読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

欅坂46の表題曲選抜メンバーに、けやき坂46のメンバーが入るのだろうか

欅坂46の表題曲選抜メンバーに、けやき坂46(ひらがなけやき)のメンバーが入るのだろうか。

 

まず、選抜人数がどうなるのかわからない。21人選抜なのか、それとも16人選抜にするのか。

 

 

秋元グループで現在16人選抜なのは、HKT48(2月15日発売の9枚目シングル「バグっていいじゃん」)と、NGT48(4月12日発売の中井りかさんセンターで、チームNⅢのメンバーが選抜メンバーのデビューシングル)だと思う。

 

 

AKB48は総選挙選抜メンバーの曲以外は、16人選抜は難しい感じもする。

 

SKE48は、セカンドアルバム「革命の丘」のリードシングル的な表題曲選抜メンバーは、17人。

 

NMB48は、12月28日に発売した16枚目シングル「僕以外の誰か」は、20人選抜。

 

 

乃木坂46は、16枚目シングル「サヨナラの意味」は、19人選抜。

 

乃木坂46は3期生も入ったので、今後どうなるのかわからない。

 

 

欅坂46は、現在は21人選抜。けやき坂46は12人。兼任の長濱さん。

 

大島優子さんセンターのAKB48のメジャー17枚目シングル「ヘビーローテーション」(21人選抜・メディア選抜は12人)。

 

こんな記事も書いた。

 

 

greennoaoffice.hatenablog.com

 

greennoaoffice.hatenablog.com

 

greennoaoffice.hatenablog.com

 

greennoaoffice.hatenablog.com

 

greennoaoffice.hatenablog.com

 

greennoaoffice.hatenablog.com

 

 

欅坂46が、「革命は宿命」や「アーティスト」や「絆」というのであれば、今すぐに秋元グループの得意の「サプライズ的な残酷ショー」はしなくてもいいと思う。

 

秋元氏は、「過剰競争は時代遅れ」と言っているし、「二人セゾン」の漢字欅メンバーの部数は全員24部。

 

 

けやき坂46は、人気メンバーはソロ活動で優遇すれば良いと思う。まあ、そのメンバーは加藤さんと齊藤さんだと思うけど。モデルとかグラビアとか演技関連仕事とかいろいろあると思うけど。

 

ファンの一部は、けやき坂46の人気メンバーも、欅坂46の表題曲の選抜メンバーに入れて、「けやかけ」などのバラエティ番組に出したり、音楽番組に出してほしいという意見もあると思う。

 

でも、その場合は、ひらがなメンバーは全員は無理だし、漢字欅メンバーの一部は強烈に干されることになる。

 

その結果、どういうことになるのだろうか。46G全体の勢いと人気にも影響する可能性がある。

 

リソースに関しては、46Gの勢いと人気次第では発展的に拡大することもあると思う。

 

そのために頑張っている46Gのメンバーもいると思う。

 

ソニーは、坂道46Gの発展に未来をかけていると思う。

 

 

ファンの中には、いろいろな意見があると思うけど、秋元グループの古い固定観念に捉われたファンは切り捨ててもいいような気もする。他のグループを応援すればいいと思うし。

 

新規ファンや女子受けや子ども受けが大事だと思うし。

 

雰囲気の良いグループには、良いファンが集まりやすいと思う。それは握手会のトラブルの防止にもつながりやすいと思う。

 

ファンも「感謝や謙虚さ」が、大事だと思うし。

 

 

混ぜないとつまらないという意見もあるけど、それよりも楽曲の質の高さやパフォーマンスの方が大事なのではないだろうか。それが「アーティスト」だと思うけど。

 

 

乃木坂46は、選抜メンバーは握手人気で固定気味になっている。アンダーの閉塞感が強い。これから、卒業メンバーも増えてくると思うし、3期生を中心としたアイドルの世代交代に挑戦にすると思う。だから、混乱が起こる。

 

 

欅坂46は、世代交代はまだ先の話。未来のことはどうなるのかわからない。卒業生は出てくるかもしれないけど、それはそのときや今後考えればいい話だと思う。今からそれを前提に考えるのはどうかなあとも思う。

 

まだ、欅坂46はデビューシングル発売から、1年も経っていない。

 

 

たぶん、46Gの運営って複雑な構造だと思う。スタッフの中にもいろいろな考えがあると思うし、アイデアやプランの提案や営業や権限関係などは、どうなっているのかよくわからない。

 

秋元氏は、作詞や選曲以外の選抜メンバーやグループの方向性の細かいことは、運営が決めたことを最終的な承認をするだけだと思う。まあ、特殊な介入もあると思うけど。

 

楽曲のヒットとメンバーの努力次第で、大人のスタッフの考え方が変わり、プランや方向性が変化することもあると思う。

 

メンバーの努力で、大人のスタッフの意識を少しずつ変えることも、欅坂46とけやき坂46の「革命」なのかも。

 

「サイレントマジョリティー」で、「大人たちに支配されるな」って言っていたし。

 

「サイレントマジョリティー」の仮タイトルは、「僕らの革命」だし。

 

「革命は宿命」。

 

「欅」の字がすべてに最強の運を持っているらしい。21画。

 

欅坂46の円陣の掛け声は、「謙虚!優しさ!絆!キラキラ輝け欅坂46!」。

 

 

まあ、何が正しいのかは、よくわからないけど。