グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

けやき坂46(ひらがなけやき)の「未来」について

けやき坂46(ひらがなけやき)の未来について思うことがあった。

 

けやき坂46(ひらがなけやき)は、兼任の長濱さんを入れて現在12人なので、人数的には、漢字欅メンバーよりも先に追加メンバーの募集があると思っていた。

 

 

乃木坂46は1期生の秋元さんが途中参加で、2期生の相楽さんが途中参加で、欅坂46は長濱さんが途中参加。だから、ひらがなも追加メンバーはいると思っていた。

 

 

今回のけやき坂46(ひらがなけやき)の追加メンバーは、「2期生」という扱いなのだろうか。

 

 

 欅坂46の21人選抜を意識している場合は、10人前後の「2期生」を入れるかも。

 

 

「アンダーグループ」だし、ひらがなは楽曲的イメージが欅坂46とは異なるし、そんなに簡単に欅坂46の表題曲の選抜メンバーにはなれないと思う。

 

 

運営は、 けやき坂46(ひらがなけやき)は、「基本は同じ欅坂46の一員でありながら、別のグループとして活動していくという位置付けです。ただ、けやき坂46で頭角を現したメンバーが、欅坂46へ加入するといった動きはあるかもしれません」と言っているようだ。

 

 

この「頭角」というのがわからない。握手人気のことだろうか。長濱さんもどうなるのかよくわからない。長濱さんは欅坂46の正式なメンバーになるかも。

 

 

握手人気的には、欅坂46に加入できるのは、兼任の長濱さんを除けば、加藤さんと齊藤さんしかいないと思う。でも、漢字欅メンバーも21人もいるのでそんなに簡単ではない。

 

 

秋元氏が、兼任の長濱さん以外に興味があるメンバーがいない可能性もある。顔やキャラ的に今のひらがなメンバーで興味があるメンバーがいない感じもする。

 

 

だから、追加メンバーには、チャンスがあるかも。

 

 

追加メンバーが何人になるのかよくわからないけど、ソニーなので人数は絞ると思う。10人前後の可能性がある。年齢的には、中高生を多めにするのだろうか。18歳以上や20歳以上の新メンバーもいると思うけど。

 

 

10人前後の追加メンバー場合は、人気が出るのはたぶん2人くらいだと思う。センターやフロントを担当するメンバーもいるかも。あくまで「アンダーグループ」の「けやき坂46」の曲だから、カップリング曲だけど。

 

 

欅坂46といっても「アンダーグループ」の「けやき坂46」だし、オーディションのコンセプトがわからないのでなんともいえないけど、乃木坂46的なルックスの良さで選ぶかわからない。

 

 

ひらがなは「ブス集団」と言われているし、欅坂46は「性格」を大事にしているらしい。けやき坂46は「個性」を大事にしているかも。

 

 

最近の秋元グループのオーディションを見ると、ひらがなけやき、乃木坂46の3期生、AKB48の16期生、SKE48の8期生、STU48の1期生とあるけど、その中で光るものがあるメンバーはごく一人握りという感じもする。

 

 

SR配信で、そういう部分がわかる。SRの人気(特にフォロワー数)がその後の握手人気に関係することが多い。まあ、顔出しNGやSR不参加メンバーもいるけど。

 

 

人気的には、ひらがなけやきは加藤さんと齊藤さん。乃木坂46の3期生は山下さんと与田さんと久保さん。AKB48の16期生はよくわからない。SKE48の8期生は矢作さん。STU48の1期生は3~4人という感じもする。

 

 

NGT48の1期生の人気もSRで結果を出した中井さんと荻野さんとあと数人という感じもする。

 

 

ひらがな追加メンバーもSR配信でオーディションをやるなら、そこで人気がある程度わかると思う。

 

 

それにルックスが良くても握手対応の良さやオーラがないと、簡単には人気が出ないと思う。

 

 

ひらがな追加メンバーは夏にオーディションがあるので、合流は早くても6枚目シングル。

 

 

「46」の「6」だから波乱があるかも。

 

 

乃木坂46の6枚目シングルは、「ガールズルール」。この曲で乃木坂46は初めてセンターを白石さんに交代している。

 

 

5枚目シングルで欅坂46の漢字欅メンバーの全員フロント経験が終わる可能性もある。

 

 

欅坂46は6枚目シングルで波乱があるかも。まあ、紅白もあるし、センターは平手さんだと思うけど。

 

 

欅坂46は問題がなければ、たぶん紅白には出れると思う。今年の紅白はひらがなメンバーは出れるのだろうか。追加メンバーは出れないと思う。

 

 

乃木坂46は、2017年秋に卒業関係で、波乱があるかもしれないし、3期生の選抜もあるかも。

 

 

乃木坂46と欅坂46が向かう先について秋元康氏は、「AKB48には時々サプライズと称していろんな試練を用意しましたが、乃木坂46や欅坂46の場合は試練というよりも彼女たちが自分でやりたいと思う方向の中に未来があるんじゃないかと思うんです」と言っていた。

