読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

けやき坂46(ひらがなけやき)のイメージについて

けやき坂46

けやき坂46(ひらがなけやき)のイメージについて思うことがあった。

 

けやき坂46(12人)

井口眞緒、潮紗理菜、柿崎芽実、影山優佳、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、佐々木美玲、高瀬愛奈、高本彩花、長濱ねる、東村芽依

 

長濱ねるさんセンターで、その他のメンバーのポジションは流動的なのかもしれない。

 

けやき坂46(ひらがなけやき)のメンバーの「けやかけ」の出演は、今後もあるようだ。

 

どうも運営は、21人選抜に今後もしばらくはこだわるようだ。

 

まあ、今年の欅坂46は、平手さんセンターで漢字欅メンバー21人選抜かも。

 

選抜人数やメンバーのポジション以上に、MVと楽曲とパフォーマンスが大事だと思う。それが「アーティスト」だと思う。

 

それに漢字欅メンバーをひらがなに移動させるのは、今はリスクがある。

 

欅坂46は、今は勝っている状態なので下手にいじらない方がいいのかも。

 

けやき坂46は、欅坂46の「アンダーグループ」なので、何か役割があるのかも。

 

 

けやき坂46の今の握手人気的には、潮さんと影山さんが特に重要かも。GWのSR配信は潮さんが不参加の合格者で順位的にはビリで、影山さんは顔出しNG配信でAKB48のドラフト2期候補生だった。だから「ダークホース」かも。

 

加藤さんや齊藤さんは人気があるけど、この2人だけ人気が上がると、ファンの一部から欅坂46の選抜に入れろという意見が出てきて、握手会にもいろいろと影響が出てくる可能性がある。

 

だから、けやき坂46は、加藤さんと齊藤さん以外のメンバーの人気が重要になると思う。

 

もちろん、人気のある加藤さんや齊藤さんはある程度は優遇した方がいいと思うけど。

 

 

昔、指原さんが「不幸感があると売れる」と言っていたと思うけど、これは秋元グループでは結構重要かもしれない。SKE48でも「不遇ポイント」を貯めると人気が出るということもあった。

 

けやき坂46は「アンダーグループ」だから、グループとして「不遇感」がある。

 

グループの構造的には、欅坂46や乃木坂46の3期生の一部よりも推されない。

 

でも、欅坂46や乃木坂46の3期生は人気や仕事の面での格差が強いかも。だからメンバーによっては悲壮感が出てしまう。それがさらに人気やグループに影響することがある。

 

ひらがなも人気の格差はあるけど、長濱さんや井口さんの存在が大きいし、乃木坂46の3期生とは違って「グループ」だし、欅坂46とは違って「人数が少ない」ので良い部分がある。

 

欅坂46よりも曲数が少ないのも、実は「わかりやすい」ので有利な部分がある。

 

ひらがなは、坂道46グループの一部のファンから、まだ認められていない部分がある。

 

兼任の長濱さんは人気もあるし、推されているけど、大変な部分がある。

 

だから、けやき坂46は「不幸感」がある。

 

乃木坂46の「アンダー」は、乃木坂46の選抜メンバーと比べてイメージ的にも閉塞感が強くなっている。「アンダー」メンバーは選抜ごとに変わるのでチームとしては団結力は出にくい。

 

最近のAKB48は卒業生や特別公演の関係で、チーム感が薄くなっている。チーム8は人数が多い。

 

基本的にAKB48Gのチームは、キャリアに差があるので、メンバー間に上下関係が出やすい。

 

運営と秋元氏は、乃木坂46の2期生の育成に関しては微妙だったところを少し気にしているらしく、それで「アンダーグループ」のけやき坂46を作ったらしい。

 

 

けやき坂46は「アンダーグループ」だけど、秋元グループの中ではグループの人数が12人と少ないし、「わかりやすい個性と団結力」があると思う。これがグループとしての最大の武器かもしれない。そこに今後の楽曲やパフォーマンスも含めてチャンスがあるような気もする。

 

MVやパフォーマンスにしても、メンバーの個性やグループとしての団結力が出る部分があり、大事だと思う。

 

 

けやき坂46は欅坂46の4枚目シングル「不協和音」では、TYPE-Dのジャケット写真に載っているし、新曲の「僕たちは付き合っている」だけではなく、「W-KEYAKIZAKAの詩」やペアPVやトリオPVもあるので、前シングルよりもグレードアップしている。

 

けやき坂46の曲は、「ひらがなけやき」、「誰よりも高く跳べ!」、「僕たちは付き合っている」とあるけど、センターは長濱さんで、その他のメンバーのポジションは流動的なのかもしれない。

 

欅坂46は、センターが平手さんでフロントメンバーが流動的なので、ひらがなも長濱さん以外のメンバーのポジションはある程度は流動的なのかもしれない。

 

欅坂46はセンターの平手さんがメインで、21人と人数も多いのでMVはどうしても難しい部分がある。

 

けやき坂46は、長濱さんがセンターでも、12人と人数が少ないのでMVはメンバーは映りやすいし、加藤さんのビジュアルはわかりやすいし、井口さんはキャラ的にわかりやすいし、高身長の佐々木久美さんもわかりやすい。

 

ダンスが上手いメンバーも多い。しかも歌の上手いメンバーも結構いるので、楽曲的にも安定感も出やすい。

 

だから、けやき坂46はわかりやすいし、他のグループやチームよりも有利な部分がある。「箱推し」も作りやすい部分があると思う。

 

 

「ひらがなけやき」、「誰よりも高く跳べ!」、「僕たちは付き合っている」をタイトルだけで見ると、「アンダーグループ」だけど、イメージの中心は長濱さんで、曲は意外と正統派アイドルソングなのかもしれない。

 

 

ジャケットでは、「KEYAKIZAKA46」になっている。「英語」。

 

世界の理系のソニーだから、「理系だけど、外国語」なのかも。

 

ソニーのコンセプトは、最先端の「アート(芸術)」と「ヒューマン・サイエンス(人間科学)」の融合。

 

高本さんは、「理系だけど、外国語」で、「人間が大好き」で「最先端の握手」。

 

 

高本彩花さんは、「特技は小指が短いところと、朝アラームが聞こえないところです」で、「趣味は電車に乗って線路を見ることです」。

 

「唐揚げは人を幸せにすると思います」とのこと。

 

そういえば、「片思いの唐揚げ」という曲があったなあ。

 

 

www.keyakizaka46.com