読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

けやき坂46 『僕たちは付き合っている』Short Ver.の再生回数について

けやき坂46 『僕たちは付き合っている』Short Ver.の再生回数について思うことがあった。

 

けやき坂46(ひらがなけやき)

井口眞緒、潮紗理菜、柿崎芽実、影山優佳、加藤史帆、齊藤京子、 佐々木久美、佐々木美玲、高瀬愛奈、高本彩花、長濱ねる、東村芽依

 

ひらがなは、メンバー増員とかいろいろあって、「かわいそう」とか「いらない」とか賛否両論でボロクソに言われて大変なことになっている。

 

「アンダーグループ」は、なかなか厳しいなあ。

 

でも、けやき坂46 『僕たちは付き合っている』Short Ver.の再生回数は、ドラマMVで不利な状況なのに、実はすでに結果を出している。

 

もちろん、欅坂46の人気や勢いや兼任の長濱さんの力もあると思う。でも、それだけではないと思う。

 

「アンダーグループ」のけやき坂46の 『僕たちは付き合っている』Short Ver.の再生回数は、乃木坂46の「アンダー」の『風船は生きている』Short Verの再生回数にすでに勝っている。

 

しかも、欅坂46の「ゆいちゃんず」の 『チューニング』Short Ver.の再生回数にもすでに勝っている。いくら人数が違うと言っても、今泉さんと小林さんのユニットに勝つのはすごいことだと思う。

 

 

今後、乃木坂46の3期生の「三番目の風」のMVの再生回数や、NGT48のデビューシングル「青春時計」のカップリング曲のMVの再生回数と比較すると面白いかも。

 

 

けやき坂46 『誰よりも高く跳べ!』のMVのShort Ver.の再生回数は、実は革命的な結果を出している。

 

 

greennoaoffice.hatenablog.com

 

 

高本さんは、先日のライブで「動画」の必要性を言っていたけど、「アンダーグループ」のけやき坂46は、じわじわと結果を出している。

 

けやき坂46は、「アンダーグループ」だけど、「個性」があるから、「中毒性」と「意外性」がある。そこにはソニーの知性とセンスが注入されているから、AKB48Gとは違う。

 

それに、けやき坂46には、構造的に作られた不遇システムによる「異常な必死さ」がある。はっきり言って、普通じゃないし、ヤバいものがある。

 

 

けやき坂46は、秋元グループの企画モノアイドルとしては、ダサいけど、最先端だと思う。秋元グループって、キャラが大事だからなあ。

 

けやき坂46は、アンダーグループで最先端すぎて、秋元グループの中では賛否両論だけど、秋元グループってそもそも賛否両論だからなあ。

 

秋元氏は、「みんなバラバラでいいんだ」と言っているし、「エンタメの基本は意外性」と言っている。

 

秋元氏は、「リアルな普通の素人キャラ」が好きだからなあ。

 

秋元氏は、「運」が良い人が好きだからなあ。

 

ソニーは、「運」の研究もしているからなあ。

 

人気と勢いがある欅坂46の「裏側に存在するアンダーグループのけやき坂46」は、やっぱり面白いなあ。

 

けやき坂46 『僕たちは付き合っている』のMVの最初のシーンだって、ダメダメ感があるし。

 

 

youtu.be