読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

AKB48の秋元康氏のプロデュース感覚の話など

48Gと46G

AKB48の秋元康氏のプロデュース感覚の話などについて思うことがあった。

 

秋元氏が、プロデュースしたゲーム「神の手」については、いろいろな話があるらしい。

 

まあ、「神の手」は、いかにもアレな感じがしたからなあ。

 

「神の手」の推薦文の中には、AKB48Gだけはなく、乃木坂46や欅坂46の名前も出ているみたいだ。

 

秋元氏のプロデュース感覚って、本当に凄いものがあると思う。「うんこや」なんかもそうだけど。

 

 

昔、秋元康氏と南野陽子さんの対談で、秋元氏は「昔、『職業は何ですか?』と聞かれたら、『詐欺師』って答えていた」らしいからなあ。

 

まあ、冗談に聞こえないところが、すごいよなあ。

 

秋元氏は「例えば映画や音楽、企業のCMの打ち合わせで、『これはヒットしますよ』と、力説したりする。今のニーズとか、時代背景とかを説明しながら。でも、ニーズなんて誰も見たことはないし、実際は分からない。それを一生懸命説明しているときに、『何を根拠に言っているの?』って、もうひとりの自分が問いかけるんだよね。そういう意味で詐欺師(笑)」って言っている。

 

 

これ、ひどいよなあ。

 

これで、何回失敗したんだろうか。

 

まさに「適当」な感じもする。

 

「根拠のない自信」みたいなものだろうか。

 

でも、うまく行くことも何回もあったと思う。

 

まさに「運」。

 

面白いよなあ。

 

本当にすごいと思う。

 

 

秋元氏がAKB48を作ろうと思ったのは、たまたま「ショーパブのショー」を見ていて、「僕が作った方が面白いだろうな」と思ったのが、きっかけらしい。

 

これ、本当なのだろうか。

 

まあ、秋元氏は「AKB48は、適当にダラダラやるのが、面白い」と言っていたと思う。

 

 

なんか、もうここまで来ると、尊敬してしまうレベル。

 

胡散臭いし、世間からは賛否両論で、批判されるのは当然だと思うけど。

 

 

秋元氏は高校生時代から、放送作家として頭角を現して、数々のヒット番組の原案や企画構成を手がけて、作詞家としても、ヒット曲を多数生み出してきたからなあ。

 

まあ、カオスだよなあ。