グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

けやき坂46(ひらがなけやき)の高本彩花さんと「感化」について

けやき坂46(ひらがなけやき)の高本彩花さんと「感化」について思うことがあった。

 

マジで、大変なことに気づいた。

 

2017年2月に、衝撃の展開。

 

高本さんに、「してやられた」。

 

個人的には、元SKE48の秦佐和子さんの再来と思っている乃木坂46の「久保史緒里」さんに対して大変失礼なミスをしてしまった。

 

たぶん、その原因がこの記事。

 

 

greennoaoffice.hatenablog.com

 

 

高本さんは、「久保史『織』里ちゃんともリハーサルの時に撮っていただきました(*´˘`*)♡」と書いていた。

 

「久保史『緒』里」さん、なんだけど。

 

『織』と『緒』

 

これは、完全に気づかなかった。

 

しかも、このブログでもいくつかの記事で「久保史『緒』里」さんを、「久保史『織』里」さんと書いてしまった。

 

これは、ひどすぎる。

 

猛省するレベル。

 

 

まさか、高本さんの誤字脱字ギャグに引っかかるとは。

 

「感化」されたのか。

 

これが、高本さんの「フォース(force)」なのか。

 

高本さんは、けやき坂46の「6番」。

 

 

確かに、高本さんはGWのSR配信の時から、「人の脳を混乱させるところはある」と思っていたけど。

 

25万円以上も使った超重課金者とかはそう考えないと説明できない部分があると思うし。

 

これは、個人的に最近気になっている「噂のソニーパワー」なのか。

 

「46」の「フォース(force)」。

 

かつて、ソニー村には、ソニーの創業者の井深大氏も関わっていたらしい「エスパー研究室」があったし。

 

ソニーは、最先端の「アート(芸術)」と「ヒューマン・サイエンス(人間科学)」の融合がコンセプト。

 

 

個人的には神の中の神の特別枠で、元SKE48の秦佐和子さんの再来と思っている乃木坂46の「久保史緒里」さんを、「久保史『織』里」さんと書いてしまった。

 

 

 

欅坂46の一部のファンから、「おバカキャラ」と言われている高本さんに完全にやられた。

 

一生の不覚。

 

完全に負けた。

 

完敗。

 

ショックすぎる。

 

悔しすぎる。

 

ガチでマジで、高本さんのことが気になってきた。

 

高本彩花さんは、本当に「神」なのかも。

 

 

このブログの最初の2枚の写真、じわじわ来るなあ。

 

 

www.keyakizaka46.com

 

 

加藤さんは確かオーラがすごいと思う。

 

でも、高本さんの言う通り、見た目やオーラだけで人を判断してはいけないと思う。

 

本当に高本さんからは、学ぶことが多い。

 

 

まあ、個人的には高本さんの「よ~く考えよ~~~」の方が少し怖いかも。

 

 

とりあえず、高本さんに関するネタブログ記事を書くのは、もうやめようかなあ。

 

また、面白いネタは思いついたけど。

 

 「よ~く考えよ~~~」という感じかも。