読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

けやき坂46(ひらがなけやき)の「秘密」について

けやき坂46(ひらがなけやき)は、欅坂46の「アンダーグループ」だけど、何か「秘密」があるのだろうかと思うこともある。

 

けやき坂46(ひらがなけやき)

井口眞緒、潮紗理菜、柿崎芽実、影山優佳、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、佐々木美玲、高瀬愛奈、高本彩花、長濱ねる、東村芽依

 

46Gの運営は、「革命は宿命」と言っているけど、これはどういう意味なんだろうか。

 

欅坂46のデビューシングルの「サイレントマジョリティー」の仮タイトルは「僕らの革命」。

 

だから、欅坂46のテーマは「革命」なのかもしれない。

 

欅坂46がスタイリッシュな格好良さを求めてイギリスのモッズのような世界を志向しているらしい。

 

 

最近の秋元康氏は、「坂」や「革命」という言葉をAKB48Gでも使っている。

 

SKE48のセカンドアルバムのタイトルが「革命の丘」、AKB48のじゃんけんユニットの曲では「逆さ坂」、NMB48の研究生の曲で「太陽が坂道を昇る頃」など。

 

 

46Gの運営は「革命は宿命」と言っていて、欅坂46のテーマは「革命」ということは、けやき坂46のテーマは「宿命」なのだろうか。

 

「宿命」とは「宿る命」。生まれつき宿っていることを「宿命」。

 

「宿った命」とは、すでに決められていることで、自分でコントロールすることはできないらしい。

 

「宿命」とは、前世から定まっている「運命」で、避けることも変えることもできない運命的なものらしい。

 

 

ソニーで、世界で初めて「CD」を開発して偉業を成し続けてきた元ソニー上席役員のあの「天外伺朗」氏は、「運命の法則」という本を書いている。

 

「天外伺朗」氏によると、ソニーの創業期は「フロー経営」が行われていて、社員は「燃える集団」になっていて、さらに「強運」になっていて、数々の「ソニー神話」や「ソニー革命」があったと言っている。

 

 

「欅坂46」は、運営によると「欅」の字がすべてに「最強の運」を持っているところが決め手になったらしい。

 

 

「欅坂46」、「欅」、「最強の運」、「革命は宿命」。

 

秋元グループでは、「神」という言葉もよく使われる。

 

「神曲」。「神グルメ」。「神の手」。

 

AKB48では「じゃんけん大会」もある。

 

秋元氏も「最後は、運」ということも言っていたと思う。

 

ソニーということで、いろいろなことがつながってくる。

 

 

けやき坂46(ひらがなけやき)は、欅坂46の「アンダーグループ」だけど、メンバー構成が怪しすぎる部分がある。何か「秘密」があるのかもしれない。

 

 

長濱ねるさん→欅坂46に途中参加した兼任メンバー。けやき坂46のセンター。

 

井口眞緒さん→秋元真夏さんと同じ大学でコミュニケーションを専門的に学んでいて、アナウンサースクールにも通っていたキャラの濃いメンバー。GWのSR配信3位。

 

潮紗理菜さん→GWのSR配信不参加の合格者で順位はビリ。歌、ダンス、トーク、握手能力がハイレベルのセミプロ。「外国語メンバー」。

 

柿崎芽実さん→けやき坂46のセンター。GWのSR配信ポイント効率1位。

 

影山優佳さん→AKB48Gドラフト2期候補生。GWのSR配信は顔出しNG配信。

 

加藤史帆さん→けやき坂46のエースメンバー。人気はトップクラス。乃木坂46の白石麻衣さん風ビジュアルで、秋元真夏さん推し。

 

齊藤京子さん→ソニー系スクール出身。欅坂46の今泉さんとは知人関係。人気はトップクラス。GWのSR配信は1位。

 

佐々木久美さん→リーダーポジション。能力の総合値が高いセミプロメンバー。

 

佐々木美玲さん→アイドル経験者。「外国語メンバー」。

 

高瀬愛奈さん→GWのSR配信不参加の合格者で、「外国語メンバー」。

 

東村芽依さん→モデル経験者。ダンス歴もあるセミプロメンバー。

 

高本彩花さん→欅坂46のオーディション不合格者。GWのSR配信の2位。普通の素人。

 

 

まあ、こう見ると、けやき坂46のメンバーは「訳有りメンバー」が多いなあと思うこともある。

 

実は、「ガチでマジの普通の素人」の高本彩花さん以外のメンバーは、台本がある程度はあるのかもしれない。

 

高本さんはGWのSR配信は2位だったけど、お披露目では結構ギリギリで呼ばれてガチ泣き状態だった。

 

