読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

乃木坂46の17枚目シングルの握手会とCDの売上について

乃木坂46の17枚目シングルの握手会とCDの売上について思うことがあった。

 

乃木坂46の17枚目シングルの選抜メンバー(「21人」)

 

西野七瀬、白石麻衣、齋藤飛鳥、堀未央奈、秋元真夏、衛藤美彩、生田絵梨花、高山一実、松村沙友理、若月佑美、生駒里奈、桜井玲香、星野みなみ、北野日奈子、伊藤万理華、井上小百合、新内眞衣、寺田蘭世、斉藤優里、樋口日奈、中田花奈

 

乃木坂46の17枚目シングルは、革命を起こすシングルかも。

 

個別握手会に不参加のメンバーが多い。これによって、3期生はかなりチャンスがあると思う。

 

個別握手会に不参加のメンバーについては、スケジュールの関係で偶然なのかもしれない。でも、世代交代のためには良いタイミングだと思う。

 

乃木坂46は全握の人の多さが問題視されていたし、主に選抜メンバーの体調不良者の多さも気になった。

 

 

欅坂46にファンが流れても問題がないと考えているのかもしれない。欅坂46は「二人セゾン」はかなり売れたと思うけど、握手人気的には「けやき坂46」の一部のメンバーはまだ伸びる可能性もある。

 

3期生と、漢字欅メンバーとひらがなメンバーの握手人気のバランスは、メディアでの推し方も含めてどうなるのか気になるところ。

 

モデル売りにしても、アイドル売りにしても、女優売りにしても枠は限られていると思う。その枠の拡大が、坂道46Gの多面的な発展につながると思うし、ソニーはそこにエンタメ事業の未来をかけている部分があるのかもしれないけど。

 

 

乃木坂46の17枚目シングルの表題曲とMV次第で、売上が変わる可能性もある。個人的には3期生の曲があるのかは気になるけど。

 

全握とおまけをどうするのだろうかと思うこともある。

 

個人的には、3期生は予想以上に人気があるような気もする。

 

 

乃木坂46はピークをどこまで伸ばせるのかがポイントらしいし、欅坂46(+けやき坂46)に力を移行させながら、3期生を中心とした世代交代を行う可能性がある。今の3期生の推し方を見ているとそんな感じもする。

 

 

18枚目シングルは、夏に発売されるのである程度冒険ができるような気もするけど、卒業発表があった場合はいろいろと変わってくるかも。

 

卒業の影響がなければ、夏シングルは負担が少なめのような感じもするので、齋藤飛鳥さんがセンターを担当する可能性もあるかも。個人的にはWセンターはやめてほしいけど。

 

18枚目シングルは、3期生はまだ選抜入れてないような気もする。選抜人数は17枚目シングルは21人と多めだけど、18枚目シングルで人数をどうするのか気になるところ。

 

17枚目シングルで売り上げが落ちても、18枚目シングルで売り上げが復活すれば、落ち目感が薄くなると思う。そういう戦略的なものはあるのだろうか。

 

 

2017年秋に、「乃木坂46の世代交代に挑戦する」場合は、3期生は暫定センターの大園さんと、人気メンバーの山下さん、与田さん、久保さんの4人は19枚目シングル選抜に入れてくる可能性もある。

 

まあ、19枚目シングルも卒業生の関係でどうなるのかわからないこともあるし、選抜人数をどうするのかもわからないけど。

 

 

秋元グループは、2018年はAKB48Gでいろいろとあると思う。SKE48は10周年だし、STU48のシングルCDデビューもあると思う。

 

2018年はAKB48、SKE48、NMB48、HKT48では卒業生も大物メンバーも含めて結構いると思う。

 

2018年のAKB48は、「チーム8」が鍵になるかも。「2018」の「48」で「8」ということで。あとは「16期生」か。8×2=16ということで。

 

2018年のSKE48は、「8期生」が重要になると思うけど、今のSKE48を見ているといろいろと厳しいなあと思うこともある。

 

2018年の総選挙で、誰が1位になるのかも今後AKB48Gにとっては重要だと思うし。

 

数字的には、「2018」と「48」の後ろの「8」を横にすると「∞」なので、AKB48Gは「2014年の大組閣」以上のカオスになるかも。

 

 

乃木坂46も大物メンバーを含めて卒業生も結構いると思う。

 

「乃木坂46の世代交代に挑戦」する場合は、事前にシングルの売上の調整を意図的に行って、落ち目感が出ないように工夫する可能性もあるかも。

 

乃木坂46の17枚目シングルは、売上がある程度落ちてもそれは、世代交代の挑戦のための準備としては良いことなのかもしれない。

 

1シングルの売上を気にするよりも、もっと長期的な計画を考えて実行している可能性がある。そうしないと、「乃木坂46の世代交代の挑戦」はうまく行かないと思う。慎重に計画的にやっている可能性もあると思うけど。

 

 

2期生は、堀さん以外のメンバーが推されていない感じもする。北野さんは人気があるけど、そこまで推されている印象がない。

 

個人的には、2期生の人気メンバーの堀さん、北野さん、寺田さんのダンスや歌のパフォーマンスは「サンクエトワール」の『君に贈る花がない』を見ると、3期生の一部のメンバーに負けている感じがあると思った。

 

バラエティでも大園さんは良いキャラだと思うし、3期生の一部のメンバーは活躍できる可能性がある。

 

山下さん、久保さんはポテンシャルが1期生と比べてもかなり高い。「3人のプリンシパル」のことを考えると、2人とも女優志望かも。

 

久保さんと山下さんと与田さんは人気が出るのはわかる。

 

3期生は伊藤さん、大園さんとダークホースメンバー1~2人が重要になるような気もする。

 

運営が3期生の伊藤理々杏さんを推すのは、たぶん正解だと思う。伊藤さんはSR配信でも「3人のプリンシパル」でも結果を出している。

 

 

ひらがなと比較するとわかりやすい。兼任の長濱さんを除くと、加藤さん、齊藤さん、高本さん、柿崎さん、影山さん、佐々木久美さん、潮さんの7人が個別は8部以上完売しているので、3期生も最低でも7人の握手人気メンバーは必要になると思う。

 

 

2期生は、握手人気の高い新内さんは年齢的に世代交代には関係ないと思うし、山崎さんは学業があると思う。

 

そうなると、握手人気的には堀さんと北野さんと寺田さんの3人が中心になると思う。鈴木さんと渡辺さんは握手人気の伸び次第かも。北野さんと寺田さんは福神に入れるかはギリギリのところかも。

 

2期生はビジュアル系の握手人気の高いメンバーがいないのと、バラエティに強い握手人気が高いメンバーが少ないと、歌やダンスパフォーマンスが良くて握手人気のあるメンバーがいないので厳しい感じもある。アイドル性もどうかなあと思うこともある。

 

3期生には、可能性があると思う。48000人以上から選んだわけだし、人気と勢いがあると思う。まあ、バラエティはかなり重要だと思うけど。

 

 

3期生を中心とした乃木坂46の世代交代に挑戦する可能性は、2018年秋にはあると思う。そのためには、シングルの売上を含めた意図的な調整は、ある程度はあると思うし、欅坂46とけやき坂46ともバランスを取るような気もする。

 

欅坂46の4枚目シングルの個別握手会の部数設定を見ると、そういう調整もあるのかもしれないと思ったし、ソニーの独特な「複雑で難解」な感じが出ているような気もした。

 

それに去年の12月あたりから、欅坂46とけやき坂46のメンバーの一部がブログなどで、「謎の煽り」をしているので運営がいろいろと考えているのか、それともその影響を受けているのかなあと思うこともある。