グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

けやき坂46(ひらがなけやき)の予想外の展開について

けやき坂46(ひらがなけやき)は、「予想外の展開」があるかもしれないと思った。

 

けやき坂46(ひらがなけやき)

井口眞緒、潮紗理菜、柿崎芽実、影山優佳、加藤史帆、齊藤京子、 佐々木久美、佐々木美玲、高瀬愛奈、高本彩花、長濱ねる、東村芽依

 

けやき坂46(ひらがなけやき)は、メンバーの個性が強い分、役割分担が結構はっきりしている部分があると思う。

 

例えば、佐々木久美さんはリーダーポジションだし、加藤さんはビジュアル担当。齊藤さんはぶっ込み役で、井口さんが強烈な意外性を注入するポジションという感じ。

 

あと、「ひらがな感」があるメンバーが多い。柿崎さんや影山さんなど。

 

外国語メンバーや歌やダンスが上手いメンバーもいる。

 

センターは、長濱さんだけど兼任なのでサポート役になっている部分があるかも。

 

そして、「普通の素人」の高本さんがいる。高本さんは他のメンバーに比べたら、「何も持っていない」。だから、このグループでは逆に良い。

 

高本さんは、「何も持っていない」けど、感性が優れているから、飴と鞭のスパルタ育成をすれば、その分伸びる要素があると思う。だから、運営から絶妙に段階的に推されているのかも。まあ、「運」もある。

 

 

『僕たちは付き合っている』のMVは、加藤さん、高本さん、佐々木久美さんが目立つけど、井口さんや影山さんも意外性を注入している。

 

それから、高本さんと齊藤さんは途中でポジションチェンジしていたと思うけど、高本さんと齊藤さんは「顔は似ていないのに、似ている」という意味不明なところがあるので、MVを見ている人の脳が混乱する部分がある。まあ、これがけやき坂46のヤバいところのひとつでもあると思うけど。

 

「なに、これ」って、思わせるのは、エンタメの基本。

 

 

『誰よりも高く跳べ!』のMVでは、ダンスシーンで暗い「闇」の部分があった。

 

『僕たちは付き合っている』のMVでは、夜の学校に忍び込むという「闇」があった。ストーリー的も「闇」がある。

 

けやき坂46は、「アンダーグループ」なので、「暗闇」を意図的に使っているような気もする。

 

『僕たちは付き合っている』のMVの最後のシーンでは、高本さんが部屋の電気を消して、「暗闇」にしている。そして、その暗闇の中に「光っているピンクの風船」があり、高本さんはその「光っているピンクの風船」を引き寄せて、抱きしめている。

 

まあ、このシーンにどんな意味があるのかよくわからない。たいして意味がないものなのかもしれないけど。

 

 

「ピンク」は、AKB48のイメージカラー。そして、光。

 

けやき坂46は「アンダーグループ」。「下部組織」だから「地下」で「闇」。

 

そのピンクの風船を引き寄せて、抱きしめているのが、AKB48が大好きなミーハーな素人キャラの高本さん。

 

「僕たちは付き合っている」は、意味深かもなあ。

 

高本さんが、秋元氏案件なら、けやき坂46は相当ヤバいことになると思うけど。

 

『誰よりも高く跳べ!』のMVでは、高本さんは弓道でソロカット。弓道は的に弓矢を放つから、「運」もあるかも。「神」に捧げる儀式的なものかも。

 

これはフラグかもなあ。

 

高本さんは、相当おいしいポジションだよなあ。これは「死ぬ気で努力」しないとなあ。

 

 

ソニーとしては、AKB48の「恋するフォーチュンクッキー」的な「お祭りソング」で一発当てたいかもなあ。ソニーはステマも好きだしなあ。

 

それができるのは、乃木坂46でも欅坂46でもなく、「アンダーグループ」の「けやき坂46」かも。けやき坂46は「エンターテインメント集団」を目指すらしいので。

 

その時、誰がセンターを担当するのかなあ。

 

「エンターテインメント集団」といっても、個性派ネタキャラ劇団がネタをマジでやるという感じだろうか。

 

 

