グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

けやき坂46(ひらがなけやき)の「第2章」の話など

けやき坂46(ひらがなけやき)は、「第2章」はどうなるのだろうか。

 

けやき坂46(ひらがなけやき)

井口眞緒、潮紗理菜、柿崎芽実、影山優佳、加藤史帆、齊藤京子、 佐々木久美、佐々木美玲、高瀬愛奈、高本彩花、長濱ねる、東村芽依

 

けやき坂46(ひらがなけやき)は、欅坂46の「アンダーグループ」。

 

運営は、けやき坂46は、「別のグループとして活動していくという位置付け」と言っている。

 

欅坂46のメンバーで、学業の関係などでメンバーがメディアや全握に欠席しても、欅坂46の「アンダー」にひらがなメンバーが入ることは、今のところは兼任の長濱さん以外はなかったと思う。

 

ひらがなメンバーも学業もあると思うし、ダンスの能力的に、欅坂46の「アンダー」は難しいかも。

 

 

欅坂46は21人選抜だけど、人数が多いし、「平手さんとその他いろいろ」というイメージが強いから1人くらいいなくても、あんまり変わらないと思う。

 

だから、「アンダー」は必要ないということかも。

 

21人選抜が20人選抜になっても、そこまで変わらないし、世間的にはわからない。

 

まあ、ファンやメンバーの中にはいろいろとあると思うけど。

 

 

けやき坂46は、12人しかいないし、兼任の長濱さんもいるので、体調不良や学業などの関係でメンバーに欠員が出た場合は、結構まずい感じになるかも。

 

だから、今回ひらがなメンバーを増員するのかも。

 

 

一般的には、「欅坂46」と「けやき坂46」で、混乱する部分がある。

 

秋元グループは、世間を数で「混乱」させるのが好きな部分があるし、ソニーもそういう「混乱」が好きな部分があるようだ。

 

「カオス」か。まさに「神」だよなあ。

 

まあ、それもエンタメの基本なのかも。批判はかなり多いけど。

 

 

欅坂46は、平手さんのカリスマ性と格好良い曲があるけど、一般的には「欅」という漢字はわかりづらい。「欅坂46」のイメージ的な弱点かも。

  

「けやき坂46」は、「わかりやすい」。ひらがなは、なんかダサい。

 

 

漢字欅メンバーの2期生募集があっても、大変だと思う。

 

漢字欅メンバーの人気メンバーと利権メンバーは、もう多すぎる。

 

 

乃木坂46だって、2期生は相当苦労しているし、48000人以上から選ばれた3期生だって人気が出そうなメンバーは限られているし。

 

 

坂道46グループの構造的には、こんな感じかも。

 

乃木坂46の選抜メンバー(センター、フロント、福神、3列目)

 

乃木坂46のアンダー(アンダーセンター、その他)

 

欅坂46(平手さん、その他)

 

けやき坂46(兼任の長濱さん、フロント、その他)

 

 

46グループのメンバー構成は、アイコンメンバー、モデルメンバー、演技系メンバー、ラジオメンバー、バラエティメンバーという感じだろうか。あとは独自路線メンバーかなあ。

 

 

「けやき坂46の1期生」は、おいしい部分もあると思う。ひらがなメンバーの中でソロ活動として、モデル、演技、ラジオ、バラエティはあるかも。

 

「アンダーグループ」だから、独自路線になると思う。

 

乃木坂46の「アンダー」も、舞台やラジオやバラエティに出ているメンバーもいる。

 

まあ、ひらがな追加メンバーは、1~2人以外は「無理ゲー」だと思うけど。

 

グラビアなどのメディア仕事も、ひらがなの人気メンバーの方が、漢字欅の人気が微妙なメンバーよりも有利な面がある。

 

 

ひらがなメンバーが、漢字欅メンバーになってしまうと「大事な個性」が消えてしまう可能性がある。

 

漢字欅メンバーで卒業生が何人か出ないと、ひらがなメンバーの漢字欅行きはないと思う。

 

年齢や学業もあるので、やっぱり厳しいなあと思う。

 

 

ひらがなメンバーはセミプロや頭の良い人が多いので、その辺の仕組みはわかっていると思うけど。それなりに役割やポジションがあると思う。

 

まあ、ひらがなメンバーに、ガチ中のガチの「普通の素人風メンバー」もいるけど。

 

ひらがなは、不遇育成システムで、飴と鞭のスパルタ育成かも。

 

欅坂46は、「性格」を大事にしているらしいし。

 

まあ、メンバーは大変だよなあ。

 

 

秋元氏は、AKB48時代の指原さんのことを「本当に何をやらせて、ダメだし、つまらないんですよ」と言っていたと思う。秋元氏は、指原さんを放送作家にしたかったらしい。

 

昔の指原さんは早口でよく噛むから、何を言っているのかよくわからなかったし、すぐに泣くし、トークもつまらなかったけど、センスとブログだけは面白かったし、AKB48のコンセプトのど真ん中にいる人だと思った。

 

そして、初期の頃から妙な推され方をしていたし、人気もそこそこあった。歌もダンスも身長も顔も普通。それに「運」が良い。

 


ひらがなメンバーに、ガチ中のガチの「普通の素人風メンバー」がいる。

 

この人は本当に何にもできないし、つまらないけど、最近は妙に推されているので、人気はまあまあ。歌もダンスも身長も顔も普通。

 

ブログは誤字脱字だらけで、やたら長文なことが多い。SRではマシンガントークだった。なぜか「運」が良い。

 

ドヤ顔でつまらない自慢話をするのが好きで、「フードファイターになりたい」とか「デコも肩も出してるよ」というひどいギャグとか「最先端の握手」とか意味不明なことばかり言っている。

 

「感化」されやすいので、人のネタを平気で適当にパクるところもある。

 

チヤホヤすると、すぐに浮かれて、失敗ばかりするけど、「死ぬ気で努力する」と言っていた。

 

AKB48が大好きで、「サプライズ」が好きで、「最先端の握手」で、ひらがなのポジションや序列の「予定調和を壊す」からなあ。

 

「何も持っていない一般人」なのに、尋常じゃないしつこさがある。得意技の「爆レス」はいつも同じパターン。

 

別にセンタータイプとかそういう話ではない。

 

ひらがな独立でシングルデビューでもないと思う。

 

漢字欅メンバー行きでもない。

 

あくまで「アンダーグループ」の「ひらがな要員」。

 

 

ソニーのSDのオーディションと育成システムは、「複雑で難解」と言われている。

 

「欅」の字は、「複雑で難解」で、21画で「最強の運」を持っているらしい。 

 

「鳥居坂46」や「欅坂46」は、「神」を意識している部分があると思う。

 

秋元グループは、「神」とか「運」が好きだからなあ。

 

 

世界のソニーは、坂道46グループを「エンタメ事業」の中核として考えているらしい。

 

けやき坂46は、「エンターテインメント集団」を目指すらしい。

 

世界のソニーは、坂道46グループの「発展」に未来をかけているらしい。

 

 

www.keyakizaka46.com

 

 

「けやき坂46の第2章」は、たぶんこの人の人気と努力と運次第と思う。

 

実際に偶然とは言っても、絶妙な感じで人気が上がるように「ステマ推し」されている。期待されている部分はあるのかも。

 

 

 運営は、「革命は宿命」と言っているようだ。

 

けやき坂46は「アンダーグループ」として、「予定調和」を滅茶苦茶に破壊してほしい。