読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

けやき坂46(ひらがなけやき)の「物語」について

けやき坂46(ひらがなけやき)の「物語」について思うことがあった。

 

けやき坂46(ひらがなけやき)

井口眞緒、潮紗理菜、柿崎芽実、影山優佳、加藤史帆、齊藤京子、 佐々木久美、佐々木美玲、高瀬愛奈、高本彩花、長濱ねる、東村芽依

 

アイドルは、フィクションだと思う。

 

けやき坂46(ひらがなけやき)は、人気のある欅坂46の「アンダーグループ」。

 

世界のソニーのSDグループのオーディションと育成システムは、「複雑で難解」と言われている。

 

 

兼任の長濱さんは、人気があるけど、中途半端な立ち位置だと思う。負担も大きい。

 

けやき坂46(ひらがなけやき)は、グループとしても「アンダーグループ」で、中途半端な立ち位置だと思う。

 

 

欅坂46は、運営が「革命は宿命」と言っている。そういうテーマがあるのだろうか。

 

けやき坂46(ひらがなけやき)は、欅坂46の「アンダーグループ」として、「握手要員」として、「使い捨てられる運命」なのかもしれない。

 

ひらがなは、GWのSR配信オーディションから、賛否両論の「残酷ゲーム」だった。

 

合格後も、「試練」だらけ。

 

ひらがなは、ファンからも舐められている部分がある。

 

今のひらがなけやきは、「四面楚歌」という感じかも。

 

 

しかも、後輩の乃木坂3期生は、ゴリ推し。

 

 

「ひらがなけやき」は、「何のために、存在しているのだろうか?」。

 

ひらがなメンバーの一部が人気が出ても、漢字欅メンバーのことを考えると、危険なだけだと思う。

 

「アンダーグループ」の「ひらがなけやき」は、坂道46グループで最下層集団で、居場所なんかはあるのだろうか。

 

グループの構造的には絶望的なのに、そこに「夢」を見ることはできるのだろうか。

 

 

でも、「ひらがなけやき」も「けやき坂46」であって、「欅坂46」のメンバー。「複雑で難解」な部分がある。

 

ひらがなけやきは、絶望的な状況だけど、AKB48の若手メンバーよりも恵まれている部分がある。

 

それに育成システム的には、漢字欅メンバーや乃木坂3期生よりも、有利な部分もある。

 

 

 

現在の「ひらがなけやき」は、人気的には兼任の長濱さんと、エースの加藤さんと齊藤さんがメインなのかもしれない。

 

兼任の長濱さんは「けやき坂46」のセンターだけど、「サポート役」だと思うけど。優等生風ゆるキャラだし。

 

「けやき坂46」のエースの加藤さんと齊藤さんは、キャラが強すぎる部分がある。

 

ひらがなメンバー増員で、齊藤さんにはチャンスが拡大した部分があると思うけど。もうわかっていると思うけど。

 

「けやき坂46」のリーダーポジションの佐々木久美さん。

 

それから、「けやき坂46」のジョーカーポジションの井口さん。握手人気ではわからない人気が確実にある。SR配信3位なので、能力と覚悟がある。

 

ライブも含めると、「ひらがなけやき」のセンター経験者は、柿崎さんと影山さんか。

 

 

今までの動きを見ているけど、やっぱり「けやき坂46」には「隠れた主人公」がいる。

 

まあ、別にセンターとかそういう話でもないけど。

 

まあ、上手く行かなくても、たいして問題がないメンバーかも。「アンダーグループ」なので。

 

秋元グループでは、基本中の基本の「握手要員」で「ブログネタ職人」。

 

ガチ中のガチの「死ぬ気で努力する」タイプの「運が良い普通の素人風メンバー」。

 

 

「裏切られて、利用されて、終わるだけかもしれない」。

 

「人は、変われるのだろうか」。

 

欅坂46は、「性格」を大事にしていると言われている。

 

やっぱり、「信じること」が大切なのかも。

 

秋元グループは、「神」とか「運」が大事みたいだから。

 

「努力をすれば、報われる」と「信じるものは、救われる」か。

 

 

まあ、秋元氏の作詞と選曲とMV次第だと思うけど。だから、「運」。

 

その「運」は、メンバー次第だと思う。

 

ソニーだから恵まれている部分がある。

 

 

「革命」の「可能性はある」と思うけど。

 

 

www.keyakizaka46.com