グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

けやき坂46(ひらがなけやき)の高本彩花さんは、「隠れエースメンバー」なのだろうか

けやき坂46(ひらがなけやき)の高本彩花さんは、「隠れエースメンバー」なのだろうか。

 

GWのSRの配信の時の高本さん(6番)の写真を見たときは、「初期の島崎遥香さん」に近いと思った。しかも、性格もよさそうな感じがした。

 

まあ、その後のGWのSR配信では、見た目もキャラも予想とは全然違ったけど。

 

合格後の写真をいくつか見た時も、「見た目が初期の島崎遥香さんに似ているなあ」と思った。

 

高本さんは、あの「島崎遥香(ぱるる)さん」レベルの人かも。

 

高本さんのSR配信は、「ハイテンション」だし。

 

高本彩花さんは、けやき坂46(ひらがなけやき)の「隠れエースメンバー」かも。

 

けやき坂46が、AKB48を意識している場合は、高本さんは「島崎遥香(ぱるる)さん」ポジションかも。

 

そうだとしたら、すごいよなあ。

 

しかも、高本さんは握手は「神対応」だからなあ。

 

 

ちなみに、GWのSR配信では高本さんは乃木坂46の寺田さんや欅坂46の米谷さんに似ていると言われていた。確かにそうかもしれないなあと思った。

 

個人的には、寺田さんも米谷さんも初期の頃からルックス的には結構好きなタイプだった。

 

ただ、高本さんの場合は、ルックス云々ではないなあとGWのSR配信の時から思っていた。

 

高本さんのあの配信は「伝説」的な感じもする。

 

まあ、ひらがなのGWのSR配信って、今考えるとやっぱり異常な感じもするし、放送禁止レベルだったと思う。

 

乃木坂3期生やAKB16期生やSKE8期生のSR配信オーディションと比べるとそんな感じがした。

 

もちろん、ひらがなの候補生は頑張っていたと思うけど。

 

 

乃木坂46の3期生は、最近よく「個性」という言葉を使う。スタッフに何か言われているのだろうかと思うこともある。

 

ひらがなメンバーは、特に「個性」を大事にしている部分があるし、キャラが立っているメンバーが多いと思う。

 

「エリートゴリ推し集団の乃木坂46の3期生」は、「坂道46Gの干されネタキャラ集団のひらがなメンバー」を意識していることはあるのだろうか。

 

個人的には、3期生とひらがなメンバーの構図は面白いなあと思うことがある。

 

 

ひらがなメンバーは、個性的な人が多いと思うけど、高本さんはその中では「普通」。ルックスも身長も人気も実力も「普通」。

 

まあ、頭はアレだけど。

 

高本さんは、スタイルが良いって言われているけど、他にもスタイルの良いメンバーはいる。

 

高本さんは、小顔って言われているけど、他にも小顔のメンバーは結構いると思う。

 

 

高本さんは、「小顔に見えるだけ」だと思う。頭蓋骨の形はSKE48の江籠さんに近いと思う。江籠さんと同じく頬の肉は落ちにくいタイプかもしれないし、髪の量は多い方だと思う。

 

さらに体調によって、浮腫みなどが強かったり、髪型によっては、そんなに小顔には見えないこともあると思う。

 

まあ、「顔」と「頭」の大きさの違いがあるような気もする。

 

 

高本さんが「脳の知覚機能」が相当なレベルで、「最先端のテクノロジー」だと思う理由は、「脳ー頭蓋骨の形状に特徴」があるのと、「ヘディングのプロ」と言われていたことから、ヘディングの影響で「パンチドランカー」的なこともあるような気もする。

 

 

高本さんが、センス(感性)が良いのは、骨相学的に脳と頭蓋骨の関係から考察できるような気もする。

 

まあ、浮かれやすくて、すぐに泣くところもあるけど、そういうことも感性や感覚な関係があるのでないかと思うこともある。

 

そして、驚異的な「運」にも、それがつながっている部分があるような気もする。

 

 

まあ、けやき坂46(ひらがなけやき)の高本彩花さんは、「謎のアイドル」だなあと思うことがある。

 

高本さんは実は「謎」が多いから、カリスマ性が高い可能性もある。

 

高本さんは、「普通のようで、普通ではないアイドル」かも。

 

 

高本さんの「夢」ってなんだろうかと思うことがある。

 

でも、今は「秘密」で良いのかもしれない。

 

 

 

あくまで、アイドルでフィクションでエンタメだと思う。

 

だから、「運命の法則」が発動する部分があるような気もする。

 

 

 

www.keyakizaka46.com

 

 

ブログの更新のタイミングも良いことが多い。

 

高本さんは、化粧が濃くない方がナチュラルな感じで良いのかも。

 

秋元氏もメンバーに対しては、「そのままでいい」って、よく言っていたと思う。