グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

けやき坂46の『僕たちは付き合っている』の感想など

けやき坂46の『僕たちは付き合っている』は、個人的には相当ヤバい曲かもしれないと思った。

 

これは、ダサいなあ。カップリング曲という感じ。

 

でも、なぜかじわじわ来るなあ。

 

そして、なぜかハマってしまう中毒性。

 

メンバーのキャラと個性とわかりやすさがあるから、面白い部分があるような気もする。

 

このパターンは、『誰よりも高く跳べ!』と同じだからなあ。

 

 

秋元氏と運営が意図的にやっているなら、相当ヤバいと思う。まあ、適当だと思いたいけど。

 

あとは、メンバーのダンスパフォーマンス次第で、印象が結構変わる曲だと思う。

 

 

『ひらがなけやき』、『誰よりも高く跳べ!』、『僕たちは付き合っている』を聴くと、どうも流れがあるような気もする。学園モノだろうか。

 

 

「なんとも言えない懐かしさがある」。

 

 

けやき坂46は、秋元氏がAKB48ではできなかったことをやるのかなあと思った。

 

選曲や構想が、秋元氏や運営の中でどうなっているのかよくわからないけど。

 

けやき坂46は、「アンダーグループ」だからどうなるのかよくわからない。「謎」や「秘密」の部分がある。

 

まあ、秋元氏は適当なところもあるから、本当に何も考えていないかもしれないけど。

 

ただ、秋元氏が「適当にダラダラやった時の力」は、すごいものがあるときがあるからなあ。一発当たるからなあ。「AKBは適当にダラダラやるのが面白い」って言っていたからなあ。

 

 

どうも、この展開の仕方はなあ。メンバー構成もそうだけど。

 

けやき坂46は、初期の乃木坂46に近いと言われることもあるけど、初期の乃木坂46はAKB48の公式ライバルという設定。ただ、その設定は今の乃木坂46では難しい感じになっている。

 

まあ、乃木坂46の3期生には、元AKB48の前田敦子さんに近い山下美月さんがいたり、元SKE48の秦佐和子さんに近い久保史緒里さんがいるけど。

 

 

けやき坂46には、AKB48Gの色が強いメンバーが結構いる。個性的でキャラが濃い。

 

けやき坂46は、AKB48の「メタフィクション的なグループ」かも。

 

乃木坂46はコードネームが「シャドー (shadow)」で、AKB48の「シャドーキャビネット(影の内閣)」として存在している。

 

けやき坂46は、坂道シリーズ第2弾の欅坂46の「アンダーグループ」。

 

けやき坂46は、ソニーの「最先端の地下アイドル風グループ」。

 

初期のAKB48は、電気街の秋葉原の劇場公演と握手会の「地下アイドルグループ」。「グロい制服コスプレのブス集団」とも呼ばれていた。

 

 

けやき坂46のゆるくて、ダサい振り付けが、なんとも言えない懐かしさを感じる。

 

 

だから、「アンダーグループ」の「けやき坂46」は、面白いのかもしれない。