グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

けやき坂46(ひらがなけやき)の追加メンバーについて思うこと

けやき坂46(ひらがなけやき)の追加メンバーについて思うことがあった。

 

まさかと思うけど、 「ひらがなけやき」のポーズは、あえてカタカナで「ヒ」を作るから、「カタカナけやき」のメンバーということはないよなあ。

 

ソニーミュージックは、「ひらがなけやき」と同じ時期に「カタカナけやき」も商標登録している。

 

「けやかけ」のMCの土田さんたちのユニットは、「ケヤキ坂46(カタカナケヤキ)」。

 

「カタカナケヤキ」と「カタカナけやき」は違うと思う。

 

「カタカナ『けやき』」なので、ある意味では「けやき坂46」。

 

まあ、これはないと思うけど。

 

 

W-KEYAKIZAKAの詩のMVの欅坂46とけやき坂46というイメージを壊すとはなあ。

 

これは、AKB48的なサプライズだよなあ。

 

ひらがなメンバーは泣くよなあ。

 

しかも、ひらがなは「アンダーグループ」だから仕事だって、そんなにまだ多くないのに。

 

「アンダーグループ」という設定も変える気なのだろうか。

 

ひらがな新メンバーは本当にきついと思うけど。まあ、ルックスと性格がよければ、人気が出るかもしれないけど、そんなに簡単じゃないと思うけどなあ。

 

今のひらがなメンバー以上にファンの反発があるかも。今のひらがなメンバーだって、批判もまだあるし、不遇で同情的な感じなのに。

 

まあ、ひらがなメンバーは、ソニーの育成システムの実験的な要素があるからなあ。

 

あと、今の多くのひらがなメンバーは年齢と学業的なこともある。

 

漢字欅メンバーとファンは、これで安心感があるかもしれないけど、ひらがなメンバーは、これは本当にAKB48的な「試練」だよなあ。

 

 

個人的には、ひらがなの良さが消えたら、興味がなくなるかもなあ。 

 

 

高本さん、号泣してそう。大丈夫かなあ。