読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

けやき坂46(ひらがなけやき)と、「カタカナけやき」について

けやき坂46

けやき坂46(ひらがなけやき)と、「カタカナけやき」について思うことがあった。

 

 高本さんのブログを見たら、「ひらがなけやきのポーズ」があった。

 

「ひらがなだけど、あえてカタカナでヒを作る」らしい。

 

けやき坂46の「ひらがなけやき」にも「誰よりも高く跳べ!」にもこのポーズが取り入れられている部分がある。

 

 

ソニーミュージックは、「ひらがなけやき」と同じ時期に「カタカナけやき」も商標登録している。

 

 

「けやかけ」のMCの土田さんたちのユニットは、「ケヤキ坂46(カタカナケヤキ)」。

 

「カタカナケヤキ」と「カタカナけやき」は違うと思う。

 

 

「カタカナ『けやき』」なので、ある意味では「けやき坂46」ということになる。

 

 

ソニーのSDグループのオーディションと育成システムは、「複雑で難解」。

 

欅坂46の「欅」という字も「複雑で難解」。欅坂46は、「欅」の字が「最強の運」を持っているところが決め手になったらしい。 

 

けやき坂46(ひらがなけやき)は、欅坂46の「アンダーグループ」。

 

 

「ひらがなけやき」と「カタカナけやき」は商標登録されている。

 

やっぱり、「けやき坂46」プロジェクトは、「謎」があるような気もする。

 

乃木坂46はコードネームが「シャドー (shadow)」。

 

「坂道シリーズ」第2弾の欅坂46と、その「アンダーグループ」のけやき坂46は、「コードネーム」はあるのだろうか。

 

コードネームというのが、理系のソニーらしいところがある。

 

高本彩花さんのコードネームは、「タケモト」かも。

 

 

 

www.keyakizaka46.com