全握では長濱さんと最初にコンビを組んで、長濱さんのファンの一部にスルーされてガチ泣き状態になった。でも、2推しなどは増えた印象もある。

 

SHOWROOMの「3rdシングル カップリングMusic Video観賞会」では、高本さんはトークの出番が変に少なかった。

 

そして、欅坂46の3rdシングル「二人セゾン」のカップリング曲のけやき坂46の『誰よりも高く跳べ!』では弓道のソロカットで、高本さんは相当おいしい思いをしている。

 

 

高本さんは「ぽんちゃん」だし、チヤホヤすると、すぐに浮かれるし、すぐに泣く。それがエンタメとしては、結構面白いからなあ。

 

加藤史帆さんは、高本さんが泣くと笑うらしい。まあ、高本さんの泣き顔はなかなか良いものがあるからなあ。

 

高本さんは、「ツンデレ」が好きみたいだし、すぐに「感化」されるからなあ。

 

ソニー系スクール出身の齊藤京子さんは、高本さんのことを「頭が悪い(笑)」とよく言っているし。

 

まあ、これは、つまり、そういうことだよなあ。

 

ひらがなメンバーは頭が良い人が多いから、「複雑で難解」な「仕掛けの一部」はもうわかっているのかもしれない。

 

 

GWのSR配信参加合格者は9人。野球。

 

GWのSR配信不参加の合格者は2人で、「外国語メンバー」。

 

けやき坂46の新メンバーは11人で、サッカー。

 

候補生番号10番の柿崎芽実さんが、お披露目センター。10番はサッカーのエース番号。

 

秋元グループは、野球にも縁がある。AKB48のドラフト会議とか。

 

候補生番号ラストナンバーの18番の影山優佳さんは、AKB48のドラフト2期候補生で、顔出しNG配信。影山さんはサッカー好き。

 

AKB48の公式ライバルの乃木坂46のコードネームは、「シャドー」。

 

けやき坂46は、欅坂46の「アンダーグループ」。

 

けやき坂46の新メンバーは11人で、兼任の長濱ねるさんを入れると12人。

 

「革命は宿命」。

 

 

秋元氏は「今の時代はリアルな女の子がアイドル」と言っている。だから、「リアルJKな普通の素人メンバー」は結構好きだと思う。最近だと乃木坂46の3期生の暫定センターの大園桃子さん。

 

少し前だと、乃木坂46の西野七瀬さんも「リアルJKな普通の素人メンバー」だったと思う。

 

西野さんのサイリウムカラーは「緑と白」。高本さんのサイリウムカラーも「緑と白」。

 

それから、AKB48時代の「あの人」も「リアルJKな普通の素人メンバー」だったと思う。

 

「高本彩花」さんの名前は、乃木坂46の「高山一美」さんの「高」、「橋本奈々未」さんの「本」、「衛藤美彩」さんの「彩」、「中田花奈」さんの「花」で構成されている。この4人は乃木坂46のフロント経験者。

 

 

「AKB48G好きの普通の素人メンバー」の「弓道キャラ」の高本さんのGWのSRの候補生番号は6番。「46」の6番。

 

野球では、6番はショート。「遊撃手」。「遊びの要素」がある。つまり、「運」。

 

「欅坂46」は、運営によると「欅」の字がすべてに「最強の運」を持っているところが決め手になったらしい。

 

秋元氏も「最後は、運」ということも言っていたと思う。運は、神頼み。「神」。

 

 

そして、その「運」を引き寄せるためには、「笑い」と「ユーモア」と「感謝」が必要と、元ソニーの上席役員で「CD」を開発した「天外伺朗」氏は言っている。

 

「天外伺朗」氏は、高校時代は「弓道部」で、「46歳」でソニーの取締役になっているようだ。

 

フロー経営では、フロー理論の「共時性」も大切にしているようだ。天外塾のURLは、「オフィスJK」。

 

 

アイドルは、フィクション(物語)だと思う。

 

欅坂46の「欅」の字は21画で、ソニーのSDグループのオーディションと育成システムのように「複雑で難解」。

 

けやき坂46は、「ひらがなけやき」だから、「わかりやすい」部分があると思う。

 

高本さんは、AKB48G好きの普通の素人メンバー。つまり、ガチ。

 


高本さんは、けやき坂46の「AKB48風サプライズ的なドッキリ」に引っかかっているのかも。

 

SHOWROOM、長濱さんとの全握、「誰よりも高く跳べ!」のMV、メンバーとの関係性などで、それが出ている部分があると思った。

 

 

まあ、高本さんは、本当においしいポジションだよなあ。

 

 

www.keyakizaka46.com