グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

乃木坂46の17枚目シングルの選抜メンバーとアンダーメンバーについて

乃木坂46の17枚目シングルの選抜メンバーとアンダーメンバーについて思うことがあった。

 

選抜メンバー(21人)

西野七瀬、白石麻衣、齋藤飛鳥、堀未央奈、秋元真夏、衛藤美彩、生駒里奈、生田絵梨花、高山一実、松村沙友理、若月佑美、桜井玲香、星野みなみ、北野日奈子、伊藤万理華、井上小百合、新内眞衣、寺田蘭世、斉藤優里、樋口日奈、中田花奈

 

アンダーメンバー(12人)

伊藤かりん、伊藤純奈、川後陽菜、川村真洋、斎藤ちはる、相楽伊織、佐々木琴子、鈴木絢音、能條愛未、山崎怜奈、渡辺みり愛、和田まあや

 

乃木坂46の17枚目シングルの選抜メンバーは21人で、12福神。

 

12福神が、メディア選抜という感じもする。

 

12福神と3列目メンバー9人は、結構な差があるような気もする。

 

 

アンダーメンバーはどうなるのかわからないけど、3期生を除いた12人だとどうなるのか。悲壮感や閉塞感が結構あるような気もする。

 

握手人気的には、アンダーの1期生は結構厳しい感じもする。特にセンテンススプリングメンバー2人は今後はかなり握手人気は厳しい感じもする。

 

 

 

アンダーの2期生は、鈴木絢音さん、山崎怜奈さん、渡辺みり愛さんに可能性があるような気もする。

 

鈴木さんは最近勢いがあるし、少し推されているような気もする。キャラ的に癖が強いタイプだと思うし、大人しいイメージがあるので、どうなるのか。

 

山崎さんは、今回のアンダーでは握手人気はトップだと思うけど、学業の関係などから推されにくい感じもする。時期的には学業の影響はそこまで強くないと思うけど。

 

渡辺さんは、16枚目シングルのアンダー曲「ブランコ」では良いポジションだったし、年齢的にも若い方だし、アイドルとしてのキャラ的にも2期生の中では面白い方なので、可能性があるような気もする。

 

アンダーメンバーは結構厳しいなあと思うこともある。「万年アンダー」というのは、きついものがある。

 

 

3期生は、「3人のプリンシパル」で実力と人気をさらに上げる可能性があるし、メディアでもゴリ推し状態。

 

3期生(12人)

伊藤理々杏・岩本蓮加・梅澤美波・大園桃子・久保史緒里・阪口珠美・佐藤楓・中村麗乃・向井葉月・山下美月・吉田綾乃クリスティー・与田祐希

 

 

3期生は今のゴリ推しや待遇を考えると、もうわかっていると思う。

 

3期生が、「乃木坂46の未来」の中心になるということを。

 

だから、必死にやらないといけない部分があるし、気合も入ると思う。

 

山下さんと久保さんは、超逸材だと思うけど、選抜メンバーにどう組み込むのかは興味がある。

 

3期生は、ネクスト推しで十分に人気と実力が上がったところで、現メンバーと組み込んだ方がいいと思うけど。

 

3期生は、48000人以上から選んだわけだから、大切にした方がいいと思うけど。

 

もちろん、競争の要素は必要だと思う。

 

でも、単純な握手人気の勝ち抜き戦みたいにすると、3期生は4~5人くらいしかチャンスがないような気もする。まあ、握手も大事だけど。

 

また、現在のアンダー的な悲壮感や閉塞感が生まれると思う。

 

それでは、乃木坂46の未来は厳しいものになる。

 

乃木坂46は「アーティスト」を目指しているのであれば、秋元氏と運営はいろいろと考えていると思う。

 

 

「乃木坂46の世代交代に挑戦」するのだろうか。