グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

けやき坂46(ひらがなけやき)の高本彩花さんの「革命」

けやき坂46(ひらがなけやき)の高本彩花さんのブログを見た。

 

「最近朝起きてから見えるもの全てが眩しすぎて コンタクトが全然入らなくて その上アイラインも上手く引けなくてガタガタで そして前髪のセットも出来ません」とのこと。 

 

「眩しすぎてうわぁぁってなります」とのこと。

 

これ、ネタだよなあ。

 

どこかのアニメネタみたいな感じもするけど。

 

でも、もしガチなら、マジで危ないと思うけど。

 

超一流の病院の脳神経外科で最新機器による精密検査を受けた方がいいと思うけど。

 

 

たぶんネタだとは思うけど、万が一ガチの場合は、睡眠状態はどうなんだろうか。

 

寝る前に、まだ寝そべりながら携帯をいじっているのだろうか。やめた方がいいと思うけど。たぶん無理だろうなあ。

 

 

トンデモ科学的には、体調によっては寝起きの朝の日差しや照明などの光が強く感じることもあるかも。

 

眩しく感じるということは、脳が感じていることだからなあ。

 

まあ、個人差はあると思う。

 

 

コンタクトじゃなくて、ブルーライトカットの眼鏡を買って試してみてもいいのに。

 

まあ、効果はあるかよくわからないし、賛否両論だけど。

 

しっかりしたものは、少し値段的には高いと思うけど。

 

健康はお金では買えないものがあると思うけど。

 

 

ネタじゃなくて、ガチなら早く専門病院に行った方がいいと思うけど。

 

 

高本さんは、このネタがガチで今からそんな感じだと、今後撮影などの照明で余計悪化して大変なことになると思うけど。

 

芸能人なんだから、普段の生活はコンタクトじゃなくて、眼鏡でも良いと思うけど。

 

 

最近の高本さんは、曜日感覚がおかしいとか言っているし、すぐに泣くし、この寒いのにアイスのストックとか、冷水で洗いものと格闘をしているみたいだし。

 

体調は、本当に大丈夫だろうか。一時期的なものならいいけど。

 

 

それから、高本さんは佐々木久美さんの誕生日については、「皆がお誕生日プレゼントを少し早く渡していて 私は当日に渡す派だからとか調子乗ってたら 当日、忘れました。」とのこと。

 

「最低な人間です」とのこと。

 

ホント、浮かれやすい人だなあ。

 

 

高本さんは、「最低な人間です」だそうだ。

 

人気にも影響しそう。せっかく握手人気が上がってきたのに。

 

まあ、高本さんは「ネガティ部」だからなあ。

 

 

齊藤京子さんは「言霊」が大切というようなことを言っていたと思う。

 

本当にその通りだと思う。

 

 

齊藤京子さんのラーメンブログは、いつも明るくて楽しくて美味しそうで、とても面白くて良い感じがする。

 

 

ソニーで世界で初めて「CD」を開発して、偉業を成し続けて『運命の法則』という本でも有名な元ソニー上席役員の「天外伺朗」氏は、こんなことも言っている。

 

「『笑い』やユーモアは運力の象徴で、笑いのない場所に運力はやどらない」

 

「『感謝』こそが最強の祈りで、すべてに感謝していれば、感謝すべきことしか起きなくなる」

 

 

www.keyakizaka46.com

 

 

坂道46Gは、今は勢いと人気がある。

 

欅坂46の「二人セゾン」の累計売上は55万枚を超えたらしい。凄すぎる。

 

 

グループが「フロー状態」になり、「燃える集団」になると、普通なら突破できないような壁をメンバーたちが突破していくようになり、「必然的に卓越した成果」を出すようになるのかもしれない。

 

さらに驚くことは、「強運」になってくるらしい。

 

やっぱり、「突きぬける結果」を出すには方法論ではなく、「意識改革」が必要なのかもしれない。

 

合理性も大切だけど、ガチガチの合理性から、「人間性」を大事にすることで、質が上がり、進化することもあるようだ。

 

 

欅坂46は「性格」を大事にしているらしいし、けやき坂46は「個性」を大事にしているようだ。

 

ソニーのコンセプトは、最先端の「アート(芸術)」と「ヒューマン・サイエンス(人間科学)」の融合らしい。

 

「人間科学」は、「人間とは何か」を科学的に研究する。

 

教育、心理学、心身健康科学、哲学などが大事かも。

 

 

元ソニー上席役員の「天外伺朗」氏によると、ソニーの創業者である井深大氏は、「フロー経営」をしていたらしいので、創業期のソニーは「燃える集団」だったらしい。

 

その結果として、数々の「ソニー神話」を打ち立てることができたらしい。

 

これは、最先端の「革命」だったと思う。

 

ソニーの創業者の井深大氏は、「2400人の幹部に発した『パラダイムシフト』という遺言」を残している。

 

 

秋元グループは、「神」という言葉を企画でよく使う。「神グルメ」とか「神缶」とか「神曲」とかその他いろいろ。

 

 

まさに「運」。「運命の法則」かも。

 

 

46Gの運営は「革命は宿命」とか言っているし、「欅」の字がすべてに「最強の運」を持っているところが、決め手になったとも言っているようだ。

 

 

greennoaoffice.hatenablog.com

 

 

やっぱり、2017年の高本さんは「不活性(不遇)」になっているかも。

 

 

個人的には、高本さんは元ソニー上席役員の「天外伺朗」氏の「フロー経営」で考えると、高本さんが不活性(不遇)になればなるほど、けやき坂46や坂道46Gは活性化(幸運)するような気もするので良いかも。

 

 

秋元氏は「AKB48は、適当にダラダラやるのが、面白い」と言っていたと思う。

 

 

そういう意味では、AKB48G好きの普通の素人風キャラの高本彩花さんは、坂道46Gの「好運の女神」なのかもしれない。

 

 

けやき坂46(ひらがなけやき)の高本彩花さんの「革命」。

 

 

「私たちには、超えなければならない目標がある!」

 

 

個人的には、高本さんは構造的には坂道46Gの最下層集団のアンダーグループのけやき坂46の最後の最後の「6番」だと思っている。

 

 

だから、高本さんは「謎の縁の下の力持ち的存在」として、死ぬ気で努力して、坂道46Gの異次元の発展と、世界のソニーグループのキラキラとした輝ける未来のために少しでも貢献してほしいなあと思っている。

 

 

坂道46Gは、メンバーもスタッフも生き生きと活動して、ファンもニコニコと満足してくれるようなグループになってほしいなあと思うこともある。

 

 

 

www.keyakizaka46.com