それから、昔のAKB48ような「わかりやすい疾走感のある曲」も、「けやき坂46」でできる可能性があるかも。

 

例えば、「ヘビーローテーション」みたいな曲。その場合はセンターを誰が担当するのがとても重要だと思う。

 

まあ、けやき坂46にはフラグが立っているメンバーがいるけど。「46」。

 

 

そのためには、欅坂46の「アンダーグループ」の「ひらがなけやき」から、本当の意味で「けやき坂46」に変わる必要があるかも。

 

それは、メンバーの努力と結果と運次第だと思う。乃木坂46や欅坂46の状況も関係があると思う。

 

基本的には、けやき坂46(ひらがなけやき)は「アンダーグループ」の「下部組織」なので、欅坂46を「下」から支えないといけない部分があると思う。まあ、握手要員としても頑張らないといけないと思う。あくまでメインは、欅坂46だと思う。

 

 

乃木坂46は、今の人気と勢いを利用して、2018年秋ごろに3期生を中心とした「乃木坂46の世代交代」を行う可能性がある。秋元氏とソニーは「アイドルの世代交代の挑戦」には力を入れると思う。

 

欅坂46は、人気と勢いがすごいものがある。秋元氏も力が入っている。ソニー本体が欅坂46に期待している部分があるので、ゴリ推しが強烈なところがある。

 

2018年秋は、SKE48は10周年だし、AKB48やNMB48でも大きな動きがあると思うし、STU48のデビューシングルも2018年には出ると思う。

 

「アンダーグループ」の「けやき坂46」は、ファンからもあんまり期待されていないし、秋元氏も兼任の長濱さん以外のメンバーはどの程度興味があるのかよくわからない。秋元氏は「適当にダラダラ」にやるかも。

 

 

秋元氏は「実は僕は皆さんが思う以上に、何も考えていません。僕がやっているのは勘に頼った一本釣りみたいなものです」って言っているし。まあ、その「勘」が天才的にすごいんだけど。

 

 

「AKB48は、適当にダラダラやるのが面白い」と秋元氏は言っていたし、「AKB48は素人集団」とも言っていた。

 

乃木坂46は、「劇団」的な要素が強く、舞台で活躍しているメンバーも多い。秋元氏は昔から劇団も好きらしい。

 

乃木坂46と欅坂46は、「アーティスト」を目指している部分があるらしい。それから、「モデル路線」もある。

 

けやき坂46は、「ライブアイドル路線」で、「エンターテインメント集団」を目指していくらしい。

 

秋元氏は、「これから生き残るのはやっぱりライブだな」という思いもあったらしい。

 

 

ソニーのコンセプトは、最先端の「アート(芸術)」と「ヒューマン・サイエンス(人間科学)」の融合。

 

けやき坂46は、ダサくてグロい部分があるけど、秋元氏はダサくてグロいのが好きだからなあ。

 

 

けやき坂46は、最近の秋元グループでは、展開の仕方とメンバー構成が圧倒的に面白いグループだと思う。

 

秋元氏は、「点数が高い順に上からとってしまえば、平均化した集団になってしまいます。誰かのツボは必ず誰かのツボなんです」とも言っている。

 

秋元氏は、「みんなバラバラでいいんだ」と言っている。

 

ソニーで世界で初めて「CD」を開発して偉業を成し続けてきた元ソニー上席役員の「天外伺朗」氏は、主宰する「フロー経営」塾で、「一人ひとりがバラバラ」で、みんな全力疾走しているのが「新しい潮流」だと言っている。

 

創業期のソニーも、60年も前にその「新しい潮流」を実践していたらしい。それがソニーの創業者の井深大氏のマネジメントだったらしい。

 

初期のAKB48もそういうところがあったかもしれない。

 

けやき坂46は、「新しい挑戦」をするらしい。でも、どこか懐かしいところもある。

 

 

けやき坂46は、「なんだ、これ」という感じで、じわじわ来るし、「ツボにハマった時」の面白さはあると思う。

 

『誰よりも高く跳べ!』は、あの国民的アイドルグループだったSMAPの曲みたいな感じがあるという意見もある。

 

これは、本当にすごいことだと思うけど。

 

 

 

youtu.be