 

 

その中には「けやき坂46(ひらがなけやき)」は入っていないかも。

 

 

ひらがなはGWのSR配信から、賛否両論で「試練」があった。

 

 

加入してからも「試練」だらけ。

 

 

漢字欅メンバーよりも推されないし、後輩の乃木坂46の3期生はゴリ推しで、秋元グループのファンの一部からは「ひらがなは干されのお荷物のブス集団」とバカにされたり、「かわいそう」と同情されたりしている。

 

 

そして、今回も「W-KEYAKIZAKAの詩」のMVを撮り直しの発表後に、ひらがな追加メンバーの発表というAKB48的なサプライズ発表をやっている。これは「残酷ショー」かも。

 

 

まあ、秋元グループは、甘くないなあ。

 

 

ひらがな追加メンバーに「逸材系」がいれば、秋元グループ的な理不尽なことが起こる可能性がある。例えば、いきなり欅坂46の表題曲の選抜に入れたりすることもあるかも。

 

 

ファンの反発が強くなるような妙なゴリ推しメンバーが出てくるかも。

 

 

それに、追加メンバーにセミプロ系がどのくらいいるのだろうか。ソニー系メンバーやSDの関与もあるかも。

 

 

SR配信で追加メンバーのオーディションを行う場合は、「数字ネタ」はあるのかも気になるところかも。

 

 

ひらがな追加メンバーは、ルックス的には期待できないかも。中学生メンバーは握手は普通は苦戦すると思う。

 

 

佐々木久美さんは、けやき坂46のリーダーポジションという役割で固定という感じになるかも。だから、チャンスはあると思う。やっぱり佐々木久美さんは重要なメンバーだったなあ。候補生番号7番で、ラッキーセブンで「運」か。

 

 

佐々木久美さんは、これから大変だと思う。リーダーポジションで優遇される部分があるけど、その分スタッフに近い立場で追加メンバーを含めたグループマネジメントもやらないといけないし、しかも「アンダーグループ」だし。

 

 

人気のある加藤さんは、欅坂46や追加メンバーの状況によって変わると思うけど、けやき坂46のメンバーとしてモデル関係の仕事があるかも。

 

 

齊藤さんは、この展開は大チャンスだと思う。メンタルとフィジカルの強さがあるし、ソニー系だし、ひらがなの「隠れ総監督」だと思うので。

 

 

高本さんは、「誰よりも高く跳べ!」と「僕たちは付き合っている」のMVでは超優遇されたから、今後は少しは厳しいかも。

 

 

やっぱり、良いことがあれば、大変なこともある。

 

 

高本さんは、「サプライズ好き」って言っていたからなあ。

 

 

まあ、最近の高本さんは少し推されて人気も出て、浮かれていたかも。

 

 

「デコ出し」したのか。なんかパフォーマンスでもトラブルがあったみたいだけど。SRの時からそうだけど、高本さんがデコ出しするとろくなことがないなあ。

 

 

高本さんはSRの時にみたいに窮地に追い込まれた時の方が本当の力を発揮すると思う。やっぱり、飴と鞭のスパルタ育成かも。

 

 

高本さんは、24部完売メンバーになるしか方法がないと思う。

 

 

高本さんには「最先端の握手」がある。

 

 

高本さんは6枚目シングルは勝負だなあ。4枚目シングルでも超優遇された。候補生番号は6番。「46」。高本さんはおいしいポジションだよなあ。

 

 

高本さんの「夢」がなんなのかよくわからないけど、これはチャンスだと思う。

 

 

高本さんは、たぶん後輩メンバーがほしかったと思うし、先輩風を吹かすタイプだと思う。「けやき坂46の1期生」なので有利な部分もある。

 

 

けやき坂46の高本さんのポジションが、AKB48時代の「あの人」のポジションなら、これは「育成」的には大きなチャンスだと思う。

 

 

高本さんは、欅坂46の表題曲の選抜メンバーは向いていないと思う。高本さんはあくまで「けやき坂46」のメンバーだと思う。

 

 

高本さんは、「握手要員」の「ブログネタ職人」だと思う。これは秋元グループでは基本中の基本。

 

 

「死ぬ気で努力する」って言っていたと思うし。

 

 

昨日の欅坂46のコンサートは、高本さんの神推しの松井玲奈さんも観ていたらしい。

 

 

最近のひらがなは、恵まれていて少しぬるいところがあったから、これで「熱い展開」になるかも。まあ、メンバー次第だと思うけど。

 

 

まあ、もうやるしかないと思うけど。「アンダーグループ」として。

 

 

たぶん、「努力をすれば、報われる」と思う。

 

 

ソニーは、エンタメ事業の中核として、坂道46グループの「発展」に未来をかけていると思う。