グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

乃木坂46「女性アイドルの頂点に立った必然」という記事の感想など

乃木坂46「女性アイドルの頂点に立った必然」という記事を読んだ。

 

今、乃木坂46は勢いと人気がある。

 

AKB48は、ソニーに所属していたこともある(デフスターレコーズ)。

 

秋元氏の斬新なアイデアとスピード感に、ソニー側がついていけなかったらしい。

 

秋元氏には、「AKB48のシャドーキャビネット(影の内閣)を作る」という構想があったらしい。

 

乃木坂46運営委員会委員長は、秋元氏からブランドのイメージやコンセプトに一貫性を持たせることを任されたらしい。

 

でも、乃木坂46のコンセプトは「コンセプトがないのが、コンセプト」と言われた。

 

乃木坂46のプロジェクトは、ソニーと秋元氏で相当な話し合いがあったらしい。

 

アイデアも相当な量だったと思うし、ソニーのSDのオーディションと育成システムのように、「複雑で難解」だと思う。

 

AKB48Gは、「劇場」で「体育会系」。乃木坂46は、「劇団」で「文化系」という感じだろうか。

 

AKB48Gは、秋元氏の放送作家としてのノウハウが盛り込まれていて、乃木坂46には、高い作家性が表れているらしい。

 

AKB48Gの方が、バラエティーのネタ色が強いのかも。まあ、下品なところもあるし。

 

乃木坂46の方が、表面的なイメージは、知性や品があるような気もする。

 

 

坂道46Gは、ソニーのSDとは、かなりの関係があるのか。

 

やっぱり、そうなのか。

 

ソニーの「SDグループ」は、本当にすごいからなあ。

 

SDは、マジでシャレにならないからなあ。

 

全国津々浦々のネットワークで、「どの地方のどの学校にどんな才能を持った子がいる」といったレベルでの情報を持っているらしいからなあ。

 

SDスタッフは、「謎の精鋭集団」とも言われている。

 

ものすごい歴史とノウハウと情報とネットワークがあると思う。

 

SDのオーディションと育成システムは、「複雑で難解」だからなあ。

 

乃木坂46の3期生には、SD出身者がいるし。

 

乃木坂46の3期生と、ひらがなけやきのSRオーディションは、SDの匂いが、かなりすると思っていた。

 

 

 

toyokeizai.net