グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

けやき坂46(ひらがなけやき)の高本彩花さんの公式ブログの感想など

けやき坂46(ひらがなけやき)の高本彩花さんの公式ブログを見た。

 

高本さんのブログ、超長いなあ。

 

「動画」で動いている姿を見せたいのか。

 

「動画」か。

 

確かに動画再生回数は大事だと思う。

 

まあ、SR配信もやりたいのかも。

 

高本さんはSRの個人配信で能力を発揮するタイプだからなあ。

 

 

あるいは、youtubeやLINE LIVEやニコ生か。

 

地上波のテレビは、「アンダーグループ」だから簡単には出れない。

 

 

高本さんは「ブログ」と「握手会」と「ライブ」しかないと言っているけど、グラビアもあると思うけど。まあ、「動画」ではないけど。

 

 

高本さんは、SR時代からデコ出しすると、本当に危ないところがあるなあ。

 

「誰よりも高く跳べ!」で、誰よりも高く跳ぼうとしたら、コケるって、マンガみたいな展開だなあ。まあ、これは本当に予想通りの展開だったけど。

 

高本さんは、「誰よりも高く跳べ!」のMVでも弓道で優遇されたし、握手人気も跳ねた部分がある。「僕たちは付き合っている」では超優遇。

 

でも、格好つけたり、浮かれて調子に乗ると、コケるという展開。

 

高本さんはこのパターンが本当に多いからなあ。ブログも肝心な時に誤字脱字を連発するし。

 

努力するとかプロ意識云々って言うのに、夜寝そべりながら、携帯をいじるのはやめれないし。

 

ブログでドヤ顔で語っても、本番ではつまらないタイプだし。まさにAKB48時代の「あの人」と同じタイプ。

 

 

そういえば、高本さんは「てけもと」とか言われているしなあ。

 

欅坂46のセンターの平手さんは「てち」か。

 

けやき坂46の「6番」の高本さんは「てけ」。

 

やっぱり、高本さんは「持っている」人だなあ。

 

 

まあ、怪我しなくて、本当によかったと思うけど。

 

高本さんは「運」が良いなあ。

 

本当に高本さんは、「わかりやすい」キャラだなあ。

 

まさに「ひらがなキャラ」という感じもする。

 

 

また、ライブでいつも同じパターンの「爆レス」をしていたのか。2推しと3推しが少しは増えるかも。

 

高本さんは、「ひらがなけやきは立ち位置がハッキリと明かされてない」と言っている。

 

けやき坂46は、欅坂46の「アンダーグループ」で、運営は「基本は同じ欅坂46の一員でありながら、『別のグループとして活動していくという位置付け』です。ただ、けやき坂46で頭角を現したメンバーが、欅坂46へ加入するといった動きはあるかもしれません」と言っている。

 

 

ひらがなは、「どうなるのかわからない」という「謎」があるので、そこが「意外性」があり、エンタメとして面白いのかも。

 

けやき坂46は、「エンターテインメント集団」を目指すということは、「どうなるのかわからない」ということかも。AKB48的な「サプライズ」要素もあるかも。

 

意図的にやっている部分もあるかも。まあ、運営もあんまり考えていない部分もあるかも。「アンダーグループ」なので。

 

乃木坂46と欅坂46が向かう先について秋元康氏は、「AKB48には時々サプライズと称していろんな試練を用意しましたが、乃木坂46や欅坂46の場合は試練というよりも『彼女たちが自分でやりたいと思う方向の中に未来があるんじゃないか』と思うんです」と言っていた。

 

「自分でやりたいと思う方向の中に未来がある」。

 

だから、メンバー次第な部分がある。「可能性がある」と思う。

 

そういう意味では面白いと思うけど、きつい部分もある。

 

「アンダーグループ」は、そういうグループなんだと思う。

 

実力と運次第のシステム。SR配信の時からそうだった。

 

まさに秋元氏のグループという感じがある。

 

 

けやき坂46は、乃木坂46の「アンダー」とは違う「欅坂46のグループ内グループ」。AKB48の「チーム」とも違うと思う。

 

乃木坂46の「アンダー」はどうしても悲壮感があるし、AKB48の「チーム」は人数が減っていてチーム感が薄くなっている。

 

欅坂46の「アンダーグループ」のけやき坂46(ひらがなけやき)。

 

 

まあ、ひらがなメンバーは本当に大変だと思うけど、乃木坂46の「アンダー」やAKB48の「チーム」にはない「グループ感」を出せれば、意外なチャンスがあるかも。

 

 

高本さんは、八方ふさがりだと思っていたのに、SR配信で「救世主」が現れたり、「誰よりも高く跳べ!」と「僕たちは付き合っている」のMVで偶然とは言っても優遇されたり、「運」としかいえないようなことが次々と起こっていると思うけど。

 

高本さんは、SR配信や「最先端の握手」で「死ぬ気で努力」して、ポジションや序列の「予定調和を壊した」からなあ。

 

 

高本さんは、「突きぬける結果を出すには、方法論ではなく、意識改革が必要」だということを教えてくれる部分があると思う。

 

それは、たぶん「感覚・感性(センス)」なんだと思う。

 

個人的には、ひらがなは高本さんが人気が出ないとつまらないし、「けやき坂46」の未来は、AKB48が好きな「何もできない普通の素人風キャラ」の高本さんの活躍にかかっている部分があるような気もする。

 

 

www.keyakizaka46.com