読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

乃木坂46の17枚目シングルと欅坂46の4枚目シングルについて

乃木坂46の17枚目シングルが3月22日に、欅坂46の4枚目シングルが4月5日に発売することが決定した。

 

NGT48のデビューシングルの発売日は4月12日。

 

白石さんと松村さんと生田さんは、17枚目シングルの個別握手会に不参加。中元さんが休業。

 

その他の乃木坂46の一部のメンバーが舞台仕事などの関係で、個別握手会に不参加。

 

 

ソニーは映画部門で赤字を決算で報告したらしいけど、エンタメ事業は厳しい状況なのかも。予算の見直しが行われる可能性があるかも。

 

乃木坂46や欅坂46は、ソニー本社がエンタメ事業の中核のひとつとして期待している部分があると思うけど、メンバーの人数が多いし、握手会などのコストもかかりやすいと思う。

 

乃木坂46と欅坂46の関係がどうなっているのかわからない部分がある。特に権利関係などは、秋元氏の関係で複雑なのかもしれない。

 

 

「乃木坂工事中」は、「乃木どこ」時代に比べると出演メンバーが少なかったり、ロケ企画が少ない。まあ、これはメンバーのスケジュールの関係もあるので、仕方がないのかもしれないけど。あとメインスポンサーはソニーグループ頼みな感じもする。

 

欅坂46の「欅って、書けない?」が開始してから、予算の配分が変わったのだろうかと思うこともある。まあ、リソースは限られていると思うけど。

 

 

現在の坂道46グループは、乃木坂46の選抜メンバー、乃木坂46のアンダーメンバー、乃木坂46の3期生、欅坂46、けやき坂46の5つのグループがあると思うけど、優先順位は、乃木坂46の選抜、欅坂46、乃木坂46の3期生の3つかも。

 

乃木坂46と欅坂46でバランスを取りながら、3期生をゴリ推しして「乃木坂46の世代交代に挑戦」する感じかも。

 

「アンダーグループ」のけやき坂46をどうしたいのかわからないけど。乃木坂46の「アンダー」とは違いを出すのだろうか。

 

 

それから、「坂道シリーズ第3弾」はあるのだろうか。あるとしたら2019年以降かも。乃木坂46が女子系で、欅坂46が格好良い系だと思うので、「坂道シリーズ第3弾」は年齢が若い正統派アイドル系や子ども受けを狙う可能性もあるかも。

 

「坂道シリーズ第3弾」の前に、2019年に乃木坂46の4期生の募集があるかもしれないけど。その辺はそのときのソニーの状況と坂道46グループの勢いと人気次第かも。秋元グループもどうなっているのかわからないけど。

 

 

「アンダーグループ」のけやき坂46は、厳しいよなあと思うこともある。個人的には、そういう状況にある「アンダーグループ」が今後どうなるのかはすごく興味があるけど。まあ、メンバーは本当に大変だと思う。

 

 

 

乃木坂46の3期生は、「3人のプリンシパル」で勢いがある状態なので、17枚目シングルの個別握手会は12部完売メンバーは結構いると思う。

 

個人的な予想では、久保さん、山下さん、与田さんは12部完売はほぼ確実で、18部でも全完売できると思う。さらに大園さんと伊藤さんも12部完売できそうな気もする。あとのメンバーはわからない。ダークホースメンバーはたぶんいると思う。

 

 

欅坂46のメンバーは4枚目シングルで、12人以上が30部完売メンバーになりそうな気もする。

 

でも、乃木坂46の3期生の影響を受ける漢字欅メンバーもいるかも。ひらがなの影響を受ける漢字欅メンバーもいると思う。

 

 

問題は、欅坂46の4枚目シングルでのひらがなメンバーの握手人気だと思う。乃木坂46の3期生はゴリ推し状態なので、結構厳しい部分があるような気もする。

 

ひらがなメンバーにとっては、4枚目シングルは勝負だと思う。

 

兼任の長濱さんは30部完売メンバーになれると思う。加藤さんと齊藤さんは20部以上は完売できると思う。

 

加藤さんは、乃木坂46の3期生の久保さん、山下さん、与田さんに匹敵する人気があると思う。大園さんと伊藤さんには握手人気で勝てると思うし、勝てないと厳しいかも。

 

齊藤さんは、久保さん、山下さん、与田さんに人気では勝てない可能性もある。大園さんと伊藤さんに握手人気で勝たないと厳しいかも。でも、齊藤さんの場合は驚異的な力があると思うから、久保さん、山下さん、与田さんに人気で負けない可能性もある。

 

柿崎さんは、久保さん、山下さん、与田さんに人気では勝てない可能性はあるけど、大園さんと伊藤さんには握手人気で勝ちたいところかも。

 

 

個人的に気になる高本さんは、握手しかない人だと思うので4枚目シングルは頑張ってほしいけど、久保さん、山下さん、与田さんには人気では勝てないと思う。大園さんと伊藤さんに握手人気で勝てれば、「大金星」レベルだと思う。

 

高本さんは、3枚目シングル「二人セゾン」で9部完売しているので、4枚目シングルで12部以上完売しないと今後はかなり厳しいと思う。久保さん、山下さん、与田さん、大園さん、伊藤さん以外の3期生メンバーには握手では勝ちたいところかも。

 

 

けやき坂46の未来は、高本彩花さんの握手人気にかかっている部分があるかも。

 

高本さんは欅坂46の表題曲の選抜メンバーになっても、あんまりおいしくないかも。

 

GWのSR配信時代から一部のファンから言われていたと思うけど、欅坂46の表題曲の選抜メンバーに、一度だけ「思い出選抜」で3列目選抜メンバーになれるくらいレベルかも。

 

その場合は「Mステ」などの音楽番組や、「けやかけ」などのバラエティ番組に出れると思うので、良い経験や思い出になるかもしれないけど、それで活躍できたり、人気がどこまで上がるのか疑問もある。雑誌のグラビア以外はソロ仕事は難しいような気もする。

 

 

まあ、高本さんはブログで「サイレントマジョリティー」のことを、「サイレントマジョリティ」って書くし、GWのSR配信では、「サイレントマジョリティー」を適当に歌って視聴者から怒られているから、基本的にはひらがな要員だと思う。

 

高本さんの場合は、カップリング曲であっても、「アンダーグループ」のけやき坂46のセンターを1回でも担当した方がおいしいかも。その方がソロで推される可能性があるし、人気も上がる可能性がある。そのチャンスは2年後くらいにあるかも。

 

楽曲とMV次第ではチャンスが増大するかも。高本さんは「誰よりも高く跳べ!」でその力を発揮した部分があるし、センター適性もあると思う。

 

「アンダーグループ」のけやき坂46と、乃木坂46の「アンダー」に違いがある場合は、そこにチャンスがあるような気もする。

 

けやき坂46(ひらがなけやき)は、欅坂46の「アンダーグループ」だから楽曲的にできることがあるのかもしれない。まあ、それは秋元氏と運営次第だと思うけど。

 

そのためには握手人気が上がらないと話にならないと思う。高本さんが、けやき坂46でセンターになるためには、最低でも24部完売は必要だと思う。

 

 

www.keyakizaka46.com

 

 

個人的には、高本さんは秋元グループでは「普通の素人風キャラ」だと思うから、「握手で革命」を起こす「ダークホースメンバー」の大本命だと思う。