グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

けやき坂46(ひらがなけやき)は、エンターテイメント集団を目指すのだろうか

けやき坂46(ひらがなけやき)の今後の方向性は、エンターテイメント集団を目指すのだろうか。

 

けやき坂46(12人)

井口眞緒、潮紗理菜、柿崎芽実、影山優佳、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、佐々木美玲、高瀬愛奈、高本彩花、長濱ねる、東村芽依

 

 

けやき坂46(ひらがなけやき)のZeppTokyoワンマンライブで、全国Zeppワンマンツアーを開催することが発表されたり、Zeppツアーの大阪でタップダンスをすることが発表されたりした。

 

ワンマンライブでは、「エンタメコーナー」というのがあり、そこでいろいろな「挑戦」があるのだろうか。

 

長濱さんは、けやき坂46を「ライブアイドル」にしたいと言っていたり、ひらがなメンバーも「グループ」での活動を強調している部分がある。

 

最近は「けやき坂46」で、「週刊マガジン」や「グラビアザテレビジョン」に登場している。

 

けやき坂46は、欅坂46の「アンダーグループ」。

 

今のけやき坂46にとっては、Zeppが「劇場」なのかも。

 

 

ファンの一部は、欅坂46は「格好良い路線」で、けやき坂46は「かわいい路線」と言っているけど、今までの「ひらがなけやき」と「誰よりも高く跳べ!」と「僕たちは付き合っている」という曲から、そうなのかもしれない。

 

まあ、運営と秋元氏は何を考えているのかはわからないけど。

 

欅坂46はセンターは平手さんで、けやき坂46はセンターは長濱さんというイメージでやる感じかも。

 

ただ、けやき坂46は「誰よりも高く跳べ!」では長濱さんと柿崎さんのWセンター。

 

けやき坂46の新曲「僕たちは付き合っている」は、長濱さんがセンターで、柿崎さんは裏センターらしい。

 

欅坂46の4枚目シングル『不協和音』のMVでは、裏センターの守屋さんが結構目立っている。

 

 

けやき坂46は、個性派集団なのでエンターテイメント集団という方向性は面白いと思うけど、どう展開していくのかは気になる。

 

先日の「けやかけ」では、ひらがなメンバーのキャラ設定が芝居の要素があるなあと思ったけど。

 

けやき坂46の「革命」とは何なのだろうか。

 

ソニー本社が、坂道46グループをエンタメ事業の中核のひとつとして考えているようなので、発展の可能性はいろいろとあるのかもしれない。

 

 

秋元グループの新人の中では、個人的には逸材だと思う齊藤京子さんは、坂道46グループの「目で負かし、心で伝える変幻自在のエンターテイナー」だと思うので、頑張ってほしい。

 

 

www.keyakizaka46.com