グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

けやき坂46(ひらがなけやき)の追加メンバーのオーディションについて

けやき坂46(ひらがなけやき)の追加メンバーのオーディションについて思うことがあった。

 

まず、このオーディションが、SHOWROOMで行われるのだろうか。

 

ひらがなのGWのSR配信オーディションは、強烈なインパクトがあった。

 

ネタキャラ候補生と課金合戦と号泣大会。

 

個人的には、アレを超える秋元グループのSR配信のオーディションはないと思う。

 

秋元グループのSR配信のオーディションをいろいろ見てきたけど、そんなに逸材はいないと思う。

 

秋元グループの新人は、ひらがなけやき、乃木坂46の3期生、AKB48の16期生、SKE48の8期生、STU48の1期生、NMB48の5期生、HKT48の4期生という感じだと思う。あとはチーム8の新メンバーか。

 

その中で話題になったり、人気が出ているメンバーは極一握り。もう人数が多すぎる。

 

 

今後の秋元グループのオーディションは、ひらがなけやきの追加メンバー募集が決定した。

 

AKB48Gのドラフト3期生の募集もあるかもしれない。それから、NGT48の2期生の募集もあるかも。

 

乃木坂46の4期生も場合によっては、「乃木坂46の世代交代」の関係で募集が早い可能性がある。

 

 

欅坂46は平手さんセンターのイメージが強いし、人気メンバーも結構いて、人気も固定してきている。漢字欅メンバーで学業やキャリアの関係で卒業生も出てくると思う。

 

「サイレントマジョリティー」は「20人選抜」だけど、欅坂46が「21人選抜」にこだわるなら、ひらがなメンバーから補充もあるかも。

 

その場合は可能性があるのは、人気のある加藤さんかもしれないけど、加藤さんを欅坂46を入れると漢字欅メンバーの人気とイメージが大幅に変わる可能性もあると思う。

 

加藤さんのポテンシャルは高いので、漢字欅メンバーは相当な危機感が出る可能性がある。そうなると、今以上にギスギス感が出るかも。

 

 

個人的には、齊藤京子さんは秋元グループの新人の逸材だと思うけど、ネタキャラ色が強いカオスキャラだし、「変幻自在のエンターテイナー」なので、けやき坂46が「エンターテインメント集団」を目指す場合には、重要になると思う。

 

 

長濱さんと加藤さんと齊藤さん以外の今のひらがなメンバーには、欅坂46の表題曲の選抜メンバーは難しいと思う。

 

まあ、けやき坂46は12人でわかりやすい部分もあるけど、その中で人気の差がある。

 

「僕たちは付き合っている」のMVでも映っているメンバーに相当な差があるし、今回は1列目と2列目の差が、「誰よりも高く跳べ!」よりもかなりあると思った。

 

影山さんは自分のことを「レアキャラ」とか言っていたけど、内心では悔しいのかも。

 

センターの長濱さんよりも、加藤さんや高本さんや佐々木久美さんが目立つという感じで、欅坂46とはだいぶ違う。

 

「僕たちは付き合っている」は、長濱さんセンターのかわいい系路線とは言われているけど、MVを見ると意図的にダサい部分がある。「誰よりも高く跳べ!」もそうだった。なんかネタ的な要素が強いと思う。

 

 

けやき坂46は、エンターテインメント集団を目指すらしいけど、 「エンターテインメント集団」といっても、個性派ネタキャラ劇団がネタをマジでやるという感じで、ダサい部分がある企画モノアイドル路線かも。

 

乃木坂46は、文化的な「劇団」を意識していて、秋元氏の高い作家性を反映している部分があるし、メンバーは演劇やモデル仕事で活躍しているメンバーも多い。バラエティで活躍しているメンバーも多い。

 

欅坂46は格好良い路線かも。モデルメンバーもいる。

 

 

けやき坂46は、「ひらがなけやき」なので、秋元氏の放送作家として企画ネタ要素が強いかも。AKB48を意識している部分があるような気もする。「サプライズ」もあったし、メンバーもAKB48の色が強い人が多い。

 

「体育会系」な部分もある。「誰よりも高く跳べ!」は「部活」を意識していたし。

 

「エンターテインメント集団」の場合は、バラエティ路線も強くなるかも。

 

兼任の長濱さんは、優等生風ゆるキャラで、最近では「クイズ番組」にも出ている。「運」が良いなあと思うこともある。

 

ひらがなメンバーは、学業を重視している部分があると思う。頭の良いメンバーが多い。だから、学業重視の「週末握手アイドル」かも。

 

 

けやき坂46(ひらがなけやき)は、「アンダーグループ」なので、「地下アイドル風グループ」かも。実験的な要素が強いので、かなり大変だと思う。

 

「誰よりも高く跳べ!」と「僕たちは付き合っている」のMVでは、「闇」を意図的に使っていると思った。

 

 

けやき坂46(ひらがなけやき)の追加メンバーのオーディションをSR配信で行う場合は、注目度は高いかもしれないけど、その分厳しいものになるかも。「残酷ゲーム」的な部分があるかも。キャラやトークも重要だと思うし。

 

追加メンバーの人数は、AKB48を意識している場合は4~5人、乃木坂46や欅坂46を意識している場合は10人前後だと思う。握手人気が出るのは、最初は2人くらいだと思う。

 

欅坂46は、「性格」を大事にしているらしいので、その点も考慮されると思う。

 

 

追加メンバーの人数次第だけど、「ひらがなけやき」なので、「研究生」的な中学生や高校生を補充がメインかも。その場合は握手人気が簡単に上がるか疑問があるけど。18歳以上や20歳以上のメンバーも入れると思うけど、握手要員になるかは疑問もある。

 

追加メンバーの年齢構成は、乃木坂46の3期生に近い形になるかも。でも、ゴリ推しの乃木坂46の3期生とは違って相当厳しいものになると思う。

 

ひらがなけやきの追加メンバーは、「個性」を重視している場合は、「ブスだらけ」の可能性があるかも。セミプロメンバーもいると思うけど、そんなに逸材はいないと思うけど。

 

「アンダーグループ」の「ひらがなけやき」は、秋元グループのダサい企画モノのネタキャラ集団だからなあ。

 

でも、ソニーだし、坂道46グループは相当レベルが高いと思うので、追加メンバーは「死ぬ気で努力する」覚悟がないと苦労すると思うけど。