グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

けやき坂46の『僕たちは付き合っている』のMVの感想など

けやき坂46の『僕たちは付き合っている』のMVを何度か見た。

 

けやき坂46(ひらがなけやき)

井口眞緒、潮紗理菜、柿崎芽実、影山優佳、加藤史帆、齊藤京子、 佐々木久美、佐々木美玲、高瀬愛奈、高本彩花、長濱ねる、東村芽依

 

『僕たちは付き合っている』のMVを見ると、振り付けも含めてダサい部分があるけど、曲だけ聴くと、かなり曲の展開が良い感じがする。

 

けやき坂46は、意図的にダサいところがあるからなあ。そして、わかりやすい。

 

『僕たちは付き合っている』は、じわじわ来るなあ。これはヤバいかも。

 

乃木坂46、欅坂46とは違うなあと思った。

 

 

『僕たちは付き合っている』は作詞は、いかにも秋元氏という感じがする。

 

その作詞が今回は少し気になる。

 

『僕たちは付き合っている』は、長濱ねるさんがセンターだし、秋元氏は長濱さんのことは気になっていると思う。

 

 

『僕たちは付き合っている』のMVを見ると、主人公は高本さんのような気もする。

 

高本さん、加藤さん、佐々木久美さんががっつり映っている。センターの長濱さんはドラマシーンではそこまで優遇されていない。

 

井口さんの存在は、本当にけやき坂46にとっては重要。

 

キャラ的には、加藤さんはややヤンキー役で、佐々木久美さんがリーダー役、長濱さんは優等生役だろうか。

 

高本さんは普通のJKキャラ。高本さんは普通だから、リアルで良い部分がある。

 

ダンスシーンでも高本さんは目立っているかも。

 

高本さんは今回のMVは『誰よりも高く跳べ!』のMVの時以上に、超おいしいポジション。

 

『僕たちは付き合っている』という曲を考えると、高本さんはリアルで適役だったかもしれない。

 

 

秋元氏は、「何もできない普通のリアルな女子」が好きだからなあ。

 

高本さんは、一芸を持っている個性派キャラ集団のひらがなメンバーの中では、「何もない普通キャラ」だからなあ。

 

高本さんは、「リアル感」があるから、有利な点があるんだよなあ。

 

高本さんは、AKB48Gが大好きで、「サプライズ」が大好きで、「握手会大好き人間」で、「死ぬ気で努力する」タイプ。

 

高本さんは、ガチだからなあ。

 

高本さんは、「運」も良いところがある。

 

そして、高本さんはセンスがズバ抜けている。

 

 

『誰よりも高く跳べ!』と『僕たちは付き合っている』のMVを、運営が意図的にやっている部分があるなら、秋元氏は高本さんの存在をもう気づいているかも。そうだとしたら、これはヤバいなあ。

 

 

『誰よりも高く跳べ!』のMVだって、たまたまかもしれないけど、高本さんは弓道でソロカット。そして、このMV効果で高本さんの握手人気はファンの予想以上に跳ねたところがある。

 

 

『僕たちは付き合っている』の作詞が、どうも意味深すぎる。気のせいだろうか。

 

「僕たちは付き合っていると叫びたくなる。このままずっと秘密にできない」って、この作詞はちょっとヤバいかも。フラグかも。

 

 

高本さんは、秋元氏案件かも。

 

やっぱり、「隠れ運営推し」かも。

 

まあ、もう隠れていないけど。

 

高本さんは、本当においしいポジションだよなあ。

 

ちょっと露骨に推し過ぎなような気もするけど。

 

 

個人的には、この展開は予想外だった。いくらなんでもやり過ぎ感がある。5枚目シングルのけやき坂46の曲は、高本さんは後ろにした方がいいと思うけど。どうするんだろうか。秋元氏がハマったら、ヤバいことになりそうだなあ。

 

まあ、さすがの高本さんでも推されていることには、もう気づいていると思う。まさかこんなに推されるとは想像していなかったかも。これは本当に死ぬ気で頑張らないと大変だと思う。

 

しかも、去年から段階的に握手人気が上がるように、じわじわと推されている。高本さんは握手も結果を出している方なので、実力もあると思うけど。

 

 

個人的には、高本さんはGWのSR配信の頃から、気になっていた。SD案件じゃないのかと思ったくらいだった。

 

高本さんのGWのSR配信自体が、強烈にヤバいものだったけど。あんなの初めて見た。ソニーはとんでもないことをするなあと思った。

 

GWのSR配信のアレで高本さんには、「何かがある」と思った。

 

このブログでは今までいろいろ書いてきたけど。

 

その「何か」は、まだわからないけど。

 

 

高本さんは、AKB48のメジャー2枚目シングル「制服が邪魔をする」が大好きなのか。なるほどなあ。

 

「制服が邪魔をする」のキャッチコピーは「お父さん、ごめんなさい・・・」。

 

AKB48の「制服が邪魔をする」と、けやき坂46の「僕たちは付き合っている」か。

 

けやき坂46のコンセプトの中心人物は、高本彩花さんかも。

 

 

www.keyakizaka46.com