読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

けやき坂46(ひらがなけやき)と「サイレントマジョリティー」について

けやき坂46(ひらがなけやき)と、「サイレントマジョリティー」について思うことがあった。

 

こんな記事を書いた。

 

greennoaoffice.hatenablog.com

 

 

けやき坂46は、「新しい挑戦」とか「革命」というキーワードがあると思う。

 

これは世界のソニーグループでも、そういうところがあると思う。特に創業時のソニーはそうだったと思う。

 

 

けやき坂46は「アンダーグループ」だし、マニアックなところがある。賛否両論な部分があると思う。まさに企画モノの秋元グループの王道路線だと思う。

 

けやき坂46は「アンダーグループ」なので、特定の人だけにヒットするような仕組みになっている部分があると思う。活動には限界と制限もある。

 

でも、ここにチャンスがあるような気もする。

 

 

個人的には、『見たことのないものを見たい』という気持ちはある。

 

けやき坂46のGWのSR配信が、まさにそうだった。

 

「なんだ、この胡散臭い集団は」と思った。

 

候補生の個性的なキャラと、SRのオーディションのシステムは、「今までに見たことがないもの」だった。

 

 

個人的には、ひらがなのSR配信の見たときは、ネガティブなSKE48にうんざりしていて、乃木坂46は深川さんの卒業直前で興味がなくなっていた時期だった。欅坂46はゴリ推しが強くてついていけない部分があった。

 

そして、候補生の顔写真と「ひらがなけやき」という言葉の奇妙さが気になって、GWだったから、なんとなくあのSR配信を見た。

 

だから、強烈なインパクトがあった。

 

「なんだ、これは。写真と全然違う」。まさにパネルマジック。胡散臭さが半端なかった。

 

そして、胡散臭いネタキャラ候補生がたくさん出てきた。

 

「なんだ、これは」と思った。SR配信は、カオスな空間だった。

 

 

でも、初期のAKB48なんて、秋葉原の劇場公演が活動の基本で、さらに大人数で握手会でCDを売る胡散臭いネタキャラブス集団だったと思う。

 

 

けやき坂46は「ひらがなけやき」という変な読み方で、しかも「アンダーグループ」で、なんかよくわからない「SHOWROOM」という怪しい見せ物小屋みたいな個人配信で、奇妙な顔写真と候補生番号と顔出し配信と顔出しNGという残酷ゲーム的な要素もあった。

 

ひらがな候補生は、「ブスばかり」という批判が多く、賛否両論だった。

 

配信は、課金合戦に号泣大会で、滅茶苦茶なところもあった。

 

「秋元氏とソニーは、とんでもないオーディションをやるなあ」と思った。

 

「意外性」の連続だった。衝撃的だった。

 

 

秋元グループ自体が、世間的には賛否両論だと思う。その中でも、けやき坂46はさらに賛否両論なグループ。

 

けやき坂46は、本格的に活動を始めてからも「干されのお荷物のブス集団」とか漢字欅メンバーや乃木坂46の3期生と比較されて、バカにされていた。今もそれは続いている。

 

けやき坂46は、最近のAKB48の「アンチテーゼ」的な存在かもしれないと思った。

 

ソニーは、「運」の研究をしている部分もあると思うからなあ。

 

 

個人的には、今までの秋元グループでは、信じられないようなこともあった。

 

「ひらがなけやきは、相当ヤバい」と思った。

 

 

けやき坂46には、秋元氏が好きそうな 「大衆の普通の素人で超成長型アイドル」がいるんだよなあ。

 

まさに「サイレントマジョリティー」の申し子がいるんだよなあ。

 

まあ、ブログに「サイレントマジョリティー」を「サイレントマジョリティ」って書いていたし、肝心な時にいつも誤字脱字だらけのブログを書く人なんだけど。

 

GWでSR配信で、チヤホヤされて浮かれて「サイレントマジョリティー」を「適当」に歌って視聴者に怒られたり、超重課金者が出現して大失態をしたり、すぐに号泣していたけど。

 

でも、センス(感覚・感性)だけは良いんだよなあ。

 

そして、「運」だけは、なぜか良いメンバーがいるんだよなあ。

 

 

www.keyakizaka46.com