グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

けやき坂46(ひらがなけやき)が向かう先について

けやき坂46(ひらがなけやき)が向かう先について思うことがあった。

 

けやき坂46(12人)

井口眞緒、潮紗理菜、柿崎芽実、影山優佳、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、佐々木美玲、高瀬愛奈、高本彩花、長濱ねる、東村芽依

 

けやき坂46は、センターをすでに3人のメンバーが担当している。 

 

まず、長濱さんは「ひらがなけやき」、「誰よりも高く跳べ!」、「僕たちは付き合っている」と、けやき坂46の3曲のセンターを担当している。それから、けやき坂46版の「サイレントマジョリティー」など。

 

柿崎さんは、「誰よりも高く跳べ!」で長濱さんとWセンター。それからけやき坂46版の「二人セゾン」のセンターも担当している。

 

影山さんは、けやき坂46版の「世界には愛しかない」のセンターを担当している。

 

欅坂46の4thシングル「不協和音」のけやき坂46バージョンのセンターは誰が担当するのだろうか。普通に考えれば柿崎さんかも。

 

乃木坂46の「アンダー」のライブでは、「全員センター企画」というのがあった。

 

けやき坂46は、欅坂46の「アンダーグループ」なので、センターはこれからはどうなるのか。

 

 

けやき坂46の曲は、欅坂46のカップリング曲だけど、「アンダーグループ」という「グループ内グループ」なのでMVはカップリングレベルを超えている部分があるかも。

 

けやき坂46は、AKB48の「チーム8」に近いと言われることもあるけど、チーム8は人数が多いし、少し違う部分がある。チーム8のメンバーは交代でAKB48の選抜メンバーに入ってきている。

 

欅坂46は「21人選抜」にこだわる部分があるようなので、欅坂46のメンバーが卒業しないと、兼任の長濱さん以外のけやき坂46のメンバーは、欅坂46の表題曲の選抜メンバーにはなれない可能性もある。

 

漢字欅メンバーのひらがな行きは、今は考えにくい。

 

ひらがなメンバーが、欅坂46の表題曲の選抜メンバーになると、「けやかけ」などのバラエティ番組や「Mステ」などの音楽番組に出れるので、経験値はかなり上がると思う。グラビアも今以上に出れるかも。

 

ただ、握手人気で考えると加藤さんと齊藤さん以外のメンバーは選抜入りは結構難しいと思うし、齊藤さんは漢字欅の人気メンバーに人気で勝つのは結構難しいと思う。加藤さんは推し方と努力次第では相当な人気メンバーになれるかもしれないけど、漢字欅メンバーの人気やイメージの関係でそれが難しいかも。

 

そうなると、やっぱり「けやき坂46」で活動ということになるかも。

 

「けやき坂46」のセンターは今は長濱さんで、曲のイメージの中心もたぶん長濱さんだと思う。

 

普通に考えたら、少なくてもこの1年は、けやき坂46のセンターは長濱さんだと思う。

 

柿崎さん単独センターでも良いと思うし、誰かと誰かのWセンターもあるかも。

 

けやき坂46の曲はカップリング曲なので、そのあたりは実験的にできる部分があるかも。

 

個人的には、井口さんのセンターは今後あると思う。

 

握手人気では加藤さんのセンターもあるかもしれないけど、その場合は曲のイメージがかなり重要かも。

 

 

「ひらがなけやき」、「誰よりも高く跳べ!」、「僕たちは付き合っている」のフロントメンバーを見ると、長濱さん以外は結構変わっているかも。

 

お披露目ポジションからあまり変更がないのは、加藤さんと佐々木久美さんかも。齊藤さんも裏センターだったのでポジション的にはそこまで変わっていないかも。

 

高本さんは、握手で序列破壊をやったからなあ。まあ、運営からいろいろ優遇されている点もあるけど。

 

「僕たちは付き合っている」のフロントメンバーは「誰よりも高く跳べ!」とそんなに変更がなかったのと、柿崎さんが後ろになったのは意外な感じもした。

 

個人的には、けやき坂46の場合は1列目も2列目もそこまで変わらないと思うけど。「アンダーグループ」だし、カップリング曲なので。

 

けやき坂46(ひらがなけやき)の今後の方向性は、エンターテイメント集団を目指すのだろうか。

 

秋元氏は「エンターテイメントの基本は意外性」と言っていたと思う。