 

表題曲の欅坂46とは、コンセプトや路線が違うから、MVの再生回数も全然レベルが違うし、はっきり言って、かなり微妙。

 

ゆるいし、ダサい曲。ネタキャラ路線。まさに秋元グループの企画モノの王道路線。

 

 

漢字欅メンバーは全体的に推されているし、人気も勢いもあるし、人気メンバーと利権メンバーが多すぎて、ひらがなメンバーはチャンスが少ない。

 

しかも、後輩の乃木坂3期生は超ゴリ推し。

 

その状況で、ひらがなメンバーは増員される。

 

坂道46グループの一部のファンから、「ブス集団」とか「いらない」とか「かわいそう」とかボロクソに言われている。

 

ひらがなは、GWのSR配信オーディションの時から、一部のメンバーを除いて、賛否両論で批判が多かった。

 

グループの構造やシステム的に、八方ふさがりで、絶望的な状況かもしれない。

 

 

こんな展開、秋元グループでは初めて見た。

 

 

ソニーのSDの育成システムとオーディションは、「複雑で難解」。

 

 

これは、もう「アンダーグループ」は、「戦い」だと思うけど。

 

戦いで、一番で重要なのは、やっぱり「運」になると思う。

 

 

ひらがなのGWのSR配信オーディションは、「残酷ゲーム」の「サバイバルモード」だった。

 

特に、齊藤さん(1位)、高本さん(2位)、井口さん(3位)は、「死ぬ気で努力していた」。

 

けやき坂46(ひらがなけやき)は、「アンダーグループ」だから「闇」で「悪役」だと思う。曲はゆるいけど、賛否両論で批判も多い。

 

 

ソニーは「運」の研究もしているようだ。

 

高本さんは、「運」を引き寄せるのが上手いところがある。それにはコツがあると思う。

 

高本さんは、不運な時や幸運な時に、どのような心構えや姿勢で、仕事や生活に取り組めば良いのかを教えてくれる部分がある。

 

 

まあ、高本さんは「一般人キャラ」だと思う。まさに「サイレントマジョリティー」。

 

しかも、高本さんはGWのSR配信では、チヤホヤされて浮かれて「サイレントマジョリティー」を「適当」に歌って視聴者に怒られていた。

 

 

欅坂46のセンターの平手さんはカリスマ性のある「主役キャラ」。

 

「けやかけ」のMCの土田さんが好きな機動戦士ガンダムで考えると、「ガンダムのパイロット」だと思う。

 

平手さん(「てち」)は、まさに「ニュータイプ」だと思う。

 

 

高本さん(「てけ」)は、「何も持っていない一般人」で、「アンダーグループ」のメンバーだから、「悪役」の「ザクのパイロット」かも。

 

普通に考えたら、一般人キャラの量産型のザクが、主人公キャラのガンダムに勝てるはずがない。

 

でも、高本さんは、一般人のザクなのに、たまに尋常じゃない力を発揮するところがある。

 

「ゲリラ戦法」で、マジのガチで「死ぬ気で戦う」から。

 

そして、一時的だけど、ガンダムと互角に戦えるところがある。

 

まあ、勝てないけど。

 

でも、なぜか生き残ることができるタイプだと思う。

 

 

やっぱり、圧倒的な努力と工夫と熱意と、「運」だと思う。

 

その「運」が驚異的な部分がある。

 

高本さんは、「運」の力の上げ方を知っている。

 

 

だから、個人的にはかなり興味がある。

 

 

欅坂46の4枚目シングル『不協和音』のセンターは平手さん。もちろん主役。

 

 けやき坂46の『僕たちは付き合っている』のMVでは、高本さんはセンターではなかったけど、主人公キャラ。

 

「誰よりも高く跳べ!」のMVでも弓道でソロカットで超優遇。

 

これがポイントだろうなあ。

 

「アンダーグループ」だから、「ステマ推し」はあるかも。

 

 

高本さんは、4thシングルの握手会で「いよいよ、始まったなって感じです」と言っている。

 

やっぱり、高本さんは4枚目シングルで「覚醒」したなあと思った。

 

これは、ヤバいくらいに、熱すぎる。

 

勝ち目ほぼゼロの「最高の負け戦」だと思うけど。

 

 

けやき坂46(ひらがなけやき)は、「アンダーグループ」として、生き残るためには戦うしかない。

 

やっぱり、戦場で生き残るために一番大事なのは、「運」だと思う。

 

そして、その「運」を上げる方法は、世界のソニーグループは知っていると思う。

 

 

 

www.keyakizaka46.com