読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

けやき坂46(ひらがなけやき)の高本彩花さんの「革命は宿命」

欅坂46の運営は、「革命は宿命」と言っている。これは、どういうことだろうか。

 

けやき坂46(ひらがなけやき)のメンバーの高本彩花さんは、個性派集団のけやき坂46では、普通キャラ。ルックスも身長も歌もダンスも人気も普通。

 

高本彩花さんは、特技は「小指が短いところと、朝アラームが聞こえないところです」で、趣味は「電車に乗って線路を見ることです」とのこと。

 

高本彩花さんは、握手とブログしかない。

 

高本さんは、「死ぬ気で努力する」と言っていた。

 

「もっともっと頑張らなきゃ」とか「何事にも全力で取り組んでいきます!!」とか「皆さんのために、生きていきています」とも言っている。

 

 

「アンダーグループ」の「けやき坂46」は、チャンスが極端に少ない。

 

 

けやき坂46(ひらがなけやき)は、欅坂46の「アンダーグループ」なので、乃木坂46の3期生と比べると、推され方が全体的に弱く、人気でも遅れを取っている。

 

けやき坂46は、「アンダーグループ」という特殊な立場なので、最初から期待されていないかも。

 

 

乃木坂46の「3人のプリンシパル」や「5th YEAR BIRTHDAY LIVE」を、けやき坂46のメンバーの一部は見ているけど、何も思わないわけがない。相当な影響を受けていると思う。

 

けやき坂46は、アンダーグループで意図的な不遇システムがあるから、メンバーはエネルギーを溜め込んでいる部分があると思う。

 

だから、一発にかける力が強い。

 

そして、その一発を当てる力も、メンバーが個性と実力があるから発揮しやすいような気もする。

 

 

欅坂46は、デビューシングルの「サイレントマジョリティー」がヒットして、注目されているけど、「アンダーグループ」のけやき坂46は、推されていないので秋元グループのファンにもあんまり認知されていないレベル。

 

欅坂46は、ソニーが相当なゴリ推しをしている。

 

でも、欅坂46に「アンダーグループ」の「けやき坂46」があることは、世間的にはあまり知られていないようだ。

 

 

けやき坂46(ひらがなけやき)のメンバーの高本彩花さんは、個性派集団のけやき坂46では、普通キャラ。

 

高本彩花さんは、秋元グループの新人では、「圧倒的な普通」。これが良いと思う。

 

 

高本さんは有明のコンサートでは、「尋常じゃない爆レス」をやっていたけど、いつも同じパターン。

 

まさに「ヘビーローテーション」。

 

でも、それに影響された欅坂46のファンは結構いると思う。

 

「感化」されたファンもいたと思う。

 

高本さんは、個別握手会は「一体一」で頑張っているらしい。「体」を使って頑張っているのかも。「一体感」がある握手なのかもしれない。

 

高本さんは、有明コンサート後の個別握手会の受付で完売の結果を出している。

 

高本彩花さんは、「インフルエンサー」なのかもしれない。

 

 

高本さんの個別握手の結果に坂道46Gのファンは、「えっ?高本さんって、人気があるの?」と思った人が結構いると思う。これは、まさにGWのSR配信の時と同じパターン。

 

個性派集団のけやき坂46では、普通キャラでたいして目立ってもいない高本彩花さんは、「アンダーグループ」のけやき坂46の「ダークホース」なのかもしれない。

 

高本彩花さんは、「アンダーグループ」の「けやき坂46」の最後の最後の「6番(候補生番号)」。

 

サイリウムカラーは、乃木坂46の西野七瀬さんと同じ「緑と白」。

 

 

秋元康氏は、AKB48の11周年公演前にメンバーに「恵まれている分、がむしゃらさが足りないし、甘えがある。圧倒的努力と謙虚さとファンや先輩やスタッフへの感謝が足りない」というようなことを言っていた。

 

秋元グループでは、握手会とブログSNSは基本中の基本。

 

高本さんは、個別握手会で結果を出すしか方法がない。

 

 

けやき坂46(ひらがなけやき)単独ワンマンライブが、3月21日、22日にZepp Tokyoにて開催することが決定した。

 

ここでも、「革命」を起こすかも。

 

 

 

 

やっぱり、「あの人」に似ているような気もする。

 

 

www.keyakizaka46.com