読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

けやき坂46(ひらがなけやき)の高本彩花さんのセンス

けやき坂46

けやき坂46(ひらがなけやき)の高本彩花さんのセンスは、秋元グループの新人の中ではすごいものがあると思う。

 

センスというのは、感覚や感性のことだと思う。

 

高本さんは、その感覚や感性がすごいものがある。

 

高本さんは、潮紗理菜さんと乃木坂46の3期生の梅澤美波さんを最初から推している。

 

潮さんはゴールデンウィークのけやき坂46(ひらがなけやき)のオーディションのSHOWROOM個人配信は不参加の合格者で、順位はビリだった。

 

梅澤さんは、3期生のオーディションのSHOWROOM個人配信は顔出しNG配信で、順位はビリだった。

 

潮さんと梅澤さんは、握手で結果を出している。まさにダークホース系メンバーだと思う。

 

潮さんと梅澤さんはタイプ的には、全然違うと思う。

 

だから、高本さんは見る目があるなあと思うことがある。

 

 

高本さん自身も「最先端の握手」で結果を出している方かもしれないけど、それは去年から運営の「奇妙な推し方」があるので、個人的には「隠れ運営推し」ではないかと思っているけど。

 

まあ、努力と運もあると思うけど。

 

 

高本さんは、欅坂46の4枚目シングル「不協和音」の個別握手会は、15部以上は完売できると思う。

 

高本さんは6枚目シングルで、24部完売できるかもしれない。

 

 

けやき坂46のメンバーは、即戦力タイプやセミプロや特殊能力があるメンバーが多く、キャラや個性があって面白いと思う。

 

秋元グループは、キャラや個性が大事だと思う。

 

 

でも、高本さんはその中では「何もできない普通の素人風キャラ」。

 

AKB48と乃木坂46では、「普通」のメンバーが強い部分がある。

 

AKB48時代の「あの人」は、ブログでのし上がった。

 

乃木坂46の西野七瀬さんは、握手でのし上がった。

 

西野さんのサイリウムカラーは「緑と白」。

 

高本さんのサイリウムカラーは「緑と白」。

 

高本さんは、「何もできない泣き虫キャラの弓道キャラ」。

 

乃木坂46の3期生の暫定センターの大園桃子さんは、「何もできない泣き虫キャラの剣道キャラ」。

 

 

「高本彩花」さんの名前は、乃木坂46の「高山一美」さんの「高」、「橋本奈々未」さんの「本」、「衛藤美彩」さんの「彩」、「中田花奈」さんの「花」で構成されている。この4人は乃木坂46のフロント経験者。

 

 

ゴールデンウィークのSHOWROOMのオーディションでは、「死ぬ気で努力する」と言っていた。その結果は超重課金者の出現と超長時間の号泣配信で、2位。

 

候補生番号は「46」の「6番」。ダンス歴は6年。

 

秋元氏アバターはSRでは、6位の位置にあらわれる。

 

 

「欅坂46」は、運営によると「欅」の字がすべてに「最強の運」を持っているところが決め手になったらしい。

 

ソニーで世界で初めて「CD」を開発して偉業を成し続けてきた元ソニー上席役員のあの「天外伺朗」氏は、「46歳」で取締役になり、高校時代は「弓道部」だったらしい。「運命の法則」や「運力」という本を書いている。

 

高本さんは、ガチ中ガチの「弓道キャラ」。

 

元ソニー上席常務の天外伺朗氏が、ソニー創業期の経営を体系化した奇跡の「フロー経営」についての「天外塾」のサイトのURLは、「www.officejk.jp」。

 

「オフィスJK」。

 

けやき坂46の高瀬愛奈さんは、最初の時は高本さんを「いかにも今風のJK」というような感じを受けたらしい。

 

GWのSR配信の時、高本さん(6番)は「リアルJK」感があるという意見があったと思う。親近感や同級生(クラスメイト)感はあったのかも。

 

 

秋元氏は「今の時代はリアルな女の子がアイドル」と言っている。

 

高本彩花さんは、「特技は小指が短いところと、朝アラームが聞こえないところです」で、「趣味は電車に乗って線路を見ることです」。

 

 

運営は、高本さんのセンスと能力の高さをわかっているのだろうか。

 

AKB48時代の「あの人」に匹敵するポテンシャルがあると思うけど。

 

 

個人的には高本さんには、けやき坂46のメンバーとして、「神」の秋元康氏に少しでも近づいてほしい。

 

それが、「けやき坂46」の「革命」につながる可能性があると思う。

 

高本さんは、「最先端の握手」で結果を出すしかない。

 

 

www.keyakizaka46.com