グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

けやき坂46(ひらがなけやき)の「アンダーグループ」の「チャンス」

けやき坂46(ひらがなけやき)は、欅坂46の「アンダーグループ」だけど、「チャンス」はあるような気もする。

 

けやき坂46(12人)

井口眞緒、潮紗理菜、柿崎芽実、影山優佳、加藤史帆、齊藤京子、 佐々木久美、佐々木美玲、高瀬愛奈、高本彩花、長濱ねる、東村芽依

 

兼任の長濱ねるさんは、欅坂46の途中参加したメンバーで人気がある。でも、兼任の負担もあるけど、歌もダンスも微妙なところがある。

 

井口さんは、あのキャラはファンの間では賛否両論で、パフォーマンスや個別握手会で苦戦している。

 

潮さんは、GWのSR配信不参加でハンデがあったと思うし、推されていない。

 

柿崎さんは、センターだけど、欅坂46のセンターの平手さんと比較するとパフォーマンスや存在感で微妙なところがあるかも。乃木坂46の3期生の中3トリオのパフォーマンスと比べても微妙かも。

 

影山さんは、AKB48Gドラフト2期で落選している。学業の負担もある。

 

加藤さんは、人気はあるけど、パフォーマンスではまだ微妙なところがあるかも。

 

齊藤さんは、ソニー系スクール出身で人気もあるけど、加入前はオーディションに何回も落ちまくっている。

 

佐々木久美さんは、年齢的にアイドルとしての活動期間が限られているような気もする。

 

佐々木美玲さんは、地下アイドル経験はあるけど、それがプラスになっているのか微妙なところもある。

 

高瀬さんは、GWのSR配信不参加でハンデがあるような気もする。個別握手会も苦戦している。

 

東村さんは、モデル経験があるみたいだけど、GWのSR配信の結果も個別握手会も苦戦気味。

 

高本さんは、漢字欅オーディション落ちの普通の素人。「特技は小指が短いところと、朝アラームが聞こえないところです」で、「趣味は電車に乗って線路を見ることです」。

 

 

こう見ると、けやき坂46(ひらがなけやき)って、やっぱり「落ちこぼれ集団」で「ネタキャラ集団」かも。

 

まさに、秋元グループの企画モノアイドルの「アンダーグループ」。

 

 

けやき坂46は、いくつかの「革命」を起こしている。

 

ゴールデンウィークのSHOWROOMの個人配信の「革命」的なオーディション。

 

有明コンサートの「誰よりも高く跳べ!」のパフォーマンスでも一発当てて、「革命」を起こしている。「けやかけ」のMCの土田さんは、井口さんを絶賛していた。

 

「誰よりも高く跳べ!」のMVの再生回数は、「革命」的な数字の結果が出ている。

 

 

greennoaoffice.hatenablog.com

 

 

けやき坂46には、「アンダーグループ」だけど、「チャンス」がある。

 

けやき坂46は、「earth music&ecology × KANKO Label」のビジュアルキャラクターに決定して、「B.L.T.」にも掲載されるらしい。

 

けやき坂46(ひらがなけやき)単独ワンマンライブが、3月21日、22日に、ソニー系のZepp Tokyoにて開催することが決定した。

 

この単独ワンマンライブでは、「けやき坂46の『新たなチャレンジ』にご注目下さい」とのこと。

 

まあ、けやき坂46って「グループ」なんだと思うけど。

 

けやき坂46のメンバーは、兼任の長濱さんを除くと、まだデビューして1年も経っていない。

 

それなのに、単独ワンマンライブが、3月21日、22日に、「ソニー系のZepp Tokyo」にて開催する。

 

平日とは言っても、2日間も「グループ」としての「ライブ」がある。

 

これは、秋元グループでは、相当恵まれている。

 

乃木坂46の「アンダーメンバー」はシングル毎にメンバーと人数が変わるので、「グループ」ではない。

 

乃木坂46の3期生は「グループ」ではない。今後は「選抜」と「アンダー」にわかれる。

 

AKB48Gは、「チーム」があるけど、基本的には16人以上。16人でもその中にはポジションや序列があるし、後列は目立ちにくい。劇場公演は、どうしても「地下アイドル感」がある。

 

AKB48Gは、選抜外メンバーや研究生は、なかなか曲ももらえないし、仕事のチャンスも少ない。

 

けやき坂46(ひらがなけやき)の「アンダーグループ」で、12人なので、秋元グループでは「グループ」としては人数が少なく、わかりやすい。

 

けやき坂46は、グループとして結成して1年も経っていないのに、すでに2曲ももらっている。さらに欅坂46の4枚目シングルは4月5日に発売されるので、けやき坂46は、3曲目の新曲もあると思う。

 

 

けやき坂46(ひらがなけやき)は、3月21日、22日のソニー系のZepp Tokyoの単独ワンマンライブで、「アンダーグループ」として、「革命」を起こす必要があると思う。

 

ここで、有明コンサートのパフォーマンスのような「革命」を起こせば、次のチャンスに確実につながると思う。

 

この単独ワンマンライブで、何か「サプライズ発表」があるかも。

 

 

欅坂46の4枚目シングルは4月5日に発売される。けやき坂46の新曲もMV付きであると思う。

 

乃木坂46の3月22日に発売される17枚目シングルの「インフルエンサー」のカップリング曲に、「三番目の風」という3期生の曲がある。

 

この3期生の「三番目の風」にMVがあった場合は、けやき坂46の新曲のMVと再生回数で比較されるかも。

 

さらに、乃木坂46の「アンダーメンバー」の「風船は生きている」という曲もある。このMVの再生回数もどうなるのか気になる。

 

 

「アンダーグループ」のけやき坂46の「誰よりも高く跳べ!」のMVの再生回数は、現在約31万回。

 

1月31日に公開されて、2月22日に発売されたSKE48のセカンドアルバム「革命の丘」のリード曲「夏よ、急げ!」MV(special edit ver.)の再生回数は、約16万回。

 

2月1日に公開されて、2月15日発売されたHKT48の9枚目シングル「バグっていいじゃん」のMV(Short ver.)の再生回数は、約31万回。

 

 

4月12日には、NGT48のデビューシングルの発売がされる。このシングルに収録される曲のMVの再生回数も気になるところ。

 

 

欅坂46の4枚目シングルは4月5日に発売される「けやき坂46」の新曲は「結果」を出す必要があるかも。

 

もちろん、欅坂46の4枚目シングルの握手会でも、数字で結果を出す必要がある。

 

 

この展開は、けやき坂46のメンバーは本当に大変だと思うけど、明らかに「チャンス」があるからなあ。

 

「新しい挑戦」と「革命」の「可能性」は、メンバーの努力と結果次第では、確実にあると思うけど。

 

けやき坂46は、「アンダーグループ」だけど、ソニーだし、秋元グループだから恵まれている。

 

まあ、やるしかないよなあ。

 

これは、熱いよなあ。