読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

けやき坂46(ひらがなけやき)単独ワンマンライブでの「革命」

けやき坂46(ひらがなけやき)単独ワンマンライブが、3月21日、22日にZepp Tokyoにて開催することが決定したけど、どうなるのだろうか。

 

けやき坂46(12人)

井口眞緒、潮紗理菜、柿崎芽実、影山優佳、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、佐々木美玲、高瀬愛奈、高本彩花、長濱ねる、東村芽依

 

最近のけやき坂46は、「けやかけ」に出演したり、 「週刊少年マガジン」の巻頭グラビアだったり、「earth music&ecology × KANKO Label」のビジュアルキャラクターに決定しているので、恵まれている。

 

3月21日、22日にZepp Tokyoで、けやき坂46(ひらがなけやき)単独ワンマンライブを開催する。

 

このライブでは、有明のコンサートのように一発当てて結果を出さないといけないかも。

 

 

「アンダーグループ」なので、Zepp Tokyoのようなライブハウスなのだろうか。

 

AKB48が「劇場」で、乃木坂46が「劇団」。

 

初期のAKB48は、劇場公演の「地下アイドル」。

 

けやき坂46は、「アンダーグループ」。

 

けやき坂46は、この単独ワンマンライブは「新しい挑戦」と言っている。

 

坂道46Gは、AKB48とは同じことはやらないと言われている。

 

乃木坂46と欅坂46は違うと思う。

 

乃木坂46の「アンダー」と、欅坂46の「アンダーグループ」の「けやき坂46」も違うと思う。

 

 

ひらがなけやきのポーズは、あえてカタカナで「ヒ」を作るらしい。

 

けやき坂46の「ひらがなけやき」にも「誰よりも高く跳べ!」にもこのポーズが取り入れられている。

 

ソニーミュージックは、「ひらがなけやき」と同じ時期に「カタカナけやき」も商標登録している。

 

「けやかけ」のMCの土田さんたちのユニットは、「ケヤキ坂46(カタカナケヤキ)」。

 

「カタカナケヤキ」と「カタカナけやき」は違うと思う。

 

「カタカナ『けやき』」なので、ある意味では「けやき坂46」。

 

 

ソニーのSDグループのオーディションと育成システムは「複雑で難解」と言われている。

 

「アンダーグループ」のけやき坂46(ひらがなけやき)は、秋元グループでは初めてSHOWROOMのオーディションを行っている。つまり「新しい挑戦」をしている。

 

合格後も育成方法のひとつとして、SR配信を数回行っている。

 

その後、握手会に参加させたり、「けやかけ」に出演している。

 

乃木坂46の3期生は日本武道館で1万人の前でお見立て会を行っているけど、けやき坂46は、欅坂46の有明のコンサートの(3回公演・計27000人)に参加している。

 

3期生のお見立て会と欅坂46の有明のコンサートの間で、3期生とひらがなメンバーはFNSの番組で共演している。その時のセンターは兼任の長濱さんで、フロントメンバーは3期生という複雑なポジション。

 

 

ひらがなメンバーは、乃木坂46の3期生の「3人のプリンシパル」と「乃木坂46 5th YEAR BIRTHDAY LIVE」を見に行っている。これも単独ワンマンライブや今後の活動のモチベーションを上げるための育成システムのひとつの方法なのかもしれない。

 

 

4月5日に、欅坂46の4枚目シングル「不協和音」が発売されるので、けやき坂46の新曲もあると思う。

 

「アンダーグループ」のけやき坂46の新曲のMVは、乃木坂46の「アンダー」曲の「風船は生きている」や3期生の曲「三番目の風」とMVの再生回数、AKB48GのMVの再生回数と比較することで、けやき坂46の実力と人気と勢いがある程度はわかると思う。

 

MVの再生回数がすべてではないけど、やっぱり大事なことだ思う。けやき坂46の今後にも影響が出るかもしれない。

 

 

現在の坂道46Gは、乃木坂46、乃木坂46の3期生、欅坂46、けやき坂46の4つのグループを動かしているような気もする。

 

今後は乃木坂46で卒業生が増えると思うので、この4つのグループのバランスを取るのだろうか。

 

けやき坂46は、「アンダーグループ」なので坂道46グループでは優先順位は低いと思う。だから、他のグループの隙間を突くようなことをやると思う。

 

 

欅坂46が4月6日にデビュー1周年記念ライブを国立代々木第一体育館で開催するので、けやき坂46も参加することになる。

 

サプライズ発表もあるかもしれない。

 

 

けやき坂46が面白いのは、「アンダーグループ」ということと、メンバーはセミプロや即戦力タイプが多く、個性的で12人と人数が少ないのでわかりやすいし、今後どうなるのかよくわからないからだと思う。

 

けやき坂46は、アンダーグループという設定だから面白いと思う。

 

まあ、メンバーは大変だと思うけど、努力と結果と運次第ではグループの状況が変わると思う。