読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

けやき坂46の『僕たちは付き合っている』のMVは、賛否両論なのだろうか

けやき坂46の『僕たちは付き合っている』のMVは、賛否両論なのだろうか。

 

まあ、ひらがなはGWのSR配信の時から賛否両論だからなあ。

 

『誰よりも高く跳べ!』も最初の頃は、「AKBのカップリング曲レベル」とか井口さんに対する批判がかなり強かったけど、有明のコンサートで評価を革命的に引っ繰り返した部分がある。

 

『僕たちは付き合っている』のMVでも、井口さんに対する批判的な意見はあるようだけど、井口さんのダンスはガチなのだろうか。意図的に演技でやっている部分はないのだろうか。それに映し方の問題もあるかも。

 

個人的には、けやき坂46は井口さんがいないとつまらないと思うけど。MVだって井口さんがいるから、話題になる部分があると思う。井口さんは握手人気でわからない人気が確実にある。

 

それから、影山さんの振り付けも一部気になる。これは意図的な感じもするけど。影山さんがMVであんなに派手に間違うとは思えない。

 

 

けやき坂46が、初期のAKB48を意識しているなら、今後は楽曲の方向性も変わる可能性がある。ただし、あくまで坂道46グループだし、ソニーのセンスは注入されると思うけど。

 

秋元氏は予定調和は好きではないし、コンセプトをガチガチに決めるのは好きではないと思う。

 

けやき坂46が、可愛いアイドル路線なのは、センターの長濱さんのイメージの関係だと思う。

 

でも、井口さんや加藤さんや佐々木久美さんや齊藤さんのようなキャラの強めのメンバーがいるので、なんとも言えない感じになる。そこが良い意味でAKB48的なグロさもある。まあ、ソニーなのでAKB48Gとは雰囲気が違うけど。

 

 

秋元グループは、人数で魅せる部分があると思うけど、それでも16人以上だと人数が多く感じることがあるし、後列とかポジションとか握手人気とか利権とかややこしい部分がある。

 

 

秋元氏は、「みんなバラバラでいいんだ」と言っているけど、これが「個性」になるのかもしれない。 でも、グループとしての「一体感」が大事だと思う。

 

AKB48も、ダンスがバラバラなところがある。でも、それが個性的で良い部分がある。

 

けやき坂46は、個性的でバラバラ感があるけど、そこにグループとしての一体感と人数の少なさがあるから、わかりやすい部分があると思う。まあ、カオス感もあるけど、それが良いのかもしれない。

 

 

秋元氏は「乃木坂46や欅坂46の場合は試練というよりも彼女たちが自分でやりたいと思う方向の中に未来があるんじゃないかと思うんです」と言っている。

 

「アンダーグループ」の「けやき坂46」は、AKB48を意識している場合は「試練」はあるのかもしれない。それが「新しい挑戦」なのかもしれないけど。

 

 

けやき坂46は、秋元グループでは初めてSR配信によるオーディションを行っている。これはオーディションと言っても、メンバーにとっては「試練」だったと思う。そして、「新しい挑戦」だった。

 

今ではAKB48Gでは当たり前になっているSR配信も、けやき坂46のメンバーが最初に挑戦して道を切り開いた部分がある。

 

けやき坂46のSR配信のオーディションは、緊張感や厳しさはかなりあったと思う。そして、強烈なインパクトがあった。

 

 

AKB48Gは「劇場公演」で、今のけやき坂46は「Zeppライブ」なのかもしれない。

 

 

乃木坂46の3期生が、5月9~14日に「3期生単独公演AiiA 2.5 Theater Tokyo」を開催することが決定した。乃木坂46の3期生は「NOGIBINGO!8」の出演もある。これはかなり大きいと思う。

 

さらに、乃木坂46は3rdアルバムを5月24日に発売することが決定した。3期生の曲がまたあるかもしれない。

 

「アンダーグループ」の「けやき坂46」は、 4月6日に欅坂46のデビュー1周年記念ライブで、5月31日にZepp Namba(大阪)でライブを行う。

 

この展開は本当に熱いなあ。

 

やっぱり、けやき坂46と乃木坂46の3期生は間接的にはライバルだと思う。12人ずつだし。

 

けやき坂46は長濱さんがいるし、個性とグループとしての強さがあるから、乃木坂46の3期生には負けていない部分がある。

 

けやき坂46も最近はメディアへの露出が増えてきた。今後は「KEYABINGO!」への出演もあるかもしれない。

 

けやき坂46は、MVの再生回数でも、握手売上でも驚異的な結果を出している。