グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

けやき坂46(ひらがなけやき)と「ステルスマーケティング」

けやき坂46(ひらがなけやき)は、「アンダーグループ」なので、「ステルスマーケティング」があるのだろうかと思うこともある。

 

けやき坂46(ひらがなけやき)の1期生

 

井口眞緒、潮紗理菜、柿崎芽実、影山優佳、加藤史帆、齊藤京子、 佐々木久美、佐々木美玲、高瀬愛奈、高本彩花、東村芽依

 

 

ステルスマーケティングとは、消費者に宣伝と気づかれないように宣伝行為をすることで、 略称はステマ。

 

 

「アンダーカバー・マーケティング」とも呼ばれる。

 

 

「ゲリラ・マーケティング」。

 

 

まあ、ソニーはステマが好きところがある。

 

 

事情通とか。やり過ぎ感があるけど、社風なのかなあと思うこともある。

 

 

乃木坂46の「インフルエンサー」とは、マーケティング用語で人々の消費行動に影響を与える人物のことらしい。 「influence」は「影響を及ぼす」や「感化する」などの意味の表現。

 

 

 

けやき坂46(ひらがなけやき)は「アンダーグループ」なので、ステマ的に「じわじわ来ている」部分があると思う。

 

 

けやき坂46は、MVやPVでもステマ的な要素があるなあと思うこともある。別に悪いことではないけど。

 

 

「僕たちは付き合っている」のMVで、メンバーのセーラー服のスカーフの色が違うけど、これは高本さんのブログによると誕生日順でわけたものらしい。でも、微妙に誕生日順ではないような気もするけど。これがよくわからない。

 

 

フロントメンバーは、加藤さんと佐々木久美さんが紺色で、センターの長濱さんが赤、齊藤さんも赤。高本さんは白。

 

 

長濱さんがセンターだけど、高本さんはこのMVの主人公的な感じもして、フロントメンバーでは、偶然とは言っても、1人だけスカーフの色が違う。だから、高本さんは目立つ部分がある。しかも、「白」だしなあ。

 

 

高本さんは、本当においしいポジションだよなあ。

 

 

高本さんは、去年から運営から「ステマ推し」されている部分があるからなあ。長濱さんとの全握、『誰よりも高く跳べ!』のMVの弓道のソロカット。そして、「僕たちは付き合っている」のMV。

 

 

高本さんは、偶然にしては、出来過ぎている部分がある。

 

 

「高本彩花」さんの名前は、乃木坂46の「高山一美」さんの「高」、「橋本奈々未」さんの「本」、「衛藤美彩」さんの「彩」、「中田花奈」さんの「花」で構成されている。この4人は乃木坂46のフロント経験者。

 

 

GWのSR配信では、25万円以上も使った超重課金者のような「救世主」が現れた。まさに「神」。そして、「運」。

 

 

候補生番号は「46」の「6」だし、ダンス歴は6年。

 

 

GWのSR配信の結果は、候補生番号4番の齊藤京子さんが1位で、候補生番号6番の高本さんが2位で、「46」。しかもこの2人は「顔が全然似ていないのに、似ている」という意味不明なところがある。

 

 

齊藤京子さんは、秋元グループの人気メンバーとシンクロ率が高すぎる。元AKB48のエースの「大島優子さん」と総監督の高橋みなみさんに近い部分があるし、欅坂46の4番の今泉さんとソニー系でつながりがあり、乃木坂46の3期生の候補生番号4番の「前田敦子さん」風の山下美月さんとは「ダンゴムシ」と「お披露目裏センター」つながり。

 

 

「ヘビーローテーション」は「中毒性」と考えると、齊藤さんは中毒性の高い二郎系ラーメン好きで、変幻自在のカオスキャラ。確かダンス歴は8年だったと思う。「48」か。

 

候補生番号4番は、「48」と「46」の「4」。サッカーだと「センターバック」で「裏センター」。セミプロメンバー。ソニーの「シードメンバー」で「コアメンバー」。

 

 

けやき坂46の事務所は「シード&フラワー」。「種子と花」。「46」の4番の齊藤京「子」さんと、6番の高本彩「花」さん。「種」は「タネ」で「ネタ」。

 

 

影山さんも、秋元グループ的にはいろいろとヤバいものを持っている。

 

乃木坂46のコードネームは、「シャドー (shadow)」。

 

乃木坂46は、AKB48の公式ライバルで「AKB48のシャドーキャビネット(影の内閣)」。

 

AKB48Gドラフト2期候補生の影山さんは、「影」。「シャドー (shadow)」。

 

GWのSR配信の配信合格者は「9人」で、SR配信不参加の合格者2人を入れて、「11人」の合格者が、けやき坂46の新メンバーになった。「野球」と「サッカー」。

 

影山さんはAKB48G「ドラフト」2期候補生で「サッカー」好き。GWのSRでは「顔出しNG配信」で、候補生番号はラストナンバーの18番。野球だとエースナンバー。お披露目フロントメンバー。

 

 

 

柿崎芽実さんが、「10番」で「お披露目センター」。

 

 

 

けやき坂46は、「ひらがなけやき」だから、わかりやすい部分がある。

 

 

他のひらがなメンバーもそういう部分がある。

 

 

乃木坂46の3期生の一部のメンバーもそういうところがあるけど、ひらがなの場合はネタがガチすぎる。

 

 

ひらがなのGWのSR配信のオーディション自体が、数字的に相当ヤバいものがある。

 

 

セミプロや即戦力メンバーが多いし、「仕組まれたもの」を感じる。

 

 

「敗者復活戦」的な要素もある。

 

 

「アンダーグループ」。

 

 

けやき坂46は、坂道シリーズ第2弾の欅坂46の「アンダーグループ」。

 

 

「下部組織」または「地下組織」か。

 

 

けやき坂46は、欅坂46の「アンダーカバー」か。「秘密諜報活動」。

 

 

「アンダーカバー・マーケティング」で、「闇のグループ」かも。ひらがなは「謎」が多いし。

 

 

ひらがなは、「なんだ、これ」感が、本当に強い。

 

 

なんかファンの一部では、加藤さんが乃木坂46の白石さん風で、高本さんが乃木坂46の西野さん感があるという意見もある。

 

 

加藤さんはビジュアル的にわかるけど。

 

 

まあ、高本さんのサイリウムカラーは「緑と白」。西野さんと同じだからなあ。

 

 

GWのSR配信では、高本さんはなぜか「西野さんに近いものがある」という意見もあった。

 

まあ、キャラも顔も全然違うけど。

 

西野さんも、昔は泣いてばかりで何もできない普通の素人キャラだったからなあ。

 

 

でも、握手でのし上がったタイプ。秋元氏が好きなタイプ。

 

 

加藤さんと高本さんのシンメも面白いかも。

 

 

高本さん、いろいろと話したいことがあるのか。なんだろうか。

 

 

乃木坂46の「今、話したい誰かがいる」か。

 

 

 

www.keyakizaka46.com

 

 

 

 

greennoaoffice.hatenablog.com