グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

秋元康氏が、「欅はファンに一体感があるのにAKBはない」と発言

秋元康氏が、「欅はファンに一体感があるのにAKBはない」と言っているらしい。

 

やっぱり、「一体感」が大事なのかも。

 

欅坂46は、比較的「サプライズ」が少なく、「過剰競争をしていない」からだと思うけど。

 

今のAKB48は、卒業生が増えているし、妹グループも増えている。

 

AKB48はチーム感が薄いし、グループに対する意識を若いメンバーに持てと言っても、難しいと思う。

 

AKB48Gは、「大組閣」や「謎の人選」をするから、変なことになっている部分があると思うけど。

 

総選挙で一発逆転みたいな感じも、まだあるみたいだし。

 

 

まあ、「ひらがなけやき」はチャンスがあると思う。今のメンバーには、意外性とキャラの濃さがあるから。

 

「アンダーグループ」は、秋元グループでは「新しい概念」だから。

 

それに、欅坂46が今のままで順調に行くとは思えない。人気は今後も出ると思うけど、マンネリ感も出てくると思うけど。体調不良者や学業による卒業もあると思うし。

 

 

秋元氏は、「新しいもの」や「ダサいもの」や「意外性」や「普通の素人」や「一体感」や「リアル感」が好きだからなあ。

 

「ひらがなけやき」には、「エンタメ集団」としては良いメンバーが揃っているからなあ。

 

だから、ひらがなメンバーには、努力と結果と運次第では、「革命」が起こせる部分がある。「アンダーグループ」として。

 

 

漢字欅メンバーと乃木坂3期生はゴリ推しで、ひらがなメンバーはチャンスはあんまりないし、ファンからも「ブス集団」とか「かわいそう」とか「いらない」とかボロクソに言われている。「試練系のサプライズ」もあるし。

 

秋元氏は、「AKB48は素人集団で、バラバラだからいい、皆が同じだったらつまらない」と言っていた。

 

けやき坂46の1期生は、一芸持っているセミプロエンタメネタキャラ集団。個性はバラバラだけど、「意外性」と「中毒性」と「一体感」がある。そして、絶妙にダサい。

 

AKB48とは違うのは、ソニーのセンスと知性がある。制作面での意識が違うと思う。

 

それに、けやき坂46のメンバーには、秋元氏が大好きな「運の良さとリアル感と一体感のある普通の素人」がいる。

 

 

けやき坂46は、最先端のアイドルグループだと思う。

 

AKB48は、昔は「地下アイドル」だった。

 

けやき坂46は、欅坂46の「アンダーグループ」。欅坂46とは、違うグループ。

 

 

追加メンバーも入るので、もう「けやき坂46の第2章」が始まる。展開が速すぎる。フラグ立ちすぎだし。

 

まあ、これはソニーも意図的にやっている部分もあるだろうなあ。フリーの部分もあると思うけど。

 

 

けやき坂46が、グループとして結果を出したら、秋元氏は「ひらがなけやきは、アンダーグループで新しいから、面白い」って、言うかも。